Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

QUANTUM OF SOLACE  007 慰めの報酬 ’08 イギリス・アメリカ

e0079992_2325650.jpg

待ちきれずに見てきました!

以下 ネタバレもあり これからの方はご注意を!


正直言いまして  不完全燃焼でした

お腹一杯 何度見ても ストーリーがわかっていても
スリリングで 面白くってたまらなかった前作と比べると

ダニエル演じるボンドがクールだから そして復讐劇だからか

妙にクールで スピードが速くて かといって 
テンポもいいわけでなく 妙に淡白であっさり
これは 映画全体の感想です

ものすごいスピードのアクションシーンがあちこちにあり

冒頭のカーチェイス シエナでの追いかけっこ
ハイチでのボートでのカーチェイス 
そしてボリビアでの空中戦 ホテルでの攻防

とにかく演じるほうも追いかけるカメラも凄いスピードなんですが
そのせいなのか 単に私が追いつけないだけなのか
敵とボンドの位置関係がものすごくわかりにくい!!!

私はアクション映画に詳しくないし 
アクションについて語るには 大変中途半端な人間ですが 

とにかく 今回のアクションシーン
対決する人間や船や車の位置関係がよくわからず困惑しました

逃げ道の雰囲気 建物の構造はどうなってるのか?
ホテルの中のどこに誰がいるのか?大自然の中も
普通はなんとなくはその全体像がわかるもんですが 
それが今回のは大変わかりにくい 

そんな中で 肝心の対決する人たちの
位置関係が とにかくわかりにくい・・・!!!
それってこういう映画では 致命傷じゃないんでしょうか?

今 何が起こってるのかよくわからない 
しかも ものすごくスピーディに演じられてて (これは凄いと思う)
それに勝る凄いスピードでカメラが追いかけられると
もう訳わからん・・・!という感じ

なので せっかくのスピード感が生きるどころか 
何が起こってるのかよくわからん・・・という結果になり
どのアクションシーンも どうも印象に残らなかったんです 
なんか凄いことやってたな~位しか

そして あまりにも激しすぎるシーンが多くて
普通だったら いくらボンドやボンドガールとはいえ
生身の人間だったら何回も死ぬよ・・・と
思うシーンが何箇所もありました

e0079992_23232698.jpg


せっかく あれだけダニエルを始め 
役者やスタントが体を張って 死人が出てもおかしくなさそうな
ハードなシーンをせっかく演じてるのに 勿体ないことだなと思いました 

今回の映画の印象は クールなアクション映画という感じなんだけど
そういう凄いスピーディなアクションシーンが一杯の割には
シーンごとにブツ切り状態で どうも淡白でメリハリが
あんまり効いてなかったと思います

前作の方が アクションシーンは限られていたけど
各々のシーンにもっと爆発力や重量感があり
もっともっとスリリングだったような気がするなぁ

これはドラマ全体にも言える事で

淡白 あっさり 情緒や人間性に欠ける・・・という感じ

復讐に燃える クールにガツガツ行くというのもいいけど
もう少し 前作みたいに 人間対人間なんだから 
多少のユーモアやボンドの心が滲み出るような
シーンもあればなぁという感じでした 
すーっと流れて タメがない映画なんだよな~ 今回は

e0079992_23235238.jpg


と いう感じで 監督の演出のせいで
人間ボンド ダニエル・ボンドをじっくり味わうヒマもない
テンポ&演出だったので ちょっと物足りなさも感じましたが

ダニエルは前作にも増して 体を張った演技
徹底的なクールさを押し出す演技 
大変カッコよかったのは間違いないです

前作より 体型もスッキリして 体も軽そう
スーツを着ようが ラフなカッコしようが 顔が傷だらけになってようが 
血を流してようが ほこりだらけであろうが もうどんな格好してても
恐ろしくスタイリッシュでダンディで まるでメンズ雑誌から抜け出たようでした
今回 ラフ系も多いのがよかった(笑)! 
こんなパリっとしたメンズと連れ立って歩けたら最高よね!
ラフな格好がキマってこそ 本当の洒落もんだと個人的に思うから!

そして あの宝石のような瞳は語らなくても雄弁
そしてあの声もやはり最高でした 渋いよ!
だけど もう少し 俳優ダニエルを味わえる演出だったらなぁ・・・
演技できる人なんだから アクションばっかりじゃなくて
演技ももっとさせてくれればよかったのに~と思いました

ボンド自体も冷酷にいくのはいいけど
肝心のホワイトほっといて 雑魚かもしれない男を
あそこまで執拗に追っかけるのも???だし
殺してもない人間の罪を被らされても弁明さえしないし
マティスにもあぁだし なんだか説明不足 
はしょり過ぎのような気がしました これも演出に問題あり

カミーユ役のオルガ・キュリレンコ
コケティッシュな魅力で スタイルよくて 存在感ありましたが
役柄がちょっと中途半端だったかな? ボンドとは同士的関係だけど
どうもそれも浅かったし アクションももっとするのかと思ったら
意外とあっさりしてたし・・・ あと演技者というよりまだモデル系だなと

