Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

カフェ・ソサエティ

ここ数年、何作か見逃してるウディ・アレン映画
今回は古き良き時代のハリウッドとNYが舞台ということで
オールドファッションな彼の演出にピッタリな雰囲気
主人公のジェシーはどうも冴えない雰囲気で好きじゃないけど
この映画の主人公にはピッタリ
個人的には運命の女役だったクリステン・スチュワートが
すごく良かった 儚げだったり、肉感的だったり、
いい意味でコロコロ表情を自然に変えて 初めて見たけど
上手い女優だなと思った 美しい彼女の存在感にぐいぐい引っ張られる
そして ユダヤ系家族の考え方や古き良きハリウッドや
Nyの風景、ファッション、映画業界も魅力的だった 
毒はあまりないけど こういうほぼ平和なのもいいかも

[PR]
# by acine | 2017-06-14 21:17 | Estados Unidos 米映画 | Trackback | Comments(0)
トレインスポッティングから早20年!
噂は聞いてたものの ホントに続編できたんだ~!と
びっくり そりゃ見ないわけにはいきません

20年たっても ちょっとマトモになったかのように見える
ユアンは別として エデインバラに残った面々は
なんともな・・・生活をいい歳して送っている
若くない分 救いようのない情けないストーリーを
一体どこでどう落とし前つけるのか? 
どこへ向かって行くのか?と思いつつ 
若かった頃のシーンがフラッシュバックしつつ
いい歳した面々が仲間割れしつつ 寝返りながら 
相変わらずの彼らの姿を見るのは悪くない・・・

細かったユアンもいい体格になり 皆それなりの
いい歳になったものの 違和感なくそのまんま20年後を
演じてるのは 一種俳優として理想かもと思えた

今回印象に残ったのは 前回もおどおどしてたけど
今もおどおどしつつも ユエン・ブレナー 彼は良かった!
音楽も前の方が強烈だったけど FGTHのRelaxは良かった!
まさか20年後にこんなものが見れるとは思わなかったので
あんな内容にも関わらず 嬉しかった
ダニー・ボイル なかなかいい仕事してました


[PR]
# by acine | 2017-04-30 22:56 | Inglaterra イギリス映画 | Trackback | Comments(0)
完璧マイケル・・ファスベンダー目当て
ストーリーも面白そうかも?!
囚人のマイケルがアサシンとなり
古代アンダルシアへタイムトリップ
(と言っても、意識のみ?マトリックス状態)
歴史を変えることができるか?という内容
エンディングで ゲームが原作と知り
なーんだ!?とかなりガックリ・・・
マイケルはよかったけど 見て早2ヶ月位?
内容あまり覚えてません・・・
ゲームが原作はどーも頂けませんな

[PR]
# by acine | 2017-04-30 22:44 | Estados Unidos 米映画 | Trackback | Comments(0)
ウィーン美術史美術館の
大規模な改装工事を追ったドキュメント
収蔵物、建物、そしてそれを扱うスタッフたちを
追うカメラ・・・普段目にすることない世界なので
興味深く見てたものの またまた半分位寝てしまった!
各々がウィーンとハプスブルグ家、自分たちの仕事に
誇りを持ち取り組む地道で高貴で落ち着いた佇まいが印象的だった
スタッフを追う時の各展示室、ホールの内装、
窓の外にちらっと写る豪華で歴史を感じさせる建物たちが
ウィーンの歴史の重厚さを感じさせるものだった
ちらっと見てる景色があんな風だと働く人間も
高貴で落ち着いた人間になれそうな気がした


[PR]
# by acine | 2017-02-15 10:13 | Europa  ヨーロッパ映画 | Trackback | Comments(0)
3年ぶり?のアルモドバル映画
ストーリーテラーぶりは相変わらずだけど
思ったよりいい意味でストレート ひねりは少ない
失踪した娘と母 母と父 
何かあったんだろうなぁと思わせる今のジュリエッタ
そして若くてキラキラしていたジュリエッタ
若い頃のジュリエッタ役の女優さんがすごく魅力的だった
そしてスペイン北部の港町 マドリードの街  太陽溢れるアンダルシア
やっぱりスペインいいよなぁ・・・と思わせるいい意味での土着ぶり
エンディングは珍しく?ハッピーエンド
毒は足らないけど 平和なアルモドバルも悪くない

[PR]
# by acine | 2016-12-05 22:12 | España  スペイン映画 | Trackback | Comments(0)
昔は恋人同士だった伝説的ダンサーの
マリアとファン・カルロスを追ったドキュメント+創作映画
結婚には至らなかった二人の愛と憎しみ
何があってもダンサーとしてお互い認め合う二人
円熟味たっぷり 人生のわびさびたっぷりの映画だった
独身のままのマリア 家庭を持ったファン・カルロス
近寄ったり 離れたり 交錯したりする 二人
なんだかんだ言っても ペアとしては最高のペア
それにしても タンゴはなんて官能的で哀愁が漂うんだろう




[PR]
# by acine | 2016-10-20 22:02 | Sudamerica  南米映画 | Trackback | Comments(0)
アイルランドからニューヨークへ移住した娘の物語
天才子役だったシアーシャ・ローナンもすっかり大人の役者に
なったものの、透明感のある美しさ、凛とした雰囲気は健在
アイルランドに残した母、姉のことを思いながら
慣れないニューヨークで自分の道を歩み恋をする・・・
姉の死で戻ったアイルランドで揺れ動く心にハラハラするが
良かった・・・とほっとするエンディングだった
デパートで働くシアーシャや周りの女性たち 
街ゆく人たちや港で見送る人々 ファッションもとても
素敵で雰囲気があった 静かで愛のある移民物語


[PR]
# by acine | 2016-09-28 23:13 | Inglaterra イギリス映画 | Trackback | Comments(0)