Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:cosa cinema シネマごと( 49 )

e0079992_1957435.jpg

撮ってみたら あまりにもベタな風景だった!
ブルース・リーに 香港島に 香港国際警察にも出てきた
湾仔のコンベンションセンターに 通ってた中華船に トニーの立て看板まで
e0079992_195917.jpg

行ってみたかった 星光大道 (アベニュー・オブ・スターズ)
実物大?のトニー・レオンが 香港島をバックに あちこちに立ってます
一緒に記念写真を撮る人もチラホラ 
という私も 滞在中唯一自分の写真を withこのトニーで撮りました(笑)
e0079992_2032019.jpg

香港文化中心 
そう トニーは4/4から開催される 香港国際電影節 の大使なのでした

先週 7年ぶりに香港へ行ってました
とあるイベントを見に&久しぶりの香港へむしょうに行きたくなり
年度末の仕事を何とかかんとかやりくりし 強引に行ってきました

久しぶりの香港は ランタオ島へ飛行機が着くようになり
返還直後に行った時より 街中は北京語&大陸人で溢れてました
どうも 香港の街に北京語は似合わないなぁ~と思いつつ
広東語がこれでもかとワンワンこだまする 
ホンコンヤンだらけのローカルな食堂でご飯を食べていると
一瞬香港映画の世界に紛れ込んだようで 思わずほくそ笑む私(笑)
凄いなぁ・濃いよなぁと思いつつ楽しい瞬間
 
残念ながら いろいろと忙しかったのと
洋画がほとんどで 見たい映画がなかったので 今回は映画は見ずじまい
ホテルの部屋のTVでは 瑠璃の城 2046 少年阿虎 野獣之瞳
あとタイトル忘れたけど フェイ・ウォン&レオン・ライの共演映画
昔の若いジャッキー・チュン&エリック・ツァンの映画なども 
チラチラ見ましたよ

香港シネマ絡み その2 へ続く

手形たち
[PR]
by acine | 2006-03-26 20:09 | cosa cinema シネマごと | Comments(4)
e0079992_19591750.jpgスカパーでの放送に先がけ
今日から スカパー!BB
ジェイ・チョウのライブがいよいよ配信開始!

予告だけでも うほー!だったけど
全編となると もうすごいボリューム&充実感!
あのライブ ジェイのほくそ笑み 
おもろい日本語がいたる所で見れて 
うわーたまらん!状態です

まだ 全て見切れてなくて 途中まで見て
気になるシーン 先に飛ばし飛ばし見たり(笑)
うろ覚えだった衣装や スクリーンの絵や(これも見もの!)
じっくり見れるのが 本当にいい
そして・・・壊れてたのは自分だけではない
そんな人は一杯だったということにホッとした(笑)
コンサート感想  余韻

十字架と共に降臨のシーンから どの曲もカットせず(多分)
弾き語り~ストリングス~連弾など 音楽性の高さもこれ見るとバッチリ
幼少時のビデオのシーンなども ちゃんと写ってる!
おばあちゃんも桃太郎も大きな古時計もちゃんとオンエア

皆さん 気になってるはずの
霍元甲のハイなリンチェイのメッセージもそのまま!
これに関するテロップはファン思いかもしれない
どうも腑に落ちない公開ももうすぐの今 ちょっと嬉しいかもしれない
藤原とうふ店のご夫妻のメッセージもそのまま!

ジェイファンのみならず CDよかったかもという方
中華系音楽好き 中華系映画好き イニD好き
イニD見てジェイを知った方 リンチェイファンの方 気になる方
皆さん お得感充分! スカパーが見れない方はぜひこっちで

*有料会員になる必要あり 有料会員は月¥350
有料会員になると このライブは無料で見れるようです
すぐ辞めたとしても お得ではないでしょうか?
TVのスカパー!と契約してる人だと 最初の月は無料らしい
ウチはスカパーに入ってるので その対象になるようです

*詳しくは各自 システムはよーくご確認下さい
私はとにかく見たかったので パパっと入会してしまったけど
今日だけなのか? いつまで配信されるのか?
システム  私も今イチわかってません
有料会員は無料のはずなのに 映像を見る為クリックすると
購入なんて文字が出るし このHP
全体的に説明が簡素すぎてわかりにくいと思う