あと敵役のマチュー・アマルリックも妙にこじんまりとしてました
もっと嫌らしくやってくるのかと思いきや その体格同様 小物っぽく
斧を持ってても 絶対 素手のボンドには勝てないだろう・・・!
という感じがアリアリだったし・・・  
かと言って さほど頭脳派でもなさそうで どうも小粒
※マチュー・アマルリック出演作 潜水服は蝶の夢を見る

Mも困った息子と母ちゃん的なユーモアも少しはあった前作と
比べると ちょっとヒステリックな感じで これまたタメがない
J・デンチのネックレスだけは印象に残ってますが・・・

敵をはじめ周りのキャラがぐっと立ってた前作と比べると
妙にすーっと何もかもが流れていって え?これでおしまい?と
思ったら ホントにおしまいでして ちょっと残念な出来でした
ついでに言うと 前作はホテルのフロント嬢まで
すごい別嬪さんだったけど 今回の女性陣は地味目でした

もう1回くらい ダニエル鑑賞には行ってもいいけど
映画としての魅力は あんまり感じない今作でした

何本か見てる 監督マーク・フォースターの作風があんまり
好きではなかったので どうかな~?と思ってたのが
そのまんま当たってしまった・・・という感じですね

※マーク・フォースター監督作 
ネバーランド普通 ステイ訳わからず
 チョコレート/amazonの演出はもう全く好みではありませんでした

冷酷にクールに・・・の今作 
ニヤけたおっさんボンドが出てくるより 
クールなダニエルボンドが絶対よいに決まってますが
次作は もっとメリハリつけて ゴージャスに 
そして スリリングに作ってもらいたいです 

せっかくダニエル・クレイグのような凄い役者を主役に据えているのに
今回のようにただすーっと流れる映画ではもったいないから!

今日の映画:72点
[PR]
Commented by kiki at 2009-01-18 10:23 x
そうそう、淡白でぶつぶつと切れていて、ダーダーと流れさっておしまい、という感じの映画でしたね。やたら乗り物系のアクションが多くてね。ロマンティックさやゴージャスさをもうちょっと映画の中に活かしていかないと、やたらあっちこっちにロケにいっただけじゃダメなのよねぇと思ったり。クールだけど、センチメンタルな部分を持っているのがダニエルボンドのいいところなので、おセンチな部分をもっと出しても良かったのね。前の監督がそのまま続投すれば良かったんじゃないかなぁ。あのカット割りのめまぐるしいアクションはあまりにボーンを意識しすぎて、却って失敗してるような気もしますね。ボーンはいいのよ、置いといて。ボンドは独自のラインを行けばいいのに、なんであんなに意識するのかしらん…。とにかくめまぐるしくて動きが見えないところもあったので、次回はそういう点を抑えつつ、少しよいところを探してみようかと思ってます。(笑)
Commented by acine at 2009-01-18 22:00
◇kikiさん そーなのよ。すーっと流れていってしまいました。楽しみにしてたのに
残念だったわ~。確かに乗り物系多かったよね。前のように肉弾戦の方が
私はよかったです。しかも○○機まで運転できるんだ~!とはビックリ(笑)。
本当にkikiさんの言うとおり、お金かけてあちこちでロケすりゃいいってもんじゃ
ないよね。全体的にとにかく地味でした。そうそう、おセンチな部分、
情緒的な部分が決定的に不足してたもんね。で、ストーリーとアクションが
なんだか別物で存在してて。前作はストーリーとアクションが絶妙に
絡み合ったり、伏線になってたから。私はマット・デイモンNGなので、
ボーンシリーズは見たことないんだけど、こんなにわかりにくいアクション
シーンって見たことないかも・・・と思ったりして。早けりゃいいってもんじゃ
ないし!
Commented by acine at 2009-01-18 22:01
◇kikiさん 続きです。長すぎて入らなかった(笑)。
kikiさんの言うとおり、カジノ・ロワイヤルは本当に出来のよい作品
だったんだなぁ・・・と今更ながら思います。ホントあれがダニエルの1作目で
本当によかった!監督も変えなくてよかったのにね。
せっかくダニエル使ってるのになんだか生かしきれてない映画でした。残念!
私もいいとこ探しにもう1回見ることにします~(笑)。ダニエルは相変わらず
カッコいいから!

