Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0079992_2243944.jpg

チャウ・シンチーが監督・出演するはずだったこの映画

いつの間にか ジェイ・チョウが出演
そして ミシェル・ゴンドリーが監督に決定
過去の作品: 各々のタグ参照

台湾人のジェイに フランス人のゴンドリー @コテコテの
アメリカン映画 キャメロン・ディアスも共演ということで 
どーなるんだろう?と思ってましたが 予告編を見る限り 
ジェイの英語もなかなか流暢で 思いのほか
馴染んでる風だったので ちょっと安心してました

で 先週の来日キャンペーン
チラっと見てましたら 主演のセス・ローゲン
てっきり30代半ば位か?と思ってたら 28歳と知り
えぇ~っ? ジェイより歳下~?と驚いてたところでした

そして 別に望んでもないけど 初の3D映画でもありました

しかし やはりあんなカッチリしたものを 眼の前に
ゴーグルみたいに付けて見るのは どーもリラックス感に欠けます

e0079992_2372244.jpg


しかも この映画 そんなに3Dにする必要がある内容?
なんて ほとんどのシーンで思ったので 段々うっとおしくなり
外して見てたら 多分3D効果のあるシーンは 
字幕が二重に見えて 見にくいったら ありゃしない! 
で しょうがないので またかけて見たけれど・・・

別に部屋の奥行き感が出て 文字が手前に見える位で
さほど この映画での必要性は感じませんでした

個人的にやっぱり3Dなんて 別にどうでもいいわ~
好む好まざるに限らず その分料金上乗せなんて
納得いかないわーという感想

内容さえよければ 3Dなんて 個人的には
全く必要ありません!そんなもん! って感じ

そんな変な小細工かけないと見れない(見られない)映画なんて
ロクなもんじゃない しょせんそんな程度の出来だと思う

アナログな映画でよいのです アナログで! 

って 前置きが長くなりましたが 本編始まり・・・
詳しく:シネマトゥデイ


正直 主人公の新聞王の放蕩息子のブリット
(グリーン・ホーネット)には ほとんどのシーンで 
共感なんて ほとんど出来ませんでしたねぇ

お金持ってるだけで 本人には ほとんど魅力なし
何の技能もあるわけでなし なのに なんでも出来るカトーが
いないと 全くグリーン・ホーネットとして 成り立たないのに 
態度デカいし カッコいいわけでもなし・・・

しかも 素人なりきりヒーローとしても
この前のキック・アス みたいに 初々しさも可愛さもあるわけでもない
いい歳こいて ヒーローごっこに明け暮れる ブリット
どーでもいいわ・・・こいつ って感じで見ておりました

また こいつがとことんアメリカンで きっとアメリカ人以外は 
あんまりついていけない 会話の応酬で ○カっぽいわ 
いや ほんと○カだわ こいつー・・・と思って見てましたが

e0079992_232422.jpg


そんな主人公の傍に 常にいるのが 父親の運転手だった
上海生まれのカトー こと ジェイ・チョウ

なんかこう和と中がごっちゃになったいい加減な設定で
これはオリジナルでもそうだったのかな?

ジェイは コテコテの中華系ルックスで いつもの(イケてない系)
ジェイながら 暑苦しいセス・ローゲンのそばにジェイがいるだけで 
薄口でほっとするというか 爽やかで清涼剤的存在だったような気が・・・

私はついていけない アメリカンな会話にもちゃん馴染んでいて
今回 かなりの健闘ぶりじゃないでしょうか?

台詞は やはり英語ということで ちょっと気を取られてる風な
時もあったけど 全編通じ 全く普通に クールにウォームに
堂々の演技っぷりで 見た目は地味だけど ちょいと違う 
いや意外と出来る いや 天才アーティスト 
ジェイ・チョウを ちゃんと披露できてたと思う

e0079992_2343012.jpg


重たそうで動けなさそうな セス・ローゲンと比べて
身軽 かつ 武術好きのジェイには うってつけの
アクションシーンもかなりあり そしてピアノを弾くシーンや
ハンドルさばきがモノをいうシーンや ラップを口ずさんだり
過去の映画や 歌手ジェイを彷彿とさせるシーンがあちこちに・・・

そして 手先で 小物やボールを器用にグルグルまわしたり
ジェイの出来ることを ちゃーんと映画に生かせていて
この辺り ミシェル・ゴンドリーの演出は◎!

