Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0079992_22172480.jpg

お気楽映画しか 今は見れない・・・といういか
お気楽映画しか見るパワーなし と言うべきか

またまた (いい歳して) お気楽ガールズ系!

こんな映画公開されたっけ? 
日本未公開のようです 詳しく:WOWOW

ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイの2トップ
強気の弁護士ケイト 清楚な教師アン

e0079992_2253238.jpg


タイプキャストともいえ 胸やけしない程度に
華やかなコンビの結婚式を巡る
女の戦い&友情という感じでしょーか

予想通り 気楽に見れるし 二人とも安定してるし
二人の対照的な雰囲気とファッションもとても楽しい
そして 有名ウェディングプランナーに依頼し
NYのプラザホテルでほぼ同時期に結婚式を挙げる親友同士

しかし 親友同士
女と女 こじれるととことん怖い!
可愛さ余って憎さ百倍状態で

e0079992_22495682.jpg


物語は段々エスカレートしていって 
は~?そこまでやる?! アンタたち ストーカーかよ?状態で
笑うに笑えないというか(笑) 見てる方まで 
そこまでやらなくても~!という気になり 
そんな未来の妻たちを怖がったり心配する婚約者やケイトの兄

やっぱり予定調和よね~と思いかけたところで
えぇ~?とちょっと驚き でも終わり良ければ全てよし
まるで 香港映画の旧正月系ともいえる映画だったけど
ケイトとアンがとても魅力的だったので 見てて楽しかった

私はケイト好きだし ケイト中心で見ようかと思ってたけど

この映画 ルックスも対照的な二人が並ぶ絵ヅラが多い

あれ~?! となると アンの小顔 色の白さ
細いけどメリハリのあるスタイルの良さが際立つ感じで

なんだか ケイト顔デカい?肉厚?こんがりした日焼けと
ブロンドが同化してる? なぜかゴツく見えてしまうんだよな~

というわけで 今回はアンの方に分があったかなかな~という感じ

でも ドスの効いた台詞廻し 常に強気なケイト
そして 可憐でちょっと控え目なアン 
双方 よく似合う役柄でした

二人のドレス姿も 普段着もとっても可愛かったな~!
特に普段着のアン 彼女の持ってるバッグとかも
おぉ~ これいいなぁというのが多かった

気楽に見れて 楽しい1本でした
音楽は平凡だったかな~

今日の映画:75点



↑ この曲じゃ ケイト激マブ(死語)だったのに~!
ここでも私 大絶賛! 未だにこの曲 着メロの一つに使ってますもん~
でも 曲以外では やはり ちょっとゴツい感じしてるなぁ 
[PR]
by acine | 2010-11-17 23:03 | Estados Unidos 米映画
e0079992_17524032.jpg

最近 疲れてるせいか こういう軽い映画専門な私

公開時もちょっと気になってたけど 
1,2ヶ月前、チラっと WOWOWで見たら 
いかにも調子いい ”プラダを着た悪魔”っぽい
ファッション系ハリウッドガールズムーヴィーっぽかったので 
ついていけないわ~・・・と思い 見るのやめたんだけど
再び ながら見 詳しく:CinemaCafe.net

確かに調子のいいお気楽ムーヴィーなんだけど
この主人公のレベッカのように派手に盛大に買い物してるわけ
じゃないけど 自分も欲しいもの見つけると我慢できない
買い物中毒?的なところがあるので 
どこか共感する部分もあって ついつい見てしまいました

よっぽど 必要なもの以外は絶対買わないわ!という
心意気を持った人以外は きっとどんな年代の女が見ても
どこかあぁこれわかるわ~的な場面があるんではないかしら~

マネキンに表情があって これどう?って手招きしてたり
買い物依存症のサークルへ行って 依存症を直すとか
出演したTV番組で 自分のカードの借金が暴露されたり・・・
その返済のために オークション自ら開いたり・・・
お気楽だけど シニカル こういう物質欲を皮肉った
部分もあるのは面白かったな~

e0079992_1891582.jpg


主人公のアイラ・フィッシャー(サーシャ・バロン・コーエンの奥さん
らしい!)もオーバー30の割に可愛くて どっか情けなくて 
でも可愛いから許せるわ~的な感じの 一昔前だったら 
アリシア・シルバーストーンとかが演じてそうな役だった
あと 少し前のドリュー・バリモアがやっても可愛いだろうな~

そんな彼女の前に現れるヒュー・ダンシーも
レオナルド(サッカー選手)+オーランド・ブルーム÷2
みたいなルックスで なかなか魅力的でありました
そーなのよね こういう系統の映画は男優も大事なのよね~

そして まるでヴォーグかエルかみたいなファッション雑誌の
編集長?に 私の好きなクリスティン・スコット・トーマス
ちょっと着せられた感があったものの 女教頭メリルよりは
ファッション畑な雰囲気がちゃんと出てて素敵でした

ご都合主義だけど 気楽に見るには なかなか楽しい1本でした

今月 ついついバッグを2つも買ってしまって 
自分も買い物中毒は辞めないとな~と思ってたので
タイムリーな1本でした 物資欲抑えないと・・・!
あと私の場合は 仕事中のコーヒー&飴中毒!

