Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

INTO THE WILD  イントゥ・ザ・ワイルド ’07 アメリカ

e0079992_22204665.jpg

荒野へ・・・というタイトルのこの映画

大学を卒業し 家族にも行き先を告げず
アラスカの荒野へ旅立った青年クリス
彼を旅へとかき立てるものは何だったのか?
そして彼の目的は何だったのか? 
そして彼が旅で出会った人、物、風景は何だったのか?

アラスカの荒野のマイクロバスで発見された彼の遺体
そんな実話に基づく ショーン・ペン渾身の監督作
詳しく:cinema.cafe.net

まず全体的に印象に残るのは・・・

アメリカのとてつもない大自然 大きな国土を舞台にした
スケールの大きなロードムーヴィーであり
その大自然の中に存在する ちっぽけな人間の存在

この場合 ちっぽけなのは 人間は非力という意味で
彼の器が小さいわけではない・・・

そして 結果的には 若気の至りではなかったのかな~?・・・ということ

彼をアラスカへと誘ったのは 繊細な彼が感じすぎた 
両親との違和感だけでなく まだ人生経験も少なく 
新しい世界を見て経験する事が素晴らしい!と過信していたこと
もちろん それも正しいと思うけれど・・・
 
そんな彼から見ると 文明社会に生きる人間たちは
大変つまらなく思えて 野宿を選んだ自分はなんて自由なんだと
自分にいくらか酔ってる部分もあるのが否めない
そんなこと自体がまだ青いな~と思わせてしまう

人間年数を重ねていくと 段々とどうにもならないことも
あるもんだ・・・と悟っていく 悟らざるを得ない部分がある
そんなことがあるとは思わないのが若さなんだろーなぁ

正直 今イチ主人公クリスの心情がつかめず 
何故アラスカなのか?ということも 両親との関係も
そこまで傷つく?!という感じだったので 
(多かれ少なかれ 問題のない家族なんていないんでは)
始まって中頃までは 今一つ入り込めない自分がいたのだけど・・・
折り返した辺りから 徐々に引き込まれていった
それは 出会う人たちとのシーンの数々にも・・・

e0079992_22382512.jpg

特にあのおじいちゃんのロン 彼とのシーンはもの凄くよかったなぁ・・・
人生を長く生きた彼と まだまだ青いクリスのその関係
そして ヒッピーの夫婦&若い娘とのシーンも

一種世捨て人の彼に出会う人たちは ちょっと出来過ぎな位
人間って悪くないよな~と思わせる人たちが多くて 
この辺りは この物語 救いはある・・・・

身の回りの人間関係に疲れて旅立ち
人と無縁のアラスカへ とうとう旅立つものの・・・
終の棲家で 初めて人間関係の重要さ 喜びを人と分かち合うことの
大切さがわかった時には 時すでに遅し・・・なのだった

この旅で生きて戻っていたら 彼にはまた違う人生が待っていたと思う
よい人間関係をちゃんと作れる人だったのに とても勿体ない

若くて繊細で傷つきやすく突っ走ったものの
理想と行動力があったばかりに 思わぬ大自然に足をすくわれた彼

こんな名もなき若い子もいたんだな~と 余韻を残す映画だった
主演のエミール・ハーシュも若さがキラキラして堅実な演技だったし
旅先で出会うキャストたちもよかった いい意味でとても真面目な映画 
フォークの香りのする音楽もこの映画にはとても似合っていた
(MCハマーには笑ったけど!)

アメリカの雄大な大自然 まさにロードムーヴィーの似合う国だ
そして そんな広い国を旅する人を フレンドリーに手助けする人もいること
そして こんなサバイバルな旅や生活が自然に出来るなんて
凄いよな~と 島国日本の人間は思ってしまいました

今日の映画:80点
[PR]
Commented by sumi2211 at 2008-09-14 00:45
acineさん、こんばんは。これまた試写で観ました!
ロードムーヴィーって、爽やかで明るいものが多い気がするのですが
この作品は結構ズシっときました。徐々に引き込まれますよね。
主演のエミール・ハーシュ、10代の頃のディカプリオみたいな
雰囲気だと感じました。音楽も合っていて印象的ですよね。
そうそう、日本じゃこうはならないよな〜って私も考えました。
原作はまた視点が違うようなので、ちょっと気になっています。
Commented by acine at 2008-09-15 20:06
◇sumiさん こんばんは! おぉ~sumiさんも見られてましたね!
確かに、爽やかなの多い(たまーにやさぐれたのもあるけれど・笑)けれど、
これは一風変わってましたね。私はなかなか入り込めなかったんだけど、
後半3分の1あたりから、グッと見入ってしまいました。
繊細すぎたんだろうけど、出会った人たちとの関係を見てると、よい人間関係が
作れるタイプの人だったし、若さでつっ走って世捨て人になってしまった
ような気がしました。だけど、彼は早死にしたものの、一生掛けても
普通の人が見れないような風景を見て、旅をすることが出来たのは
本望ではなかったのかな?という気もしました。
日本では絶対無理な旅だけど、あぁいう旅って憧れるなぁ・・・と
心の片隅でいつも思ってるもと遊牧民のB型(笑)。きっとsumiさんも
そうじゃないかしら~?!
そしてデカプー・・・言われてみると確かに・・・!しかし彼はハタチ過ぎたら
凡人となってしまいましたねぇ。

