Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

SHINE A LIGHT ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト '08 アメリカ

e0079992_9532913.jpg

一言  楽しかった!

NYでの彼らのライヴを 
マーティン・スコセッシが撮ったこの映画
詳しく:goo映画

何せビックリしたのは ミック・ジャガーを始め
10、20代の頃と全然体型変わってないんじゃないか?!
と思わせるその体型と そのアクティブなステージング!

確かに 顔には深く皺が刻まれてるけれど
その皺さえ 勲章のように思えるし 
皺? それがどうした?! と思わせるような 
ステージから繰り出される カッコよすぎる音の数々!

私は 曲も有名どころしか知らないけど
彼らのバンドとしての魅力は若い頃より
今の彼らの方が上なんではないだろうか?

人間 歳は関係ない やるべきことさえあれば
60過ぎたって こんな風にバリバリの現役でいられるんだな~

こんな60代半ばは世界中探しても絶対いない!

ミック・ジャガーのアクティブなステージング
細くてしなやかな体 華がある彼の一挙手一動に目が釘付け 
そして なんとも張りのある声で歌えること!

キース・リチャーズの永遠不良少年的キャラクターと味のあるギター
ロン・ウッドのこれまた少年っぽさを残した永遠のギター少年っぷり
ギター二人のミュージシャンっぽさもとてもカッコよく!

チャーリー・ワッツの渋い佇まいと力強いドラム
個人的には一番好みのタイプ なんと渋くてカッコいいことよ!

なんてカッコいい カッコよすぎる 60代なんだ!

ビーコンシアターという 小ぶりな会場で
臨場感たっぷりで 自分もその場にいるかのように
ライヴを堪能しました 酔わせてもらいました

生ストーンズは見たことないけど これは見て絶対損はないなぁ
こんなライヴ見れたら 明日死んでも価値はあるなぁ・・・ と思った
もと大のロック好き 大の洋楽好きだった私でありました 

間に挟まれる 昔の若い若い彼ら
確かに若くて 無鉄砲だけど 今の彼らの方が
人間&ミュージシャンとして 絶対的に魅力があると思う

e0079992_10224410.jpg


ホント 人間歳じゃない
生き方 生き様が そのまんま 姿・形・やることに現れるな~
そして そのプロフェッショナルぶり!
あの歳で若い頃とまったく同じことをやるのは
目に見えない努力も一杯ありそうだし・・・
でも あの自然体と あのプロ根性!

タルんだ生活してたら このライヴ思い出して
自分も体も絞らねば・・・!と きっと思うことでしょう 

ついでに言うと 彼らよりまだ年上のバディ・ガイ
これまたスゴいミュージシャンで あのギター!あの声!
ストーンズ負けてました(笑)

淀川長治似のマーティン・スコセッシも
冒頭の騒ぎには 一抹の心配を覚えたけど
ライヴシーンはさすが! 安心して見れました
しかし ストーンズのメンバーとスコセッシが
同年代とは これまた驚き!

うーん スゴいもの見せてもらいました 
そして聞かせてもらいました カッコよかった!

個人的には ”シャタード” ”ブラウン・シュガー”がよかったです

今日の映画:80点
[PR]
Commented by sumi2211 at 2009-01-31 00:12
満足!おなかいっぱい!な作品ですよね〜^^
うちの家族は、DVD出たら買うと言っています。
最近、レンタルですでにリリースされているストーンズの
20代のライブや50代のライブも観ましたが、スコセッシの
撮り方やシアターの規模もとても良かったのだなぁと改めて感心。
特別なファンではない人も引き込まれるストーンズは、さすがですよね。

チェ28歳の革命も、見応えありました。スペイン語がお分かりに
なるのは羨ましいです。英語と違ってなかなか耳慣れないので。
おまけにモーターサイクル・・をまた観てしまいました。


Commented by 紅粉 at 2009-01-31 23:56 x
私も観にいきました!
ブログで記事アップしようと思い乍らやってませんが。。。
観に行く前に少し落ち込む事があったのですが、
観た後、一気に吹っ切れました!
ジュリーと云いストーンズと云い、
60代にパワーもらってばっかりです。