ファッション的には原色中心で 
ちょっと日本人には無理系でしたね(笑)
少しはわびさびが欲しいところです

今日の映画:72点
[PR]
by acine | 2010-11-11 18:15 | Estados Unidos 米映画
e0079992_2255364.jpg

3,4日に分けて やっと一通り見ました

プラダを着た悪魔のモデルになったという 
アメリカン・ヴォーグ編集長のアナ・ウィンターと
彼女を取りまく人々を追ったドキュメント
詳しく:公式HP

日本タイトルはまたまた 単なる女性ウケ狙いな
訳のわからんタイトルだけど 原題のシエナ・ミラーが
表紙のヴォーグ9月号を作る過程のドキュメント

いかつい女教頭みたいなメリル・ストリープと違って
本家のアナはさすがにいかにもファッション畑の人らしい
クールな仕事師に一見見えるけど 
幾分 いや かなり自分に酔ってる系

このドキュメンタリーに登場する皆が言う

”アナの審美眼は素晴らしい”

確かに彼女の審美眼や これからはセレブが
注目される時代が来ると言う (自作自演?)
先見の明は素晴らしいのかもしれない・・・

だけど 審美眼が素晴らしい人が イコール
素敵な人かというと そうでもないな~・・・と思ったりして

正直 あんな人の周りで働いてたら 
終始緊張してピリピリし通しで 
私だったら耐えられないだろうなぁ・・・って

一見にこやかな朝食会も 
けっこう裏は皆ピリピリしてるんだろうなぁって

もちろん 真剣勝負の仕事場は 絶対甘くないのが当たり前

しかも 一流の品や人を使って 雑誌を作る 
そして 物凄くセンスを要求される仕事だ

だけど 見てて思ったのは

トレンドを作り出したり 生み出すことは凄いかもしれないけど
ファッションやインテリアや音楽は映画は
結局は嗜好品なわけで 単に好みの問題だと思う

そして こんな風にプレゼンテーションする人も必要だけど
もっと評価されるべきは 作った本人だと思う

e0079992_2231539.jpg


なので 並はずれた影響力を持つ
アナは凄い人なのかもしれないけど

私はロマンティックで過去に生きる人なの・・・
歴史を積み重ねたものが好き セレブには興味ないわ 
私が好きなのは ファッション写真よと言ってた
魔女みたいなルックスの元モデルのエディターのグレイス

彼女のセンスや志の方が私は好きだなーと思った

クラシックとモダンをとても美しく個性的に融合させて
忙しいから パパっと写真見て それまでの過程も想像力も
無視して 好き勝手なこと言って あっさり・バッサリと
斬りまくる アナよりはぐっと好感が持てた

きっと グレイスは過程を大事にする人

で アナは結果を大事にする人という感じがしたな~

グレイスは素晴らしい仕事をしてるのに 
最終的な決定権はアナにあるもんだから 
単なる有名人というだけで (どうでもいい)シエナなぞに
ページを持って行かれるなんて 彼女としては
やりきれないんだろうなぁ・・・って

こんなアナに言われ放題で いつもいつも
めげてる彼女が可哀想だわ~と思っていたら
最後にアナがグレイスは天才的・・・とコメントしてたけど
だったら もうちょっとは 彼女のセンスもそれまでの過程も
わかってあげたら? と一般人の私は思ったのでした・・・

いくら審美眼が優れていて 自信満々でも
忙しいからと言って いつもスタバのコーヒー飲んでるなんて
そういうとこもセンスないと思うなぁ・・・って 思ってしまいました
世の中にはもっと美味しいコーヒーは一杯あるのにね・・・

彼女の着てる服も 私はあまり好みではありませんでした

ま 結局 単なる好みの問題ってことですね~

人それぞれ 顔も体型も似合うものも全然違うのに
これが今年の流行! だからといって 
それが自分に似合うとは限らないし
人それぞれ似合うものも違うし 好みも違う

そんなもんに流されるもんか・・・と思うあまのじゃくな私

アナ・ウィンターは凄い仕事師なのかもしれないけど
いけすかない女だなー 私は正直あまり魅力は感じませんでした

一番 嫌だなーと思ったのが
兄弟たちが 自分の仕事についてどう思ってるか
質問された時 鼻の穴を思いっきり膨らませて
”面白ろがってるわ”って 2回も自信満々で言ったところ・・・

