Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

盛夏光年  花蓮の夏  ’06 台湾 (DVD)

e0079992_17414680.jpg

いやー いかにも台湾らしい いい映画でした

この美しさ 穏やかさに潜んだ熱気 品の良さ
ゆったりとした台湾時間の流れるこの映画 

映画館で見たかったなぁ・・・という感じ

台湾映画・・・裏切りません
ここのところ見てる映画 どれもハズレはない・・・
とてもクオリティの高い映画を作る国だと思う

香港映画、中国映画とは また違うテイストで
サウダージ・・・ 私たちが忘れ去った心や原風景
なぜか 古きよき日本がそこにあるというか・・・ 

カラっとした中華系のくったくのなさに
台湾独特の 穏やかで素朴で奥ゆかしいところ
そして 亜熱帯の国ならではの 秘めた熱さも加わって
なんとも日本人好みの映画を作る国なんだよなぁ・・・と思う
単に私好み・・・というだけなのかもだけど(笑)

詳しく:花蓮の夏 公式HP

冒頭の海のシーンから これはいい映画のはず! という空気が漂いまくる

爽やかな色合いの田んぼや海のシーン 
何か各人の心の奥底や気持ちを映し出すような夜のシーン
亜熱帯台湾の独特の空気感と時間の流れ
熱気を密かに心の奥に熱く持つ登場人物たち

その映像 登場人物たち ピアノ中心の曲たち
全てがノスタルジックで瑞々しくて あまりにも美しすぎる・・・!
そして穏やかながらも 若さというヴィヴィッドさと狂おしさが眩しい
出来るなら こんな場所で こんな10代を過ごしたかったなぁ・・・ 
という世界だったりして すごく素朴で懐かしい感じ

e0079992_184499.jpg


キャストのコンビネーションも凄くよかった

優等生のジェンシン ちょっとジェイ・チョウテイストに 若い頃のレスリーや
ジェリー・イェン風味をかけたような 思いを心の奥底に秘めたブライアン・チャンの演技

子供時代の苦い思いを抱えつつ 誰からも好かれる青年に成長したジョウヘン
男っぽい魅力(そのまんま香港ノワールへ堂々出れそう)のジョセフ・チャンの演技

二人の男の間で揺れ動く少女 ホイジャ役のケイト・ヤンも
移ろいやすいその年頃の少女役がとても魅力的だった

そして こんなヴィヴィッドでかつ完成度の高い映画を作った
レスト・チェンは何と’81年生まれ! いやー素晴らしいことよね

台湾らしい品の良さ 一見穏やかながら
けだるい亜熱帯の風景の中に潜めた熱い思い・・・
そして台湾独特の時間感覚が心地よく流れる・・・という
瑞々しくて 地に足のついた 見事な台湾映画の王道だった

いやー ホントによい映画でした

今日の映画:84点

以前は 刺激的な香港の街が凄く楽しかったけど
今はあの台湾のノンビリした時間の流れに凄く惹かれる 
こんな映画見てると 台湾へ行きたくなるなぁ・・・




ホントに心洗われました・・・

というのが・・・

この映画見る前に 録ってた 
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 を見てたんですが・・・

いやー ホントに酷い映画でした
○カ○カしいを通り越して 笑うに笑えない 余りの酷さに呆れ 怒りさえ
20分ほど見ましたがもう充分! これ以上見れるか~っ!で辞めました
この酷い内容 カザフスタン政府から クレームがつきそうですよね

こんな映画を メジャーレベルで作ってしまうなんて
ホントにお金の無駄遣い(怒) お金はもっと有効に使わないと!

なのにアメリカで大ヒット・・・訳わかりません・・・
[PR]
Commented at 2008-10-01 23:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acine at 2008-10-02 08:55
◇鍵コメさん 鍵コメさんきっと来てくださるだろう・・・と思ってました(笑)。
おぉ~鍵コメさんも先月見られたんですね~。私も2,3ヶ月前にも
一度借りてたんだけど、見れないまま返していて、やっと今回見れました。
台湾映画・・・よいですよね~!地に足がついてて、ヴィヴィッドで、
あのゆったり流れる独特の時間感覚が私は大好き。
確かにゲイ系多いですね~(笑)何でだろう?
鍵コメさん、お仕事されてるんですよね~。普段の二人は逆のイメージ
なんだ・・・。意外だなぁ。うんうんよい演技でした。

”藍色”は私は見てないんだけど、Jもうすぐです。若さがちょっとなんだ(笑)。
こっ恥かしいのに、引かないように致します。Jの新MVも懐かしい~
なんだか日本を感じるような風景が広がってましたよね。
アルバムも今度は充実してますように・・・!

鍵コメさん、台湾行かれるの秋でしたっけ?! 私も近場だったら、
台湾いつでも、行きたいです~。美味しい物食べて、美味しいお茶
やコーヒー飲んで、のんびりする・・・いいなぁ。
Commented by sabunori at 2008-10-02 23:26
acineさん、こんばんは。
台湾映画・・・私にとっても好みですよー。
図書館の机の上の本のページが風でめくれるシーン1つでズキュ〜ン。(笑)
監督の若さにもビックリしましたが若さならではの感性で作ることができた
作品なのかもしれませんね。
私ももう1度観たくなりました。
Commented by acine at 2008-10-02 23:44
◇sabunoriさん こんばんは! TBもありがとうございました~。
台湾映画・・・凄くいいですよねぇ。あの何とも言えない時間の流れ方が
本当に心地いいです。静かだけど、五感に響く映画を作る国ですね。
これもsabunoriさん、ズキューン系でしたか(笑)。ほんと甘くて、
哀しい、若さゆえの姿がなんともサウダージ・・・でした。
監督がそんなに若いなんて、あとで知りましたが、瑞々しくて、
かつ達者な表現が出来る人でしたね。
映像の光や色彩がちょっとホウ・シャオシェンっぽいとも思いました。
美しい映画でしたね。ホント。私も借りてる間にもう1回見れたらなぁ・・・
と思ってます。
Commented by RIN at 2008-12-28 11:05 x
こんにちは。
昨日、K20行ってきましたよ。
感想またアップすると思いますが、たぶんネガティブ感想です(苦笑)
コスプレ多いところとか死神と同じテイストで、今年金城くん3作公開
されたわりに1本半くらいの感覚です(笑)

このDVD私も前に見たんですけどね、優等生の子が
「新庄に似てるよなー」とそればっかり気になってしまって!
髪の毛切ってあげるとことか良かったんだけど、「新庄が・・・」
が脳裏から離れず・・・(涙)
私だけだったんだろうか・・・
Commented by acine at 2008-12-28 16:31
◇RINさん こんにちは! おぉ~行かれましたか!
ネガティブってわかりますよ(笑) 私も武@日本ものは疑ってかかって
見る方だし、今回はタダだったから、まーこんなもんか・・・で。
死神・・・私見てないんですよね。あぁいう役柄はよくあるパターンなので、
もう少しいつもの持ち味を破る役とかが回ってくるとよいけど、そこまで
武くんが器用かどうか?またUPされたらお邪魔しますね~!
どうぞバッサリと斬ってやってください(笑)。

優等生の子・・・そーでした?!今はあんまり覚えてなかったりして(笑)。
新庄・・・苦手な顔だな~。でもこの映画自体はすごく心地よかったです。
独特のあの台湾時間が流れていて・・・。
by acine | 2008-10-01 18:02 | Taiwan 台湾映画 | Comments(6)