Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0079992_18201351.jpg

蜷川実花の写真か LOMO(トイカメラ)で撮ったような
極彩色の花々が 風に揺れるオープニング
平和で美しい風景なのに どこか不穏で安定感のなさを感じる

この映画 アメリカの田舎町の女子高生が
学校での銃乱射事件に巻き込まれ トイレに居合わせた 
自分か親友 犯人がどちらか一人を殺すと言った
二人に銃口を向けて さぁどうする? その結末は・・・ 

という内容のみ知っていて 公開時も気になってた
映画だったけど 見れずじまいでした 
詳しく:映画.com

e0079992_18303410.jpg


優しい大学教授の夫と 多少 学校で問題ありだけど
可愛い娘に囲まれ 幸せに暮らす高校講師の30代のダイアナ

演じるのはユマ・サーマン 写真だけみるとゴツい・イカついという
イメージあったけれど 動くとさほどイカつい感じはしなくて
事件を思い出し あれこれの不安感に苛まれる役にはよく合ってたと思う

そんなユマ演じる 30代のダイアナと 
キラキラとまばゆいばかりの10代のダイアナを
演じるのが エヴァン・レイチェル・ウッド

私は彼女の映画&演技 今まで見た映画の中では
外れなしで 個人的に 彼女の評価高いです
綺麗だし 個性的だし 華があるし 何色にも染まる
演技力もあるし エヴァン 好みの女優です

e0079992_18331018.jpg


今回もエヴァンはキラキラしてて 
この映画のハスッパだけど 透明感があって 芯があって 
10代の移ろいやすい 美しいヒロインにピッタリ
田舎町にいたら すごく目立つタイプじゃないかと思うけど
この辺 ほどよく引き算の演技で バランス取りが上手い

そんなダイアナと仲良くなるのが 教会に通う真面目な娘
演じるのはエバ・アムーリ スーザン・サランドンの娘さんだそうで
目がパッチリしてるところとかはよく似てる 
彼女も控え目だけどいい演技だった

全く違うタイプなので ウマがあって 
どこか反発しつつも いろいろと話がし合える
仲のよいキラキラと若さが眩しい二人

そんな二人がある日 事件に巻き込まれ・・・
その記憶が30代のダイアナにも甦り
過去と今を行ったり来たりするストーリー

そんな悲惨な過去を思い出しては 
良心の呵責に苛まれる 30代のユマ演じるダイアナ

そして そんなことになろうとは知らず
どこか投げやりながら 青春を謳歌する
キラキラした10代のエヴァン演じるダイアナ

エンディング近く 

自分が予想していてた内容と どこか接点が違ってきて
つじつまが合わなくなってきて えぇ~? どういうこと?!
という不可解な点が 鈍い私にもさすがに気になりだし 

銃を向けられ 手をつないで 震えていた二人
その手をパっと離す瞬間が なんとも悲しくて・・・

そして エンディング・・・

えぇ~?! 

えぇ~? ってことは ・・・・だったの~?! ?!

訳わからないまま終わってしまいました!

あとは見て・・・としか言いようがないんだけど

どうもあとで あちこち見ると そういうことだったのか・・・と 
真相がわかったような わかってないような・・・ 

というわけで 
エンディングがまったくわからないままで (気付かないまま) 
終わったので 評価が難しい映画になってしまったけど 
はりめぐらされた伏線に気がついた人には
そういうことか的な映画になったんじゃないかと思います

それまでのエヴァンやユマの演技 
どこか不安定な現在 そしてキラキラとした過去
女優陣の演技 不穏でサスペンスフルなフラッシュバックなど
とてもよかったんだけど 最後で置いてけぼりくらったので

今日の映画:70点
[PR]
by acine | 2010-07-28 18:43 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)

美しすぎる!

e0079992_21294544.jpg

今シーズン 
NUDEシリーズのモニカ めちゃくちゃ好きかも

e0079992_21301765.jpg

いつのだろ? 完璧!

暑中お見舞い申し上げます

もう 昼夜逆転して 生活させてくれ 仕事させてくれ
ドラキュラのような生活でいい と思いたくなる 亜熱帯化日本
冬生まれ 夏はとことん苦手な私にとっては 地獄のよーな季節です
皆さんもどうか 夏バテなどされませんように・・・!

ところで ついUPしたくなった 

美しすぎる! モニカ・ベルッチ

女性雑誌の広告で お馴染みのDiorの
スチールの彼女の美しいことったら!

どのシーズン見ても ため息もんの美しさで
もう文句のつけようがどこにもない

モニカを使ったDior広告はいつもパーフェクト!
いつも ついつい目を留めて見てしまう

とりわけ 今シーズンのNUDEシリーズ 
ナチュラルなのに すごく綺麗~!