部外者から見ると あー そーですか・・・ って感じでした(笑)

あと太っちょのブラックのおじさん
ファッショニスタなのかもしれないけど
俺はスタイルがあるとか何とか言って テニスする時に 
あのブランドづくしは何よ? それよりちょっとでも痩せたら? 
その方が絶対センスいいことだと思うよ~

彼らみたいに ブランドもんで固める=センスいいとは
絶対限らないと思う ホントにお洒落な人は ユニクロや
その辺のもの着てたってお洒落に見えると思うから・・・

好き勝手なことばかり書いたけど
要するに 美の基準やセンスや好みは個人差がある
着眼点だって 人それぞれ違うってことですよね~

なので いくら優秀な審美眼を持とうが
アナの好みと万人の好みが一致するとは限らないと思う

ただ ものづくりの過程・・・という意味で見れば
なかなか面白いドキュメントではありました

それにしても ヴォーグのオフィスは大変素敵でした

そして 小さい写真でも 本当に美しいファッション写真たち・・・!

背景 生地の質感に色 モデルのポージング ヘアメイク
それをちゃんと準備できるスタッフに 
異次元の世界のように映し出すカメラマン 

本当にプロの仕事 凄いレベルでした!

今日の映画:75点
[PR]
by acine | 2010-11-08 22:33 | Estados Unidos 米映画

e0079992_22364569.jpg
なんと 先月は 映画館でも 家でも 
1本も映画を見ることなく (見る暇なくが正しい) 
終わってしまいました・・・!

とにもかくにも 仕事に追われてまして 
とても映画どころではない今日この頃・・・

それでも 一体いつ見るんだ?って感じですが
録画だけはちょこちょこしてまして

プラダを着た悪魔のモデルになった
アナ・ウィンターのドキュメント映画やら
金城武+朱監督の昔のトホホな台湾映画やら 
無料放送の掘り出しもん香港映画やら 
チラチラ見かけてたんだけど 
通して見る時間も気力もなく・・・でして

で 同じように チラっとどんな映画かな?と思い 
何気なく録画したのをそのまま見たのがこの映画

気楽に見るには丁度いいさりげない一本でした

私はてっきり 昔見た香港映画のキッチン
題材同じ(リメイク)かと思ってたら 全然違うんですね~
吉本ばななの小説にインスパイアされてできた映画らしいけど・・・
詳しく:シネマトゥデイ

この映画を見ていて 共通項を感じたのが かもめ食堂

ちょっと自分探し女ばかりの@フィンランド

男2人女1人のさりげない三角関係@韓国 

とテーマも場所も違うけど 共通してるのは

インテリアとキッチン そういう風景も大事な主役であること

この映画を見だしたきっかけも

ナチュラル&モダン和風ならぬ 
ナチュラル&モダン韓国風?な家とインテリアとキッチン

これがすごく新鮮だったので ついつい見てしまう羽目に・・・

冒頭の料理といい 料理が盛られるお皿といい
家具 小物 グリーン 建具の格子 縁側みたいな廊下とか
竹のベッドとか そういう背景がすごく物珍しくて
なかなか こういうインテリアも悪くないな~
けっこうセンスいいなぁ~と思って見てました

ストーリーもそういう背景に よく馴染むようなすごくさりげないストーリー

怖いもの見たさで怖々見る韓国映画
神経逆なですれすれのどえらい韓国映画
凄い!けどもう1回見る勇気はとてもない韓国映画とは
全く違うタイプの映画で 今まで見た韓国映画では
一番さりげない感じの映画かもしれない

そんなキャストが存在する家に差し込む太陽の光や
構図もすごくナチュラルで まるで”かもめ食堂”みたいだな~と
思って見てました この映画女性監督らしく
いかにも女性好みな映像でセンスよかったです
男性陣二人はあんまり料理人には見えなかったけど・・・
その気張ってない感じもこの映画には合ってた感じ

正直 ストーリーに関しては

シン・ミナ(ピくんとも共演してました彼女)演じる
主人公の女はすごい天然だし 

そんな妻を大目に見過ぎてる呑気な旦那 キム・テウ

風来坊のパリ帰りの料理人 チュ・ジフン
彼が一番 気持ちに忠実かな~?という感じで

旦那! いくら仕事のパートナーとはいえ
そんな自分より若くてカッコいい男を同居させるなんて
妻に浮気しろ・・・と 勧めてるようなもんじゃないか・・・
アンタ呑気すぎるよ と思いましたね~(笑)

でも その自然でさりげなく 感情も爆発しない
こういう韓国映画もあるんだなーと思いました

気楽に見るにはピッタリな1本でした

今日の映画:72点 

フィンランド
[PR]
by acine | 2010-11-04 20:33 | Corea  韓国映画