Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0079992_23513492.jpg

1位 アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち ’08 アルゼンチン
至福のタンゴドキュメント! 見てる&聞いてる間の幸福感と言ったら!

2位 NINE ’09 アメリカ・イタリア
女優陣あっぱれ!なド迫力のミュージカル 黒一点のダニエルもよかった

3位 ラブリーボーン ’09 アメリカ
美しくて悲しいファンタジー シアーシャ・ローナンの透明感に尽きる!

4位 ハート・ロッカー ’08 アメリカ
根本は疑問だけど 女性監督でここまで骨太!キャサリン・ビグロー見事

5位 マイレージ、マイライフ  ’09 アメリカ
ジェイソン・ライトマンのニッチなテーマの着眼点は今回も冴えている!

6位 霜花店(サンファジョム)-運命、その愛 '08 韓国
これまた別の意味で 韓国映画の激しさ・ドロドロさ 凄い! 

7位 インセプション ’10 アメリカ
わかったような わからないような でもC・ノーランが凄いのはよくわかる!

8位 Dr.パルナサスの鏡 ’09 イギリス・カナダ
イマジネーションの塊! 炸裂するテリー・ギリアムの世界 L・コールが強烈

9位 シャネル&ストラヴィンスキー ’09 フランス
究極の美・エレガンスにひたすら圧倒された! 欧州でないと絶対作れない映画

10位 抱擁のかけら ’09 スペイン
アルモドバルにしては小粒 だけど 彼らしい色彩の美&組合せの美が炸裂! 

以上 

なんと 初のアルゼンチン映画が1位でした

きっと この映画を1位に挙げる人はそんなにいないかも~
だけど 見てる間の至福感と言ったら! それが大きな理由です

あとは ファンタジー系・ミュージカル・現実的・欧州美など
どれでも好みの映画たちでした 濃いと言えば濃い路線多いかも(笑)

今年は特に後半 忙しすぎて 映画がなかなか
見れない状態でして なんと3ヶ月も映画館へ行ってない
(行く余裕がなかった) という状態で よって
今回のセレクトも前半中心で 見逃した映画が一杯
来年はもっと見れるといいな・・・と思っております

そんなこんなで 今年も1年 
お付き合いどうも有難うございました!
来年もよろしくお願いします 
皆さまもよいお年を・・・!
[PR]
by acine | 2010-12-30 00:21 | 年間 個人的ベスト10
今年はコンパクトにいきます

まずは 2010年 映画 11-15位

e0079992_231111.jpg

11位 ローラーガールズ・ダイアリー ’09 アメリカ

12位 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を ’09 香港・フランス

13位 渇き ’09 韓国

14位 息もできない  '08  韓国

15位 ストーンズ・イン・エグザイル ’10 イギリス・アメリカ

次点 プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 '10 アメリカ

以上 年によっては ベスト30まで出してましたが
今年は見た本数に比例して コンパクトにベスト15としました

どれもベスト10に入ってもいい位
力作あり・個性派あり・強烈あり・フォトジェニックあり・・・
各々 個人的に好みの映画たちです

映画館以外 DVD&TV ベスト5
e0079992_23165830.jpg

1位 エレクション~死の報復~ ’06 香港

2位 スリ ’08 香港

3位 3時10分、決断のとき ’07 アメリカ

4位 サイボーグでも大丈夫 ’06 韓国

5位 ブライダル・ウォーズ ’09 アメリカ

こっちもコンパクトにUP
トー先生はやっぱりさすがだな・・・!と

そして番外編

e0079992_2326390.jpg


今年 突如としてハマった Rain(ピ) タグ:Rain参照
サンドゥ、フルハウス、ろくでなし ピのドラマは外れなし!
(最新作はどーなんだろ?)
そして 歌手 Rainも Live8回 満喫!(散財!)しました
後半は忙しすぎて 気を配る余裕もなく・・・で
だいぶ落ち着きましたけど~(笑)

ひとまず 第一弾
[PR]
by acine | 2010-12-29 23:13 | 年間 個人的ベスト10
e0079992_21102751.jpg

ん~? 黒社会?! 黒社会!!
あれがタダで見れるんなら?! と都合のいいこと考えてたら
’89年公開のチョウ・ユンファ主演の黒社会でした
ロイ・チョンも出るなら 見てみようか・・・と録画
詳しく:amazon

↑ のレビュー書いた方は酷評されてるけど
私はそーでもないかな?という感じで
香港ノワールもんなので 程良くスピーディだし 
アクションシーンもカーチェイスも程良く織り込まれてるし
キャストも安定した演技で つまらない・・・ということはなかったかな

義理と人情も描かれてたけど 既に当時の時点で
今の若いもんにはそんなのは通じない・・・という台詞もあったり・・・

だけど 確かに爆発力はないし 起承転結の結 
エンディング・・・ えぇ~? これで終わり?! 
まさにフランス映画的エンディングで 
で その後 ユンファさんはどうするの?!
だったら それまでの抗争はどうなのよ?って(笑)

何で こんな終わり方になったか?というと
多分 親の職業を嫌って 渡米し堅気の仕事をしている
ユンファが 結局 堅気から足を洗えず どこまでも
いい人な描き方&キャラ設定が あのエンディングに
向かわざるを得なかったのかなぁ・・・と

しかし 若きチョウ・ユンファ 大変端正で
暗闇の中でもハッキリクッキリの顔立ちでとても素敵でした
上背あるので スーツ姿も大変カッコよく・・・
しかし 二丁拳銃持ってなんて シーンがなくて勿体なかったかな

それから 若きロイ・チョンも 血の気が多くて
かつ貫禄あって 良かったし 顔だけでも凄い存在感の
シン・フィオンも懐かし~という感じでした

そして 懐かしさを感じる 当時の車
当時の香港の街並み ビクトリア湾沿いの風景
街市での乱闘シーン 懐かしい感じの香港の街が
見れたのもよかったなぁ・・・

今日の映画:76点
[PR]
by acine | 2010-12-22 21:26 | Hong Kong  香港映画
e0079992_20494098.jpg

これも日本未公開作 拾いもんです

ひそかにリッチー・レン好きの私はこれは見なくては~!
サミー・チェンが共演で 香港映画的
真夏のトレンディドラマ(死語)というでしょーか

マレーシアの海辺を舞台に 香港ちょこっと
(谷徳昭も出る・笑) 東京ちょこっとという
やっぱりトレンディ系なんだろうなぁ・・・
詳しく:Youtube 音出るので注意!