来世 ラテンで 女に生まれるなら 
こんなモニカのよーな 超絶美女がいいわ!と思う私 

来世 ラテン(南欧がいい)に生まれる・・・は 
もともと私の第一希望だし(笑)!

別に映画とは全然関係なくて 
女優としてのモニカが特に好きというわけじゃないけど
昨日買った雑誌の広告のDiorのモニカが
もう本当に綺麗で この雰囲気! このメイク 
真似だけでもしたい~!と 勝手に思いました(笑)

こういう美女は女から見ても 本当に魅力的!ってことでUPしました

そして 女優として 美しいー! 
個人的好みなのは やはり 私の場合 ケイト・ブランシェット!

女優としての資質&演技力の高さ
とことんエレガントなレッドカーペットでの
”ザ・女優”な彼女も大好きなのですよ~

e0079992_21403092.jpg

グラム・ロック的メイク?  いや マリリン・マンソン?
e0079992_21412156.jpg

ケイトのこんな衣装や立ち姿大好き~!
e0079992_21431881.jpg
 
シンプルだけどインパクト 彼女のこの振れ巾がいい

何にせよ 私は美しいモノ・ヒトが大好き

それは 演技・喋り方・志・心意気・姿勢(内面)・佇まい
      顔・体型・立ち姿・動き・所作・言葉づかい etc

何か そういうものを どこかしらに持っている人

美しい&エレガントな人が絶対好きなのに間違いない・・・

以上 自分はさておき
個人的趣味丸出し 美しいもん好き好きバナシでした

PS

来世 モニカの様な超絶ラテン美女もいいけど

Rain(ピ)のような 芸術的なまでに美しい身体を持つ男でもいいな~

e0079992_8222532.jpg
そして あんな風に 自由自在に体を動かせて 
美しく表現できて パフォーマンスが出来る人!

私が男で あんな体型だったら 最高!
上背があって 手足がすんなりと長くて
肩幅あって あの筋肉のほどよい乗り方!
もう自信満々! 怖いもんなしだと思う

自分が男だったら あんな体型に
なりたい人NO.1が彼だわ

というわけで ここ最近の趣味丸出し(笑)で失礼!
[PR]
by acine | 2010-07-25 21:47 | cosa cinema シネマごと | Comments(10)
e0079992_21312760.jpg


久々の家での1本 

このおフランス映画 公開された時も 
見たいなーと思ってたんだけど 今頃観賞 

見終わって 思い出しました 
マギー・チャンの元旦那 オリビエ・アサイヤス監督作ということ
 *二人のコンビ作 CLEAN ’04 

詳しく:公式HP

ダラダラと居眠りしながら見るには 最適の1本でした

題材のせいか おフランス映画にしては珍しく
誰もがベラベラ喋りまくるというタイプではないので
ゆったりした気分で見れるのがいい

亡き母の大切にしていた家と美術品を処分することになる
男2人女1人のきょうだいたち

e0079992_2146309.jpg


そういう人間ドラマが主軸なんだけども

そして もう一つの映画の見所 この家が主人公と言ってもいい 
いかにもフランス的な味わいと歴史を感じる美しい田舎の家 
そして 日本タイトルにもなっている素朴で美しい庭

そんな家に点在する 由緒ある美術品やインテリアたち
そしてさりげなく飾られる花々

いかにもヨーロッパ的な歴史と美的センスを感じさせる
本物の家、インテリア、庭など 見どころたっぷり!

そして 降り注ぐ美しい太陽と雰囲気のある空気感

そんな風景と共存するこの家族

e0079992_21571983.jpg


由緒ある美術品ゆえ 相続税がかかる
そして 同じく 母の思い出のつまった家だけど
各々の生活もあり 家の面倒を見ることができない・・・

そして 彼らのとった行動は・・・
そして 母が語らなかった部分とは・・・という映画なんだけど

この映画を見てると あんな価値のあるものは持ってないけど
人間死んだら 何ひとつ 今持ってるものなんて 
持っていけないんだから シンプルに生活しないといけないなぁ・・・

今 身の周りにあるもの・・・ 
本当に自分に必要なものって 一体どの位あるんだろう~?
と思いつつ 思いっきり 物質文明&過剰な物欲にまみれてる自分 
もっとシンプルな生活をしよう・・・!と思わされました