ともかくこりゃ楽しい! BGMとしても聞けるのは贅沢

クランクインした満城尽帯黄金甲でも 
自然体演技をしてるもよう
崇高な職人肌のチャン・イーモウや辛口そうなコン・リーを
納得させるのは並大抵のことではないはず
ニイさん イニDに続き 素演技また炸裂しているのでしょうか?
アーティスト・ジェイの俳優としての新境地が楽しみ
こんどはユンファと親子共演も ものすごく楽しみ!
期待したい! 記事:中国情報局さん
[PR]
by acine | 2006-03-15 20:12 | cosa cinema シネマごと | Comments(10)

ジェイ余韻

e0079992_19252767.jpg

ジェイLIVEは 本当に幸福な空気が充満していた
才能溢れること以上に 本人の気合 観客の期待が
一緒になって お互い触発されて ますます高まる幸せ
何とも満足感あふれる幸せな空気が そこには一杯流れていた気がする

いいLIVEを見ると思うけど 単純に音楽の力って凄い
そしてそんな風にみんなを満足させるジェイは凄い
天才・才能がある・・・ってわかってはいたけれど
生ジェイはそういうイメージ植えつけパワーに溢れ
何をやっても 魅力一杯なところが凄かった

握手タイムや派手な仕掛けバンバンの香港のコンサートも楽しいけど
アーティスト・ジェイには 日本でやったコンサートのような形がよく似合ってる
あくまでも音楽 あくまでもジェイを聞かせる 見せる
リラックスしたユルめの香港の観客より 日本の観客は集中力がある
求心力もある リズム感もいい(笑) ノリ方もいろいろ知っている   
耳が肥えた日本の観客向けに音楽中心というジェイの戦略はバッチリ当ってたと思う
かつエンターテイメントに徹してる部分もとてもバランスがよかった

ライブ後は 霍元甲エンドレス状態 聞いてなくても空耳が聞こえそうな感じ(笑)
この曲・・・妙にクセになる曲 何でだろう?
このままの状態だと 3月公開される映画を見に行ったら
エンドロールで コンサートのように
霍霍 霍霍霍 霍霍霍!  我我 我我我 我我我!って 叫んでしまいそう(笑)
*まさか某頭文字みたいにすり替えないよな?!

自分でも笑えるんだけど ライブのセットリスト順に
i-tunes で同じプレイリスト作って ipodで聞いている
2日目のを作ったので 1日目も作る予定(笑)

そして 仕事の昼休みに ジェイ本を買う
エッセイD調的華麗:右上は発売時に買ってたけど
ジェイとヴィンセント・ファンの対談も載せた 
歌詞エッセイ半島鉄盒:左は今回買った
エッセイ同様 これもすごく充実の内容
歌の意味がわかると また曲が違って感じられる
この2冊 ものすごくコストパフォーマンス高いと思う
読み応えたっぷり 買って損はない
そして 行く前どうしようか?と思ってた
日本のコンサートに向けたインタが載ったPOP ASIA:右下も買う
うーん 大人買いって素敵ね~(笑)!

頭文字D DVDもどうしようか迷っていたけど これは買ってしまいそう!

2/13追記 香港金像奨の新人賞にノミネートに続き
チャン・イーモウ監督の新作 満城尽帯黄金甲に出演決定らしい!
共演はチョウ・ユンファ&コン・リー ちょっとスゴすぎ!
しかもユンファの息子役だって! アクションシーンも一杯とか

そして・・・
[PR]
by acine | 2006-02-10 19:45 | cosa cinema シネマごと | Comments(24)
e0079992_1463862.jpgいやー ジェイのライブ 最高でした!
映画ブログだろうが 何だろうが 関係なーい!
書かずにはおられません!

生ジェイは やはり才能に満ち溢れていた
才能のある男は美しい!凄い!
そして可愛い!(笑) とにかく最高!
彼独特の世界を繰り広げてくれ
生に勝るもんはないねー!と確信 

Liveでも あの独特の東洋的であり
かつものすごくワールドワイドな音
アジア的な叙情・透明感のある
バラード ノリのいい曲たち
生であのジェイワールドを楽しめるなんて最高!

