Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧
ピーター・チャンもいろんな映画撮れるのね
これもある意味 ジェットコースター映画
どこに着地するのか 予測がつかず
独特の味わいがあるアクション・ミステリー
何と言っても ドニー・イェンがいい
いい演技するよね~ アクションはもちろんドラマ部分も
バッチリ 奥さん役のタン・ウェイもバッチリ
かたや武くんは中年の香りが漂いまくってきた
演技的には伸びてるのかどうかよくわからん・・・
やってることもはた迷惑すぎること多くて困惑
しかし 不思議な味わいを持つ映画だった

11.07 81点 
[PR]
# by acine | 2012-08-08 19:09 | Asia アジア映画 | Comments(0)
カルロス・サウラのドキュメンタリー
シンプルに唄・ギター・踊りが綴られていく
光と影 情 歌い手・ギター・踊り
全てが情感深く  情念そのもの
スペイン好き アンダルシア好き
フラメンコ好きにはたまんない映画
アーティストの佇まいも粋で
女性たちの衣装やアクセサリーも素敵!

11.07 80点
[PR]
# by acine | 2012-08-08 19:00 | España  スペイン映画 | Comments(0)
濃いー!濃いー!濃すぎるー!
見るのにすごいパワーいる映画でした
ここ数作のアルモドバル映画が妙にあっさり
してたと思える位 原作があるにせよ
このストーリーテラーぶり! あっぱれです
一体 この映画はどこに行くのか?!
読めなくなるジェットコースター映画
やっぱりバンデラスもスペイン語が絶対いい!
ヒロインの肌の秘密にはあっと驚く
だけどそこまでするか~?!
モラルスレスレなとんでもなく凄い映画!
見終わって ぐったりしました

11.06 82点
[PR]
# by acine | 2012-08-08 18:40 | España  スペイン映画 | Comments(0)
いかにもおパリは素敵!観光風オープニングから
気楽に見れた楽しいアレン映画
ギルが見た夢のレトロなパリは爺の夢でも
あったんだろうなぁと思う
しかし 皆また英語を喋って都合よすぎ
いかにもアメリカンな嫁 私ならギル同様
マリブよりはエスプリ香るパリへ残りたいな
爺の都合のいい夢物語@パリ 楽しかった
爺が出てないからいいのね

11.05 80点
[PR]
# by acine | 2012-08-08 18:27 | Europa  ヨーロッパ映画 | Comments(0)

ログとして復活 ?

おひさしぶりです

暑い毎日が続きますが
お元気にされてましたか?

昨年の年末を持って 終了したはず・・・でしたが

先月 なんと1年ぶりに映画@映画館という体験をし
やっぱり映画はいいなぁ・・・と思いました

で 模様替え 自分の覚書がわりにここを使おうかと・・・ 
そして文も短文にてシンプルに 

そして お喋りしたい方がおられたら
遊びに来てもらえばいいかな・・・と思って
暫定 再開してます

なかなかお邪魔することできない
& コメ頂いても タイムラグ有も多いと思うのですが
それでもいいや!という方 遊びに来てください
続けられるかな~?
[PR]
# by acine | 2012-07-05 22:53 | comunicacion 連絡 | Comments(0)

ありがとうございました

e0079992_1182541.jpg

おひさしぶりです

特に今年はとにかく仕事に追われまくりで
なかなか映画が見れない状況でして・・・

決して映画が嫌いになったわけではないんですが
見る&UPする気力・体力・時間もなく・・・でして

中途半端にここを放っておいてもなぁ・・・
そういう機会なのかもしれない・・・

きりよく12月末を持ちまして 閉めさせてもらおうと思います

長い間 本当にどうも有難うございました!

その時々で(私の)勝手な盛り上がりに付き合ってくださって

そして 楽しいお付き合いをどうも有難うございました!

前のブログから そしてこのブログから
お付き合いさせて頂いたリンク先のみなさま

本来なら ご挨拶に行くべきなんですが
これまた余裕なしということで こちらでの挨拶にて・・・

皆さまもよいクリスマス&よいお年をお迎えくださいませ

*12/29追記*

コメント&TB欄は12月末をもちまして閉じますが
記事は3月末まで見て頂けるようにします
[PR]
# by acine | 2011-12-21 11:19 | comunicacion 連絡 | Comments(22)
e0079992_21102562.jpg

マイカルト映画の一つ
”アナとオットー”が念願のDVD化!
どうしても手元に置いておきたくて 買っちゃいました

久しぶりに見たけれど こんな季節にピッタリの
ひんやりとして涼しげで ほどよくウォームなこの映画
やっぱり 買ってよかった~!と思いました

詳しく:Amazon 1回目感想

e0079992_2137553.jpg


スペイン北部とフィンランドの北極圏
そして アナとオットー 二人を取りまく環境 
ひとたちが ぐるぐると 輪になって つながっていて

平和で幸せな時もあれば 
何故か 離れないといけない時もあって

まるで 寓話のように ふわふわと漂う  
その クールでウォームな世界観の
さじ加減が絶妙だと思う この映画

森の中で走る 木にひっかかる人間
紙飛行機 メモ用紙 写真 ドア 窓
スペイン人 ドイツ人 フィンランド
映画の中のモチーフたちも あちこちで
登場したり すれ違ったり また出会ったり・・・

なんとも詩的な映画だと思う

e0079992_21385614.jpg


前からでも後ろからでもスペルが同じ名前の
アナ オットー の視点から描かれる
まるで プライベート回想のような映画なんだけど
決して退屈ではなく じっくり見入ってしまう

子供時代 父を亡くしたアナが 
       頼りにすることにしたオットー

少年時代 一緒に家に住むことになり
       キラキラとヴィヴィッドに描かれる恋心

大人になり より離れられない気持ちを持ちながらも
        離れてしまい でもお互いにいつも
        気をかけている 忘れられない・・・

だからこそ そんな二人が フィンランドで
静かな余韻を残す エンディング・・・ 

静かで美しい いい映画だと思う

二人と親たちが過ごした家が まるで人間のように
その時々で 生き生きとしてたり ちょっと寂しげだったり
その家と人間の描き方もさりげなく 共存してていい
個人的にこの家・・・すごく好み!

e0079992_21422295.jpg


そして フェレ・マルティネスとナイワ・ニムリがいい!
子供時代&少年時代の役者もすごくいい!

今回見て思ったのは 映画によって 
ガラっとイメージ変わる フェレの美青年ぶり 
(若かりし頃のエリック・マーティンと似てると思った)

そして ハッキリ顔の個性派美人の
ナイワの喋り方とその声! 生まれ変われるなら 
私はナイワかシャルロット・ゲンズブールのような 
喋り方と声が欲しい・・・! 
柔らかくて本当に心地いいんだもの

スペイン映画 常に思うことだけど
地に足が着いていて 落ち着きがあるんだよなぁ

というわけで マイナー作ゆえ
何のこっちゃ?な感想で 失礼しました

決して派手さはないけど 
どこか 何故か 心に残る映画なんです

縁がないと思ってた フィンランド
今年 友達が嫁入りしまして あっちに住むようになりました

この映画に出てくる 彼の地の風景見ながら
○○さんも こんな中で暮らしてるんだな~
そーいえば  バカンスで行ったという
北極圏の写真も送ってくれたよなぁ・・・

なんて 遠く離れたところに住む友達を想いつつ・・・

今日の映画:80点
[PR]
# by acine | 2011-07-13 21:43 | España  スペイン映画 | Comments(6)