Commented by Gun0826 at 2009-01-19 10:20
おぉ先行行かれたんですね。いいなぁ。
俺はちょっと観に行けるか微妙です。

今回は実際に死人も出てますし(スタント中の車の事故)、ダニエル君も
顔を縫って整形しちゃったりと大変だったようですが、ううむやはり、
監督に難アリでしたか・・・前作は近作007で実績のある
マーチン・キャンベルの職人芸でしたが、今回畑違いの監督さんで
心配してたんですよ。アクション演出ができてないのは致命的なような・・・

とりあえず、見られたらもう一度判断したいと思います。
Commented by acine at 2009-01-19 21:30
◇Gunさん そーなんです。行きましたよ~!
週末はいつも仕事がギューギューで余裕がないんですが、
この週末は珍しく時間が取れそうだったので、さっさと見よう!で。

まだ見られる前からご配かけてスミマセン状態ですが、あくまでも
個人的感想なので、そんなに参考にはならないかも・・・ですよ♪
そうだそうだ、確かに事故ってましたよね。いやーあれは死人も出るわな
激しさでした。今回のアクションシーン、どこで死人が出てもおかしくない位
凄いテンションですよ。確かに畑違いですよね~。そのまんまM・キャンベルが
撮ってたら、また違う印象だったかもしれません。
でもダニエル君は前作同様、大変カッコいいし、彼は十二分に自分の
持ち場は演じきってるので、ぜひGunさんにも見て頂きたいな~!!!

Commented by lafra at 2009-01-21 22:34
お久しぶりです!
私も、待ち切れず土曜日に見に行ってきました^^

分かります~。なんだか不完全燃焼…。
ストーリーが乏しいのか、敵がしょぼいのか、なんだか吹っ切れない映画に仕上がっていて残念でした。
ダニエルはとってもかっこいいのですが冷酷さ(復讐心)が淡々とした感じに見えてとってももったいない><
もっと感情を出す演技を入れてもいいのでは?って思っちゃいます。
私が日本人だからなのかな?

アクションを少し減らしてでも、内容を重視すればもっといい映画になりそうなのにーー!!
目玉のアクションも、スクリーンから近かったせいか分かりづらくて、もう一回遠目からしっかり見たい気分です^^;
でも本当にもったいない気がします。
Commented by acine at 2009-01-22 21:39
◇lafraさん こちらこそ! ご無沙汰しておりました~。
おぉ!lafraさんも先行行かれてましたか~!

よかった!わかってもらえて。ほんとね、なんだか不完全燃焼で淡白で
手に汗握る2時間弱だったけど、余韻が残らないんですよね~。今回のは。
ストーリーも敵もlafraさんのおっしゃる通りだと思いますよ~!
ダニエルは何も悪くない。彼の良さ、演技力を最大限に生かせない
演出に問題ありと見ました。

アクションも血管ブチ切れそうな割には、本当に見難くて困りました。
どなたかが今回のは動体視力が必要だって書かれてたなぁ・・・(笑)。
私は好ポジションから見たにも関わらず、アクションシーン、凄く見にく
かったので、スクリーンに近いとそれは余計キツいですよねぇ。

本当に質の高い役者のダニエルを起用しながら、あれでは本当に勿体ないですよね!
Commented by rabiovsky at 2009-02-18 00:15 x
こんばんわ!
ご存知のとおり3回見に行ったのですが(笑)
アクションがまったく面白くなかったです。
それは冒頭のシエナでのカーチェイスからして 何がなんだか
わからないんですよね~ 他のシーンでもスゴイことしている
とは思うものの どうも乗り切れない感じがしました。
仰るとおり敵とボンドの位置関係がよくわからないんですよね。
だからアクションにテンポも深みもないんですよね。
余裕のあった前作の方が断然面白い!
この映画の監督はアクションが撮れない人なんだと思います。
ラストなんか取ってつけたようで・・・。
オルガ・キュリレンコは意外と好きなんですが(笑)
ちょっとイマイチな役柄でしたね。
復讐がこの映画のテーマだとは思うのですが深みが無いために
それほどスゴイことをしていると思えないですし・・・。
なんか勿体無い映画って感じがしております。
Commented by acine at 2009-02-18 10:36
◇rabioさん おはようございます!
そーなんですよね。アクションに力入れてるのはわかるんだけど、
基本がなっちゃいないので、もう訳わかりませんでした。
そーなんですよ。スゴいことをやってるのは事実なんだけど、そのスゴさ
をあの訳わからん見せ方されると、見てる方は???となるだけなんですよね~。
体張ってるダニエルや他のキャスト、スタッフの努力が水の泡みたいな
演出は余りにも勿体なかったですね~。rabioさんのおっしゃる通り、
アクションが撮れない監督というのは図星だと思います。
ホント、前回のアクションシーンやシーン一つ一つはとっても見がいが
ありましたもんね。ドラマ自体もどうも淡白で、余韻が全然残らない・・・
監督選び・・・失敗してますね。ホント勿体ない映画と化してしまってましたもん。
次はダニエルの存在感、努力がしっかり写しきれる監督を選んでもたいたいですよね~!私もオルガ・・・エバとまた違うタイプで、コケティッシュでよいと思うんだけど、
どうも余りにも色気がない役柄で可愛そうでした。
そうそう、これとチェ、rabioさんちにTBしたのですが、何故かダメでした。残念!

by acine | 2009-01-17 23:35 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(9)