思ってた以上によく声も出ていたし(特に2日目)
初日のバランスが悪かった音 今イチタイミング合ってなかった
ストリングス モタるドラムなど 問題点も2日目には解消
自分の音楽に対する自信&プロ根性
本人 気合入ってる分 観客の反応にこらえきれない笑み(笑)を
何度も見せたり アヤしい日本語も堪能できたし 大満足な2晩だった

正直・・・セットリスト もう途切れ途切れしか 覚えてません~!
1日目は2~3曲は 本人もちょっと緊張気味 
声も演奏に埋もれ気味だったけど 反応を確信してからは
笑みも漏れはじめ 段々本人も観客も 歓喜&ヒートアップ開始!

中華的な濃さが薄い代わりに 音楽中心で大正解!
ジェイも 歌にピアノにギターに横笛にタイコに楽器いろいろ
ダンスにヌンチャクに刀持って立ち回りに
おカゴに乗ってやってくるわ 何でもありの大車輪状態!

日本向けにいろいろ趣向を凝らしてて 本当に楽しめる内容だった!
アヤシイ日本語 小さい頃の写真・ビデオ 
南拳媽媽の宇豪との凄いピアノ連弾 (ピアノが弾ける男って何て素敵!
しかもクラシック! ピアニストの手って何て綺麗なの~!)
Laraとのデュエット いやーLaraちゃんものすごく可愛いので見とれた!
ハイすぎるリー・リンチェイのメッセージには大爆笑!○カ受け!
世界初お目見えの霍元甲ライブ版! あの衣装にあの扇ー!これでこっちもブチ切れる!
藤原とうふ店のご夫妻のメッセージ イニDの撮影時の写真
映画のシーン写しながらの一路向北なども 映画ファンにもたまらない内容!
おばあちゃんの紹介 日本語の歌 (個人的には深く単純な理由有) 
”日本でコンサートをするのが夢だった”というメッセージ
ものすごく充実の2時間半! うーん満足!

2日目は特に声もよく出てたし もうおっかなびっくりはお互いなくなり
ジェイも観客も よりリラックス よりヒートアップして
すごーく いいLIVEになったと思う
これがスカパで 放送されるなんて最高!
¥800なんぞ払う払う! もっと高くても払う!
2月の極寒をふっとばす ジェイワールド炸裂に酔いしれた夜・・・!!!
いつまでもいつまでも見ていたい気分だった

コンサートのインタビュー・写真・セットリスト:ASIAN CROSSINGさん

そして 2月的魔術 
[PR]
by acine | 2006-02-08 00:31 | cosa cinema シネマごと | Comments(16)

霍元甲とジェイと扇

e0079992_20544184.jpgいよいよあと10日となった ジェイ・チョウのLIVE

段々盛り上がってきてますが
ココでもチラっとお話した霍元甲 この曲も聴けるかな?
きっとやってくれるのではないか?と期待しています

映画の内容に合わせての曲調もMVも とことん中華テイスト!
飄移+藍色風暴+中華÷3という感じのこの曲
パワフルで優雅でインパクト大 女声も初の試みで面白い
mihhoさんちでは 愛情たっぷりでこの曲の詳しい解説されてます

ジェイ&ダンサーズ ちょっと応援団風ではあるけれど(笑) 扇を持って踊る踊る!
リー・リンチェイのアクションはまるで舞のように美しくかつ攻撃的 
この映画のシーンと ジェイの個性が溶け合う なかなかいいMV!
これは映画もちょっと気になってきた これは見ないとね

扇と私
[PR]
by acine | 2006-01-25 21:11 | cosa cinema シネマごと | Comments(26)

台湾は香港映画天国!

e0079992_1040351.jpg

如果・愛バス@台北・新義エリア (ピンボケ失礼)

台湾のTVチャンネルは100くらいあるらしい
ホテル・部屋によって見れるチャンネルは違うのだけど
二つ目の部屋は まさにその100チャンネルくらい見れるTVだった!
 *一つめの部屋は 外部にダクトがあって 朝の6時になると動き出し
  ゴーゴーとうるさくて眠れないので 変えてもらった

これが香港映画好きにはたまらない!
24時間 香港映画(もしかすると台湾映画も混ざってるのかも)
ばかりやってるチャンネルが2,3あるのです!