ヒロインとしては 年を取り過ぎだとか 
今回あんまりよくない噂のキャメロン・ディアス 
思ったほどでもなかったけど 正面からのアップ・・・ 
ちょっと下垂気味で アナタ お金持ってるはずだから
もっとどーにかできるはずなのに・・・と チラっと思いましたねぇ 
演技自体は全く悪くなかったと思います

ま 今回 ストーリーや設定にかなり無理がある・・・し
いくらヒーローだからと言って あんなに死人を出していいのか?
警察を巻き込んでいいのか? 

しかも あれこれ能力が高すぎる 一見普通っぽいカトー・・・ 
アナタは一体何者?状態で あんなに凄いのに 
なんであんなノーテンキで○カで 一緒にいると疲れそうな
○カ息子とつるんでいるのか? 双方 そのモチベーションは何?とか

ストーリーに難癖つけるとキリないけれど・・・

ヒーローなりきりもの その前に見たのが良くも悪くも
強烈な”キック・アス”だったので よくも悪くも比べてしまう

正直 途中まで この映画 ”キック・アス”と同じ
マシュー・ヴォーンが撮れば もっと面白かっただろうなぁ・・・と
思いながら見てたけど おぉ~と思ったのは

検事とレストランで会ったシーン 振り返って考えてみると・・・の辺りの
ちょっと社会派めいたシーン ここは監督の力作だなと思いました

そして そこから始まるテンション高すぎる 追跡&ファイトシーン

延々テンション高いので 見終わった時 さすがに疲れました(笑)

正直 誰が料理しても なかなかセンスよくまとめるのは
難しい映画だと思うけど なかなかゴンドリーさんも
健闘してたんではないでしょうか? 

だけど 設定自体がちょっと古臭い 
主人公に魅力なしというのが高いハードルだったなぁという気がします

そして エンディング2曲目で 
LIVEでも いつも大盛り上がりの フーフーハーヒー! 
ジェイの”ヌンチャク”登場! (2001年作品) 
こういう大画面で ジェイの曲は気持ちいい!

天下のソニー・ピクチャーズでさえ 
ちゃんとジェイの曲起用するのに 日本ではねぇ~ 
これが普通でしょう~

ミュージックビデオ出身 音楽好きなゴンドリー監督なので 
ジェイは音楽が本業ということで その辺もちゃんと見て 
ジェイの曲も採用してくれたよーな気が・・・



初来の時は この曲の最後に 本当にヌンチャク 客席にほうり投げてたし(笑)

と 話それましたが そのまんまのジェイで
ハリウッド挑戦 まずは成功ではないでしょうか?

ただ なりきりヒーローものとして 
ついていけるかどうかというと ???な部分もありますね
主人公がノーテンキすぎて ついていけないのも大きいかな

今日の映画:75点

ヌンチャクとくると ついこっちも!



曲自体 私はとても好みなんですねー!
エスニックで 独特の土着感があって・・・

後半 闘ってる女性は 前も書いたけど
ドニー・イェンの妹さんだそーです
[PR]
by acine | 2011-01-25 22:22 | Estados Unidos 米映画 | Comments(10)
e0079992_23172936.jpg

クリスティーナ・アギレラ主演のサクセスストーリー

私 アギレラの曲はさほど知らないけど 上手いのはよくわかる
だけど あの声を張り上げての力技すぎる歌い方はどうも苦手で 
この映画もそーかな?と一抹の不安が・・・
詳しく:シネマトゥデイ

で 始まりましたが まぁ 絵に描いたような
出来すぎた少女マンガのようなサクセスストーリー! 
いい人しか出てこないんですね
しかも意外と狭い世界でしか彼らは生息していないし

とはいえ 冒頭の御大シェール姐御の歌は迫力十分!
そして ほとんど下着状態のキラキラときらびやかで
セクシーなお姉さん方のダンスはド迫力!
ダンスの才能全くなしの私から見りゃ あんだけ
踊りまくれりゃ 本当に楽しいだろうなぁ~と感心!
この辺りは ウキウキと楽しかった!