何にしろ マレーシアのエメラルドグリーンの海が綺麗!

そして そんな海辺にいる シャツをはだけ
珍しく金髪ロン毛(これも死語)なリッチーくんの軽~い感じがいい
ほどよく胸板厚く ほどよく小筋肉質な感じもいい
風貌とは裏腹に さほど悪い奴ではないリッチーくん
決してハンサムではないけど こういうラブストーリー系でも 
リッチーくんはなかなか素敵でした

e0079992_2125814.jpg


そんなリッチーとひょんなことで知り合う
(多分)証券ウーマンだった 香港からやってきたサミー
気が強い感じなのはタイプキャストだけど 
彼女のちょっと都会的な(笑)感じの海辺のファッションも
なかなかいい感じで マレーシアが舞台というのもいい

しかし あんなにマレーシアに広東語が喋れる人がいるもんだろうか?
香港の人はあんな風によくマレーシアに行くもんなんだろうか?

つっこみどころはいろいろあるものの
ま ストーリーなんて あってないようなもんなので
綺麗な海 リッチーとサミー そしてゆるい空気感
それだけでよいのだ・・・という感じの映画

お気楽に見るにはピッタリの香港トレンディ系(笑)でした

今日の映画:77点
[PR]
by acine | 2010-12-22 21:03 | Hong Kong  香港映画
e0079992_20282262.jpg

いかにもB級な映画で 日本未公開作

ホラーもん苦手だけど 
陳小春&サム・リーが出るので 見てみようか~と 
詳しく:amazon

香港のオタクビル?を舞台にした いかにも低予算系
小春もサムもまだ若くて 勢いがあるので
軽~い感じのゾンビもの ありがちな低予算系でも 
とりあえずは見れる(笑) いつもの小春にいつものサム
演技的には安全パイもんではありますが・・・

しかし 見るのはあくまでも役者中心
描写がゾンビ中心になると どうでもいいので(笑)早送り!

こんな風に軽い題材というか ドラマでもいいーんじゃない?
みたいな題材が1時間半で 堂々と映画化されるのが
香港映画のいいとこというか お気楽なとこというか(笑)

映画館でまで 見たいとは思わないけど 
小春とサムの日本未公開作 
タダで見れて 悪くはなかったな~

香港映画中心のMATV 月一の無料放送デー以外にも
週に4回ほど無料放送があって そこで未公開作や珍品
拾いもんがあってお得なんですよねー 
なんとなくタイトルだけは前から知ってた映画とか・・・

今日の映画:68点

サム・リーって 漢字名(名前の部分)が変わったんですねー
知らなかったわ
[PR]
by acine | 2010-12-22 19:28 | Hong Kong  香港映画
e0079992_18481761.jpg


エリック・バナ&レイチェル・マクアダムス共演のタイムトラベラーもの 
運命系ラブストーリーでありミステリー系でもあり
詳しく:goo映画

ながら見だったので 軽~く見てたけど
一番驚いたのが タイムワープした時に
エリック・バナがいつも裸だということ・・・!

なので あわてて前を隠し 服を探すんだけど
服なんかないような場所だったら どうすんだろう(笑)?
で またタイムワープで去った後 ご丁寧に服だけがその時代に残される!
ストーリー展開もだけど この服が妙に気になった私・・・

彼は遺伝子学的にそういうDNAを持っていたらしい・・・という
あらすじなんだけど そういう風に少女時代の未来の奥さんに出会う
というのは いかにも女性好みなストーリー運び

欧米人にしては 華奢で可憐な感じのレイチェルの
一途さもそんな役によく似合ってた 夫の遺伝子のせい?で 
なかなか子供が出来ないくだりはちょっと女の怖さも
にじませ上手かったと思う (ちょっとやりすぎだけど!)

エリック・バナ 悪くはないけど 特によくもない 
= どうも印象も残らないことが多かったけど 
今回の役はハマってたと思う タイムワープしてしまう人生に
悩みつつ 愛する人に出会った喜び・・・そして困惑
いい具合に演じてた この映画でのエリックは良かったと思う

そして 個人的に良かったのは 一見怖そう(ちょっとホラー系?
と最初思った) 娘役の女の子 凄く可愛くて上手かったなぁ
彼女が自然に健気に両親を凄く救ってた部分もあるし・・・

そして エンディング
○は滅びても また元気な時の彼に会える妻と娘
住む世界が離れてしまった人とまた会うことが出来る・・・
こういうことが実際出来れば 別れも寂しくない・・・ 
これはいいなぁ・・・としみじみと思った

つっこみどころはかなりあるけど 悪くはない
意外と見入ってしまってましたねー

今日の映画:75点

しかし 二人が新婚生活を送る一軒家
あぁいう家があっちの人にはウケるのかな~?
どうも陰鬱であんな家には住みたくないなぁと思ったけど

おひさしぶりです
[PR]
by acine | 2010-12-22 19:05 | Estados Unidos 米映画