私が現地で見かけた映画は
新しいところでは インファナル・アフェア インファナル・アンフェア(笑)
少林サッカー 2046 HERO
(は中国映画だけど) PTU など
懐かしいところでは ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌
サモ・ハンやリー・リンチェイが出る昔のカンフー映画とか 覚えきれてません 
新旧とりまぜて ありとあらゆる種類の香港映画をやっておりました

個人的に嬉しかったのは 日本未公開なままの
トニー・レオン スー・チー リッチー・レンの 韓城攻略  
これはちょっとしか見れなくて残念 トニー@林さんまた頑張っておりました
そーいえば このキャストってゴージャスと同じトリオスライドね

これまた見たことなかった 昔のトニーの日本未公開作 
亞飛興亞基~錯在黒社會的日子
これチャウ・シンチー&ジャッキー・チュンのカリー&ペッパー
が好評で企画された映画らしく(笑) かなりのおバカ系!
ものすごく若いトニー&ジャッキーの悪ノリが面白い
アニタ・ユン(デビュー作)やエリック・ツァン(これまた若い!)も
出ていて貴重でした これ製作はピーター・チャンだったのね

e0079992_1123010.jpgとにかくこのチャンネルは 
朝から晩まで香港映画やってるので
部屋に戻ると つい見入ってしまって
気がつくと すぐ夜中の1時や2時に
なってしまう! 
かといって 昼間はウロウロ出歩いてるし
眠くもなってくる 
なかなか見る時間がないのが勿体ない!
残念なのは 台湾なので國語(北京語)
ヴァージョンになってしまってること
でも それを差し引いても
香港映画チャンネルは魅惑的でした
意外にも 台湾は香港映画好きには
天国のようなところでありましたよー!

中正空港にいた学友兄貴も載せました 若い頃より今の方がうんとカッコいい

おしらせ
[PR]
by acine | 2006-01-16 10:57 | cosa cinema シネマごと | Comments(2)
e0079992_22155254.jpg

頭文字D での記憶もまだ新しい 
ジェイ・チョウのニューアルバム出ました!
ワタクシ 今年音楽的に一番ハマったのが このジェイ・チョウ
日々 ジェイの曲を i-tunes & ipod でシャッフルしています

クラシックの素養を持ち ショパンが好きというジェイの 11月のショパン
晩秋にぴったりな しっとりとした 叙情的な東洋テイスト満点な
ジェイの独創的な世界が これでもか~と広がります
この才能 このクオリティの高さ この男只者じゃありません!と断言
このまんまの音で 世界と十二分にガチンコ勝負できます

美しいメロディ 摩訶不思議な世界へと引きずり込む 
お経のような つぶやきのような 言葉遊びのような
ある意味 これはもはや宗教 洗脳力抜群なジェイの十八番のラップ
こんな不思議な音感・リズムの北京語 他では聞いたことない
いや どの言語でも聞いたことのない感覚
今回も 唯一無二なジェイワールド炸裂 聞いてしまうと禁断の世界
ハマると抜け出せない 個性溢れる曲と甘美な声の渦

聞いたことまだない方 頭文字D見てジェイが気になる方
ぜひ聞いてみてくださいな きっと新しい世界が広がるの間違いなし!
全ての音楽好きにおすすめしたい位
曲作って 歌唱って プロデュースして 導演まで マルチな才能凄いです

ここは映画ブログなので 映画好きな方向けにもご紹介
映像部門: ここでMV視聴OK alfa.music 

このアルバムには 3曲のMV(クリップ)のVCDがついてるのだけど
注目は 導演ジェイの曲が入ってること! 髪如雪
しかも遊郭・古装・中華テイスト オリエンタルムード満点
映画HEROの赤のシーンのような甘美で毒がありそうな世界が広がる
しかも 出てくる男性役が金城武似(ちょっとショーン・ユー入ってる)
というなかなかの男前 どうやらジェイの同級生らしい
へ~ぇ ジェイはこういう世界を描きたいんだな・・・というのがわかって面白い
なかなかのロマンチスト いやかなりのロマンチストに違いない