しかーし やっぱりネックはアギレラで・・・
田舎娘のわりには 妙に自信満々で 私が!私が!状態だし 
ウェイトレスから あっという間に店のトップへ・・・!

e0079992_23365219.jpg


この辺りの華やかな衣装やパフォーマンス
圧倒的な歌唱力は全然悪くないんだけども
心配してた通り これでもか~っ!と声を張り上げる歌は
段々見てるうちに ”バーレスク”の一歌手ではなくて
なんとなく クリスティーナ・アギレラのキャバレーテイストの
ステージを見てる感覚になってしまうのが残念

しかも 有名になりたいのはわかるけど 歌手・ダンサーって 
普段もあんな恰好なんでしょーか? アギレラはセクシーを通り越して
仕事が違う? 単なる○ッチにしか見えないのが勿体ない 

なのに 妙に少女マンガ並みに時折は純粋さを気取る・・・
なんかアンバランスなんだよなー 今更無理でしょ?という感じで
しかも 男! 悪くはないけど あのレベルで妥協するんだな~
あまりもそこは欲がなさすぎる あの選択肢に これは
この人はクラブ歌手で終わってしまうんだろうなー感が漂う

e0079992_23461632.jpg


そんなアギレラが10曲歌って 彼女は1曲で十分対抗できる
いや その遥かに上をいくインパクトがあるのがシェール
一体 彼女はいくつなのか???だけど 伊達に年はくってない
声を張り上げて 胸を見せびらかさなくても 踊らなくても
歌心としてぐっと心に染み その堂々とした立ち姿だけで
見てる側にも強いインパクトを与える あの夜のリハの曲の
素晴らしさと黒いシンプルな衣装の立ち姿のカッコいいことよ!

この差は何なのか? と考えたら 
年の功ももちろんあるだろうけど
歌も演技も引き算ができるかどうかの違いだな・・・と

アギレラも器用にこなしてたけど 
ほとんどの場面で常に足し算状態なので 
見てる方も段々お腹いっぱいになってくるというか
いつもプラス状態だと疲れてくるんだな・・・と思った

これを見てたら ドリームガールズのビヨンセのバランスの良さは
素晴らしかったな~と思いました 同じ歌姫系で 
しかも彼女はライバル役を振られたにも関わらず 
常に声を張り上げまくりのジェニファー・ハドソンより
遥かに印象に残ったし あぁいう引算ができるか否かで
全然見栄えが違うんだなぁ・・・と思ったりして 

しかも 一体いくつの設定なのか 
もう少し若い時に演じた方がよかったんじゃないの?とか 
もしくは さほど有名ではない子で描けば 
もっと新鮮だったのではないかな?と思う

シェールやスタンリー・トゥッチは良かったけど
恋の相手の二人は小粒だし ライバル(そりゃ踊れるだけじゃダメだよ
なのに 辞めずにウロウロして あんたまだいたの?状態だし)が弱い
しかも ライバルの仕打ちが音を落とすくらいじゃーねぇ
出来の悪い少女漫画でも もっと頭使った酷いことしない?って

というわけで けっこう酷評ですが

美しいお姉さん方が歌い踊るシーンは衣装も含めて楽しかったし

シェールの歌だけにお金払っても惜しくはないと思います

なので 余計あの常に足し算なアギレラがちょっとしんどかったです

でも 日本であそこまで出来る歌姫なんて皆無
その辺は単純に凄いよなー!と思いました
ショービジネスのハードルやレベルがもう全然違うというか・・・
プロはプロ! 素人もハッタリでプロになりきるとことか

というわけで 今日の映画:73点

とはいえ 私アギレラのCD 1枚だけ持ってまして(笑)
スペイン語アルバム (お父さんがエクアドル人?とからしい)
この曲はすごくいいんですよー! とても好きな曲 


[PR]
by acine | 2011-01-04 23:50 | Estados Unidos 米映画 | Comments(5)
e0079992_18393123.jpg

今年2本目
行ける時にどんどん見ておくのよ!で・・・

若きジョン・レノンと二人の母
育ての伯母と生みの実母を巡る物語
詳しく:eiga.com

これはジョン・レノン 
そして彼の背景を知らなくても 
ぐーっと引き込まれる人間ドラマ いい映画でした!