そして 母が大切にしていたものたちの行く末
なるほどなぁ・・・こういう選択肢もあるんだなぁ

そして あぁいう風に展示されてるものの一つ一つに
こんな風にストーリーがあるんだなぁ・・・
そしていろんな想いもあるんだな~と思いました

この映画に出てきた中で 一つだけもらえるとしたら(笑)
ヨゼフ・ホフマンの収納棚が欲しい・・・な

地味で 決して刺激はないけれど

美しいおフランスの田舎の家と庭を満喫する

そして そこで起こる出来事を垣間見る・・・

家でまったり見るには いい一作でした

苦手なジュリエット・ビノシュも今回は良かったし
兄弟二人も堅実で誠実でよい感じだったし キャストもよかった

今日の映画:76点

しかし 録りだめしてる映画 
山のようにあるんだけど も~ なかなか見きれません・・・!
なのに 次々録ってしまうんですよね~
[PR]
by acine | 2010-07-15 21:58 | Francia フランス映画 | Comments(2)

RAIN LOVES ZEPP TOUR 

e0079992_18124868.jpg

RAIN “LOVE TOUR 2010”

RAIN LOVES ZEPP TOUR


福岡・大阪・名古屋 計5回のZeppツアー終了!
 (日本縦断 6ヶ所 全9回のうち)

生ピくん 十二分に満喫しました!

このツアーに出るために 6月初めからとにかく仕事・仕事!
福岡に出かける前まで もう怒涛の忙しさに加え
もともとの体調の悪さに疲労も重なり 本当に私はそんな
ツアーに出るんだろうか~?と なかなか実感わかず 
ツアーのことなど考える余裕さえなかったというのが事実

e0079992_1816262.jpg


東京が始まり そうだ!始まるんだと やっと徐々に我に帰り
福岡で生ピを見たら いやー!やっぱりいいわ~!と大満足!

だけども ツアーの合間・合間は またとことん仕事してたので
大阪~名古屋へ向かう辺りでは 疲労困憊 疲れのピークに達し
もうバテバテ もはやこれは修行だろうか?! 限界に挑戦!と
いう感じにさえなり もう何やってんだろ?自分?!て感じで
欲張ってチケットを手に入れすぎたかな~?とチラっと後悔

e0079992_18215395.jpg


で 大阪で 生ピ&大盛り上がりぶりを見たら 
いやー! やっぱりチケット買っておいてよかった!と大満足! 
コロっと寝返る私(笑)でありました

そして またまた疲労困憊気味で 名古屋に向かいつつ
もうここまで来たら どうにでもなれ~! 
これが最後だ!見納めだ!と 身体はバテバテなのに
なぜか清々しい気分にさえなり・・・(笑)

名古屋の生ピ あぁ!やっぱりよかったー! 
頑張って ここも来てよかったー!と 最後は大満足
心地よい疲労感と満足感に浸ることが出来ました

↓ 以下 長すぎるので(笑) 格納 

雑感 & 感想 & 感謝
[PR]
by acine | 2010-07-07 18:18 | cosa cinema シネマごと | Comments(9)
e0079992_17252147.jpg

おひさしぶりです 

まずは ここ半年の検索ワードランキング 各月のベスト5です

1月 
1.シアーシャ・ローナン
2.ジェームズ・マカヴォイ
3.メルヴィル・プポー
4.張震
5.ナイワ・ニムリ

2月
1.シアーシャ・ローナン
2.ジェームズ・マカヴォイ
3.メルヴィル・プポー
4. Strange days
5.ジャッキー・アール・ヘイリー

3月
1.ジェームズ・マカヴォイ
2.メルヴィル・プポー
3.張震
4.Strange days
5. ジョナサン・リース・マイヤーズ

4月
1.張震
2.ジェームズ・マカヴォイ
3.ジョナサン・リース・マイヤーズ
4.香港ノワール
5.メルヴィル・プポー

5月
1.ジェームズ・マカヴォイ
2.ジョナサン・リース・マイヤーズ
3.張震
4.ロドリゴ・サントロ
5.冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

6月
1.ジェームズ・マカヴォイ
2.周杰倫 跨時代
3.ジョナサン・リース・マイヤーズ
4.張震
5.ロドリゴ・サントロ

という感じで やはり 毎月コンスタントなのはマカヴォイくん

そして 一時期 爆発的にヒットしてたのは
シアーシャ・ローナン (映画 ラブリーボーン公開時)
張震 (サントリー CM時) というあたり

大体 いつもこういう顔ぶれに落ち着いてるんですが
記事の数の多さはあんまり関係ない感じですね~
 (もっと書いてる俳優一杯いるのに・・・)

ちなみに 6~10位辺りで 出てきてるのは

梁朝偉 ジェラルド・バトラー ダニエル・オートゥイユ
ディエゴ・ルナ ベン・ウィショー Rain(ピ) ソ・ジソブ
あと 何故か 羽田美智子 (私苦手なんですけど~!) 辺り

という感じで まずは今年前半の検索ランキングでした   

怒涛の6月初旬~
[PR]
by acine | 2010-07-07 17:43 | cosa cinema シネマごと | Comments(4)