第一弾シングルの夜曲もノスタルジックですごくいい曲
クセになるメロディ トイカメラ風の色合いの映像も綺麗
そして杉浦先輩・ウィール・リュウ 頭文字Dに続き また出ております(笑)
音楽同様ジェイのMVは 東洋的・ノスタルジック・斬新でクォリティ高いと思う
そしてきっとナルシスト アーティストにはナルシストって必要条件ね 

そして頭文字Dの挿入歌一路向北も入ってます
映画のシーンも一杯入ってて 気恥ずかしいジェイと杏ちゃんがまた見れる(笑)
かっこ悪げな映画のシーンとアーティストジェイのシーンが半々なのだけど
アーティストジェイの方は そりゃもう大変カッコいいのである 
やはりこの曲名曲です デフ・レパードを彷彿とさせるギターもたまらない 

頭文字Dプロモで日本へ来た後
向かったヴェネツィア映画祭の時に 現地で撮った
今回のアルバムの凝ったアートワーク 衣装 デザインも
細部にまでこだわりあり クラシカル&モダンでとても美しい
カレンダーやポスターまでついてきて お得感が楽しい中華CD
勝手にキャンペーン! 見所・聞き所一杯のジェイのニューアルバムでした

■11/14追記■
e0079992_22113739.jpg

11/13の台湾金馬奨にて 頭文字D組 写真:sina.com
黄秋生:助演男優賞 周杰倫:新人賞 取りました!
胸のおリボンが可愛いアンソニーとこれまた可愛いジェイの微笑ましいショット
それにしても レッドカーペットの台湾・香港の女優さんの艶やかで美しいことよ!
感心しきりでございました 写真で鑑賞でしたが 金城武もカッコよい!
[PR]
by acine | 2005-11-08 21:48 | cosa cinema シネマごと | Comments(41)

久しぶりの香港映画本

e0079992_169530.jpg
THE香港映画SHOW (日中通信社) ¥1580
香港-日本交流年2005の一環として 只今東京で開催中の
香港映画祭 を記念して作られたパンフレット兼ムックという感じ

王家衛やトニー・レオンのムックは ここ数年も買ってたけど
こういう香港映画オンリーのムックって
ものすごく久しぶりだったので 高かったけど思わず購入

この映画祭で上映される映画の監督・俳優中心の構成で
人選に多少偏りあるし 写真も何故これ?というのもあるけど
香港映画好きだったら 読みたいインタビューもいろいろありそう

特集記事も 愛すべき”二人の王” 四大天王を見つめ直す
チャウ・シンチーはどこへ向かうのか? など香港映画好きには興味深い記事も
気になる方はチェックしてみてくださいね


e0079992_16193590.jpg

これ以前で マジメに香港映画を特集してるムックを
最後に買ったのは これだったような気がする  ↑

HongKong Cinema Express (’98 プレノン・アッシュ) 
90年代中頃 香港映画ファン(多分女性中心)の頼みの綱だった
プレノン・アッシュの香港飲茶倶楽部の会員向けの月刊ペーパー
香港電影通信の記事をまとめたもの
各年の映画の動き イキのよかった俳優・女優についてなど
香港映画のエッセンスがたっぷり詰まってる1冊
多分今はもう廃刊していて ¥3800くらいだったはず
レスリー死去とともに飲茶倶楽部は辞めてしまったけれど

厚さ3センチもあり 500ページを超える充実の内容
いろんな映画監督、俳優、女優のインタビュー集
プレノン・アッシュが配給してた王家衛の映画
”欲望の翼”から”ブエノスアイレス”までの様々なスチール写真から始まる
インタビューは イップ・トン ケニー・ビー チョウ・ユンファから始まり
膨大な数の人が現れ トニー・レオン クリストファー・ドイル ウォン・カーウァイで終わる

この頃出ていたムック・特集本は どの記事も読み物としても質と力と愛があった
この頃の多くの華流ムックのように 商魂逞しく 儲けれる時に儲けとけで 
写真かき集めて 適当に作った本ではなかった
ITが普及してない時代 そういう本や上記の飲茶倶楽部
香港から直送されてた香港ラピッド 今もずっと頑張っているPOP ASIA など
限られたメディアから 情報を仕入れるしかなかった
そんな時代に買った本だから これらの香港映画本には
思い入れがあって 今も大切に本箱へ並べてるのかもしれない 