奇しくも2本続けて見ることとなった 
キック・アス役のアーロン・ジョンソンがジョン役で登場

今思えば さほど演技力を見せなくてもよかった
オタク高校生のタイツマンより 将来有望なジョン・レノン役
やはりホームグラウンド このイギリスでの
こういう映画の方がぐっと彼は印象的だったと思う

e0079992_18502426.jpg


キリっとしていて 甥のジョンに厳格に
時にはユーモアを持ち 一緒に暮らす伯母が
私の大好きなクリスティン・スコット・トーマス

e0079992_21443599.jpg


そして 今は別の家庭を持ち 音楽や踊りが好きな
幾分ハスッパな感じのするな母親がアンヌ・マリー・ダフ 
 (彼女はジェームズ・マカヴォイの奥様)

この3人の 時にはほっとする
時にはぴりぴりする 時にはひりひりする
繊細な感情が行き交う様が見ごたえたっぷり!
3人とも出すぎず 控えめすぎず コラボが見事だった

親代わりに育ててくれた 伯母のクリスティン
そして やはり恋しく思う 実母のアンヌ
二人の母の狭間で ジョンは悩み 
成長をしながら 音楽の道へ進むこととなる

(多分)労働者階級であろう ジョンの家 
そして 母の暮らす家 壁紙とかカーテンとか
家のレンガまで とてもイギリス的

そして 彼らの服装 女性は家でもきっちり装い
高校生のバンドでさえ ちゃんとジャケットに白シャツ、リボンタイ
そして ビールに紅茶 とてもイギリス的なアイテムが
ちりばめられ そして音楽! やっぱり凄くイギリス的な映画

イギリス映画らしく 堅実 地に足がついていて
落ち着いて見れる 秀逸な人間ドラマだった

しかし ○が亡くなり バンド仲間を責めるシーン
ポールに殴りかかるシーン その後 伯母とのシーン
泣けました・・・ いや 泣きました

ジョンは悩んだかもしれないけど 
決して孤独だったわけではない・・・ということ
彼のことをこんなに愛してくれる伯母と母がいた

だからこそ 同じような境遇のポールとそれをバネにして
世界へ打って出れたんではないかと思った

これはイギリス映画 イギリス好き 音楽好きな方には
是非見てもらいたい・・・ですね~

今日の映画:83点

この映画を作った女性監督サム・テイラー=ウッド と
主人公のアーロン・ジョンソンは婚約してて
子供も生まれたとか なんと年の差 23歳!
アーロンくんは弱冠20歳で子持ち すごー!

しかし この監督もとても才能あると思う
フォトグラファー出身らしいけど デビュー作で
これだから 映画監督としてもバッチリだと思います

そして 思わぬ負傷
[PR]
by acine | 2011-01-02 18:58 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(0)
e0079992_17564580.jpg

3ヶ月半ぶりの映画館!
そして 今年1本目がこの映画

内容はさして知らない 見に行った理由は 
マシュー・ヴォーンが監督だから それだけ

あのレイヤー・ケーキのマシュー・ヴォーンなら
見ないわけにはいかない 詳しく:eiga.com

冒頭のシーンから 彼らしいスタイリッシュさ
音楽のセンスの良さ 全開!

今回はアメリカが舞台ということで
かなりアメカーンな出来になっていたけど

監督、主人公ともイギリス人 そしてマフィア絡みの
”レイヤー・ケーキ”でも見かけた強面の面々
そして そんな奴らが倉庫やボスのオフィスでたむろってる
姿はまるで レイヤーのマフィアたちを彷彿とさせる感じ

何の特別な能力も持たない その辺のオタク一高校生が
ヒーローになれるのか? なれるものなのか?
その過程を描いたもので なんとなく”スパイダーマン"を
イメージしていて お子様向け?みたいな題材だけども

e0079992_1810236.jpg


見ていたら これは安易に子供は見ちゃあいけませんわなー

児童虐待? 大人虐待? 暴力シーン 殺戮シーン 
アクションシーン そりゃもう本気で 見てて
物凄く痛そうだし ハンパじゃない位 残酷極まりない

モラルすれすれというか モラルなんてもの ないも同然
確信犯というか わかりきってやっているのが潔い

こういうことをすれば 半端じゃなく痛いんだぜ
半端じゃなく残酷なんだから ということを 
きっちりと描いた 一味変わった 
でも ある意味王道の素人ヒーロー成長物語

相手がとんでもない大ダコ(スパイダーマンじゃなかったっけ?)
とか 超人ではなく マフィア=人間というのも等身大でいい

真面目一辺倒では 全く無くて
おバカなホルモン全開男子高校生の日常
おマヌケな笑えるシーンやブラックな笑いも散りばめられて 
あちこちから んなわけねーだろ的笑いが起こりまくってました

イケてない風を装って きっちりコスプレすれば
さほどカッコ悪くない 主人公キックアス・役ののアーロン・ジョンソン
しかし キック・アスのコスチュームは 中学生の体操服のような
ポリエステルっぽい素材感で フィット感もない(笑)