Commented by Gun0826 at 2008-09-16 17:44
acineさんと俺が観たい(観る)映画は微妙にかぶるとこがあって、
面白いなと思うんですが(そりゃ偶然ですけど)、俺もこの映画
観たかったんですよね。
ショーン・ペンは「インディアン・ランナー」と「クロッシング・ガード」しか
観てなくて、でも毎回気になることを撮る、演る人なので。
ロードムービーというと彼の映画にも出てるサム・シェパードの
「パリ、テキサス」とか、そういう味わいを感じられるのかな?と・・・

どうにもならないこと、どうしようもなさ、みたいなものを感じさせる映画
は好きです。あぁちゃんと上映期間中に行けるといいなぁ・・・
Commented by acine at 2008-09-17 13:51
◇Gunさん 確かに時々カブってますね~(笑)。嬉しいです。
でも、やっぱりお付き合いのあるブロガーさんって、どこかで皆さんカブる
とこあって、リアルでは、私のような好みしてると、なかなかかすることさえ
ないんですが、この辺りは面白いですよね~。

Gunさんの言われるその2作未見でして、考えてみたら、ショーン・ペン監督作、
今回が初めてでした。俳優としても、”デッドマン・ウォーキング”以来かな?
何故か縁がなかったんですよね~。今回の映画見て、マジメな人なんだろうなぁ
と思いました。そしてオーソドックス。
残念ながら”パリ、テキサス”も私見たことないんですよね~。
この映画、若いから無鉄砲で行動できる部分と、若いから人生とはが
わかってない部分があって、その彼の心のアンバランスさと共に、
観客も旅をする・・・という感じでした。上映中に行けますように・・・!
これは映画館でその大自然&彼の足取りを見た方が絶対よいと思います~。
Commented by sabunori at 2008-11-19 22:35
acineさん、こんばんは!
この作品・・・観るか観ないか相当悩みました。
観る前からなんとなく彼の行動全てに批判的になりそうな気がして。
で、実際観てみるとそこまで否定的ではない自分がいたのですが。(笑)
ただね、私も感じたことは「あまりにも世の中や自然を甘く見てしまったのね」
でした。
それが若さだし、彼の行動には一応筋が通っているので彼の気持ちは
わかる気がしなくもないのですが、もう少しだけ視野を広げて欲しかったかな。
>文明社会に生きる人間たちは
大変つまらなく思えて 野宿を選んだ自分はなんて自由なんだと
同感です。
そのあたりが私にはこの作品に乗れなかった理由の1つかな。
そして彼の両親の抜け殻感のひどさにはちょっとビックリしてしまいました。
Commented by acine at 2008-11-20 22:59
◇sabunoriさん こんばんは! TBも多謝です♪
見るか、見まいか、なーんとなくその気持ちわかるなぁ・・・。
私はほとんど白紙で見たけれど、どーも折り返しくらいまで、この世界に
はなかなか入り込めず・・・でしたもん。 sabunoriさんの世の中&自然・・・
同感ですね。この映画、きっと自分が劇中のクリスと同年代だったら、
共感できたかも・・・だけど、哀しいかな(笑)、世の中や人生は理想どおり
にはならない、どうにもならないこともある・・・ということを知った年代だと、
どうもこのクリスの行動は甘くて、勿体ないものに思えてしまうんだろうなぁ・・・って。
確かにあの両親・・・かなりキョーレツでしたよね。クリスが家を出る原因
は彼らにもあったはずなのに、自業自得・・・と納得できなかったんでしょうねぇ。
Commented by takas1961 at 2008-11-30 12:20
ようやく観てこれました。しかも日曜日の朝8時20分からという悪条件!
ちょいと寝坊してしまい、スキーいけなかったのが幸いしましたが。
他の観客が誰もいない全くの貸し切り状態だったせいもあり、リアルな幸福を感じられるのは共有できる人がいてこそ、をリアルタイムで体験できました。誰でもいいから一緒に観る人欲しかったです。
なんだか中盤~後半にかけて、無性に泣けて仕方ありませんでした。
別に彼の人生とかぶる部分はないのですけど、妙に共感する部分があったのでしょうか。
Commented by acine at 2008-11-30 22:04
◇takasさん おぉ~お休みの日のその時間は確かに厳しいですね~。
スキー・・・そういえば、すっかりシーズンですね!
確かに、ゆったり見れるのは嬉しい反面、その共有する幸福感・・・
映画によっては、凄く感じますよね。逆に、これは一人で見たかった・・・って時も。
そうなんですよ。私もこの映画中盤過ぎまでは、なかなか入り込めなかったんだけど、
あのロンおじいちゃん~アラスカのシーンは見入ってしまいました。
そうそう、彼と人生経験がカブる人なんて、なかなかいないと思うんだけど、
彼の思い切りのよさ、だけどもその若さ余ってぶりにいろいろ考えさされる
もんがあるんですよねぇ。
by acine | 2008-09-13 22:49 | Estados Unidos 米映画 | Comments(8)