Commented by acine at 2009-02-01 22:10
◇sumiさん やーっと見れましたよ~!
ほんと、満足!お腹一杯、目も耳も満足!でした。
私は特にストーンズファンというわけでもないんだけど、音楽好きなら
見ておくべきですね。これは。 ほんと引き込まれました。
そうなんだ。スコセッシの撮り方はよかったんですねぇ。スコセッシは
某映画で、凄く嫌な思いをしたので(笑)、スコセッシか~と思いながら
見始めたものの、冒頭は除いて、その後はとっても見やすかったし、
入り込みやすかったですもんね。しかし、かぶりつきの席辺りの観客は
ちょっとやらせっぽかったですよね(笑)。綺麗なおねーさんばかりで(笑)。

チェも良かったですよね~!今年になって見た中ではチェが一番良かったです。
革命家チェというより、人間チェが滲み出ていて、誠実なよい映画でした。
今、戸井十月さんのゲバラ本を読んでいるところです。
いえいえ!スペイン語、長年ほったらかしで、元々貧しいのがますます
貧しく・・・という状況です(恥)。いつもスペイン語映画を見たら、やっぱり
またやろう!と思うんですが、なかなか実行が伴わなくて・・・!
Commented by acine at 2009-02-01 22:16
◇紅粉さん 紅粉さんも見られてましたか~! またチャンスがあれば、
ぜひざひUPしてください♪ ほんと、ほんと!このグレイトすぎる60代を
目の前にしたら、嫌なことや普段ウジウジ悩んでることなんか、
どうでも良くなるくらい、この人たち凄いわ~!と感心するばかりですよね。
そうそう!紅粉さんが書かれてたジュリー記事、ひっそりと読ませて
もらってました♪ 人間、歳ではなく、どう生きるか?やるべきことは何か?
何かある人間は強いよな~凄い!と思って見てました。
ミック・ジャガーの後姿・・・凄かったです。あとバディ・ガイにも私は驚愕!でした。
Commented by rabiovsky at 2009-04-05 00:55 x
私もストーンズをそんなに知っている方ではないのですが
楽しかったです。やっぱ、体型の変わらないミック・ジャガーを
初めとする4人のアグレッシブさにはやられましたね。
あれで60過ぎっていうのは驚異的です。
顔に皺が刻んであるけれど それまた味になっているし ある意味
絶頂期とさえ思ってしまいましたから!
カッコすぎます。個人的にはロニー・ウッドの永遠のギター少年っぷり
が好きだったな~。ちょっと変わった楽器を奏でる彼は本当に
少年みたいだったし、それにあわせるミック・ジャガー!
サントラが欲しくなりました。買ってないけど(笑)

ビーコンシアターという小さな劇場だったのもこの映画に味方している
ように思いました。
それにしてもマーティン・スコセッシって運の強い男だな~ 香港映画の
リメイクという負け戦なんてせずにこっち方面を頑張って欲しいな~(笑)

ちなみに私は「スタート・ミー・アップ」が知っている曲だけ合って
なんか萌えながらも嬉しかった一曲だったです。
Commented by acine at 2009-04-06 09:43
◇rabioさん TBもありがとーございます♪
そーなんですよ。さほどストーンズに詳しい訳でもファンでも
ないけど、これは楽しかったですね~!
映画館で見てるのを忘れそうになる位の臨場感があって、楽しかった!
60過ぎどころか、60代半ばですもんねぇ。いくらお金を持ってるからと
いって、あそこまで自分というものを維持できてるのはホント凄いよなぁ・・・とほとほと感心しました。本当に皺さえカッコいいと思えるあの年代は
希少価値じゃないでしょうか?ミックよりパワーのない若造は山のようにいそうですよね~。ロニーも可愛かったですね♪ 
ちょっと腹の出たキースもやっぱりカッコ良かったです。

そうそう、あれがスタジアムとかだと拡散しすぎて、単なるライブ映画に
なってしまいそうだけど、あのサイズが効いてましたよね。
でも、あの、長治@セットリスト云々とか、クリントンとか、前の方のおネエちゃんたちは、やらせっぽい感じもしましたね(笑)。
ホント、やればできるじゃないなスコセッシ!とちょっと見なおしました。
ほんと、香港映画の焼き直しなんぞに手はもう金輪際出さなくていいよ・・・と思いますね!

by acine | 2009-01-30 10:20 | Estados Unidos 米映画 | Comments(6)