当然ながら 特別な能力もないから 
ビルとビルの間を飛べるわけでもなく 
オモチャのようなヌンチャクでさえ 持てあまし 
結局 ボコボコに殴られ 果ては刺されて コスチュームのまま
救急車に乗せられ病院へ・・・ やられ放題の自警団ごっご
なのに このネット時代 巷の人気者になってしまうこのギャップ!

e0079992_1885685.jpg


そんな中 出会うのが ビッグ・ダディ&ヒット・ガール父娘
その娘ヒット・ガール役 クロエ・グレース・モレッツ 
このクロエちゃんがかなり凄い! タイトルがキック・アスより 
ヒット・ガールでもいいんじゃないか?と思う位

中途半端なキック・アスでも 本物だと確信するこの父娘
冒頭シーンから なんてイカれたクレイジーな父娘なんだ!?と
誰もが驚くシーン その父親がニコラス・ケイジ
やってることはさほど間違ってないと思える信念と漂うクレイジーさ
ひさびさにニコラス・ケイジ いいなと思いました(笑)

しかし いくら 悪いことをされたからとはいえ
復讐になんでもやってもいいってわけじゃないんだぜ
そのためには失うものもデカいんだぜ それでもいいのか?

という 現実的で 社会派な側面も持ちつつ
確信犯のやりたい放題 そんな中に マシュー・ヴォーンらしい
スタイリッシュさ ジョークも交えつつ とにかくスピーディに
一気にエンディングまで 突っ走る映画
妙に笑えるシーンも多く 独特の仕上がりになっていたと思う

なんとなく ダークナイトや ウォッチメン とかともつながる世界観
今回 主人公が高校生と子供ということで 
もっとポップ(死語) だけど 容赦なくシビアという感じで

なんとなく 続編もどんどん出来そうな感じのこの映画
ジェットコースタームーヴィーでした

マシュー・ヴォーンはジョン・ウーも好きなのね

それにしても この映画 大人気で 見た回は立見まで出てました

全然知らなかったけど ブラッド・ピットがプロデューサーなのね
ガイ・リッチー絡みのラインなのでしょーか?
そして マシューの奥様はクラウディア・シファー
意外と マシュー・ヴォーン セレブな監督だったりして

ひつこいようですが 私は彼の”レイヤー・ケーキ”が大好き!!!
ダニエル・クレイグを見染めた映画

あぁいう犯罪映画 そしてファンタジー 今回のようなアメコミ系
いろんなジャンル撮れる人なんですね~

今日の映画:78点

エンディングテーマ 凄くかっこよかった
メタル命な頃の私なら 即DLしてるな(笑)
[PR]
by acine | 2011-01-02 18:36 | Estados Unidos 米映画 | Comments(4)

2011年!

e0079992_10201648.jpg

明けましておめでとうございます!


皆様にとって 健康で素晴らしい1年になりますように!

そして Mi cinema log もよろしくお願いいたします

今年もマイペースでボチボチとできたら・・・と思っております
そして 映画館にも行けるといいなー (切なる願い)
そして よい映画に出会えるといいなーと思ってます

年明け早々 楽しみなのは

↑ のジェイ・チョウ ハリウッド進出作 グリーン・ホーネット



監督がミシェル・ゴンドリーということで 
一体どんな感じなんだろう?

予告編見る限りでは ジェイの登場シーンも多そうで楽しみ!

見た目はいつものイケてない系ジェイ 
(言えない秘密的というか 音楽やってる時の
ジェイよりかなりおとなしめで オーラ隠し気味)

だけど いつものジェイと変わらず 言葉だけが英語
でも英語になってもちゃんとジェイの普段の喋り方と一緒なのがいいね♪
確か英語は得意ではないはずだけど とっても自然じゃないですか~? 
素のままで(と言っていいのか?!)正々堂々と
勝負に出てるのは潔いではないですか!

フランス人監督に 台湾のジェイ 
でも とってもアメリカーンな仕上がリのこの映画 
まずは見てみたい・・・!ですね~

あと 最後に少しだけ自慢させてください

ウディ・アレンの次なるミューズについて
それでも恋するバルセロナのコメント欄 
下から5番め takasさんへのレスにて 予想を書いてましたが
それが当ってたことに 最近気が付きました・・・! 

では 今年も楽しいお付き合いよろしくお願いいたします!
[PR]
by acine | 2011-01-01 00:10 | comunicacion 連絡 | Comments(4)