韓流の次は華流・・・なんて盛り上がってるけど
韓流ブーム前から 香港・台湾エンタメ好きは常に生息してるし
安易にこんどは中華圏!いうひとくくりで 誰や彼やいっしょくたに
勝手に盛り上げて 意図的にブーム作られるのはカンベン
香港映画ファンは虐げられてても 我慢強く生きてます!
台湾ドラマ・台湾スターをきっかけに 香港映画に興味を持った人etc・・・
自然に湧き上がる盛り上がり 香港・台湾エンタメムーブメントだったらOK!
私自身も1年前からハマってる台湾エンタメのおかげで
やっぱりビバ!中華圏エンタメ そして香港モノ好きの血も思い出させてもらったしね!

◇オマケ◇
上記のムックにも取り上げられてる 香港俳優ショーン・ユーが出ている
台湾ドラマ あすなろ白書(’02)が 今日からスカパーで始まった
チラっと見たけど ショーンはやっぱりとってもカッコよい!眼力あります
どう見ても 女の子はみんなショーンに行くでしょみたいな面々
すでにショーンの勝利は決まってそうな感じ(笑) 北京語喋るショーンも珍しい 
台湾ドラマらしく 素朴な雰囲気のドラマなので ショーンによく似合ってる
”流星花園”でお馴染みの可愛いレイニー・ヤンも出演
気になる方は要チェック!ホームドラマチャンネル
下の方の 台湾ドラマラインナップバナーをクリック
[PR]
by acine | 2005-10-19 16:32 | cosa cinema シネマごと | Comments(4)
2005/06/23
d0025646_20304835.jpg

まだ20代後半だけど 繊細かつ存在感のある演技で
アジアの巨匠たちにも大人気の張震
派手でもなく クラシックな雰囲気の男前だけど
その演技力・存在感は 台湾いや中華圏の同年代の俳優ではダントツだと思う
映画の中で 光り輝くタイプ 若いけどすでにいぶし銀の香りさえする
明星ではなく 根っからの映画俳優 役者タイプ
個人的にはレスリー・チャンやトニー・レオンみたいにアート系・
芸術的要素の高い映画で カンヌ系の王座を狙えるタイプの人だと思う

ブエノスアイレスでのトニー・レオンと絡む少年っぽい初々しさ
その後 これからという時に兵役へ・・・
そして復帰作 グリーン・ディスティニーでのチャン・ツィイー相手のワイルドさ
2046では出演シーンがあまりにも少なくて涙ちょちょ切れたけど(怒)
あんなに少ない出番でも 某K氏よりよっぽど印象的だった
つい最近私も書いた感想 愛の神、エロス では
渋い大人の色気がぐっと出てきました 20代後半でこの色気!↑写真
2046のうっぷん晴らしをしてくれて嬉しい!
※あと張震の映画では カップルズも見てるけど 今イチ記憶になし
デビュー作 牛古嶺街少年殺人事件 はずっと気になってるけど見れてない

kazuponさんち の 愛の神、エロスの記事で 気になるクリップを発見!
自らバンドもされてて 映画&音楽好きなkazuponさんのアンテナに感謝
DJ ShadowというDJアーティストの"Six Days"という曲だそうで
監督:王家衛 主演*張震 スタイリッシュでセンスいいビデオクリップ

kazuponさんがそのクリップの見方をコメントに書いてくださったのでご紹介
DJ shadow のサイトより サイト内の左側でぐるぐる回ってる
Media Playerって文字を捕まえて(笑) 上のAudioとVideoのVideoをクリック!
上から三つ目が"Six Days"です
※記事UP当時と変わってるみたいなので 根気のある方は探してみてください

張震は刺青師を演じてて すごくカッコいいです
映像も王家衛好きにはたまらない世界ですよ~絶対
私は盲目的に王家衛の映像が好きなのでたまらない! 
2046のカリーナとのシーンを思い出させるパートもあり
王家衛にしては珍しくちょっとカンフーシーンもある
〈王家衛のカンフー映画見てみたい気もする スタイリッシュに違いない!)
張震もロン毛(私は張震はロン毛のほうが絶対いいと思う)で
セクシーですごくカッコいい
気になる方はkazuponさんちへ行ってみてください
[PR]
by acine | 2005-09-21 21:15 | cosa cinema シネマごと | Comments(2)