Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:エレン・ペイジ ( 2 ) タグの人気記事

e0079992_0183614.jpg

ドリュー・バリモア監督 
エレン・ペイジ主演のガールズムーヴィー

何度か書いてますが 私はドリューが大好き!
そして この日本版ポスターのエレンが物凄く可愛かったので
これは見なくっちゃ~と思ってました

いやー 爽快で後味よくって エレンは可愛いし
ドリューの監督ぶりもバッチリで 久しぶりの
ジュリエット・ルイスまで見れたし 楽しかった~!

女性監督が作った ガールズ映画のなーんて楽しいことよ~!

やっぱり女のことは女が一番よくわかってる・・・!
という感じの爽快でちょっとホロリとさせられる 
すごく楽しい映画でした
詳しく:シネマトゥデイ 

もーなんと言っても  ジュノ同様
小柄でちょっとペチャっとしたファニー顔のエレン・ペイジの可愛いことったら!
彼女の魅力でエンディングまでしっかり走る感じ

大柄で怖げな格闘技系の姉さん軍団に混ざっての
ローラーゲーム 彼女の可愛さが自然に浮き上がってくる感じで
いい意味で彼女のプロモーション映画と言っても過言でないかも

e0079992_0272220.jpg


いかにもアメリカのどこにでもいそうな女の子なんだけど
エレンは上手く演じてて 単に普通っぽくって可愛いだけじゃない
その年代なりの深みというか 自然に彼女なりのポリシーをどこかしら
感じさせてくれるような演技は 上手いなーという感じ

ジュノも この前のインセプションも 彼女は良かったけど
この役こそ 多分等身大の彼女に一番近い役かもな~という感じで
とにかく可愛い彼女をニコニコして見てしまう・・・という感じでした

e0079992_0481822.jpg


ちょっとハズし気味のガーリーテイストやシンプルなロック系の恰好も
いつも可愛くて あぁ 私がこんな小柄で可愛い10代の女の子だったら
こんな恰好したいわぁ~! と思って見てました(笑)

そして 彼女と母 彼女と父 彼女と親友 彼女とBF
そして ローラーチームの仲間 ライバルとの関係も見てて
この辺りも サラっとしつつも 自然に程良く深みもあり
だけど重くならない いかにもドリューらしい采配が
凄く冴えてて 見ていて気持ちがよかった

e0079992_046399.jpg


ラモーンズ他 ちょっとマニアック系のロックガンガンの中滑る彼女たち 
年代は様々なんだけど 彼女たちの素敵なことー!
ゴツくて ゴスで まるで女子プロか?女ハードロッカーか?
みたいな人も多かったけど 彼女たちの潔さもカッコよくて
女スポ魂ものって楽しいなー! とワクワクしました
監督ドリューもエレンと同じチームで体張ってました

このロックガンガンな試合シーンや裏舞台
いかにもアメリカンなノリと 怖げな集団の人間臭いとこ 
どこかレスラーの試合のノリ レスラーたちの生態と
相通じるとこあって ↑ の映画の試合シーンも 
ものすごく楽しかった私にはワクワクもんでした

もしくは 単に音楽ガンガン 単にロックガンガンの中
躍動する人たち・・・に私が弱いだけかもしれません(笑)

ストライパーTシャツ(!)の存在も効いてたし
こういう音楽&ロック的要素が同居するのも
ドリューの趣味なのかな~? 私の趣味とも合うわ~

e0079992_0472341.jpg


久しぶりのジュリエット・ルイスー!
ベニシオと出てたB級誘拐映画(タイトルさえ忘れた)見て以来で
それなりの年月を重ねてたけど (顔 梅宮アンナと似てたな~)
ヒールっぽさに磨きをかけた感じで こういう路線でもいいから
またどんどん映画に出てほしいな~と思った

そして イカつい顔して 自分の夢と娘を重ねて
”美人コンテスト”にこだわる母 マーシャ・ゲイ・ハーデンもよかったし 
お父さんもよかったし 親友もBF役 そしてコーチ 
チームの姉さんたち ライバルチームの姉さんたち 皆ハマってた

何にしろ 女性監督のガールズムーヴィーはこんなに楽しい!と
いう お手本のような映画だったと思う

ガールズムーヴィーであり 家族の映画であり
そして これは女たちの映画でもある! という感じで

キュートで ウォームな視線で 見るとこちゃんと見てる
ドリューの持ち味がしっかり生きてる映画でした

彼女の監督作はこれからも期待できる!と確信
私はとっても好みでした

ベッカムに恋して が好きな人だったら (=私!)
この映画も 絶対気に入ると思う 
↑ もやはり女性監督によるガールズムーヴィーでした

今日の映画:83点
[PR]
by acine | 2010-08-15 00:48 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)
e0079992_19261392.jpg

予告を何度か見て テンポがよくて なかなか面白そう
そして あの サンキュー・スモーキング と同じ監督ということで 
これは見ておこう!で見ましたが・・・ 
詳しくは:シネマ・トゥディ

↑の通り 16歳の高校生の女の子ジュノが予期せぬ妊娠をしてしまう
それにまつわるストーリーなんだけど・・・

オープニングのアニメーションの街を歩く
エレン・ペイジ演じるジュノの姿にまずは引き込まれ・・・

そして アメリカ的感覚と日本的の感覚の違いに ???と驚くのだ

冒頭の妊娠検査薬を 街の雑貨屋に買いに行って
口の悪い店員の男相手に 妊娠したというのがバレバレな会話をするジュノ

その1:こんなどーでもいい 赤の他人に
     堂々とバラさなくてもいいんじゃない?!

そして バンド仲間の相手ブリーカー 友人 家族に告白
中絶を諦めて 生むことにしたけど 育てることは出来ない・・・
なので 自ら里親を探し 交渉成立まではいい

そして 段々と大きくなるお腹を抱えて ブリーカーの家に行くんだが
彼の母親は何も疑ってない というか 何も気にしてない・・・

その2:いくら自分たちで解決するとはいえ 自分の息子にも責任あるのに
     あんなに他人事でいいのか? ブリーカーの母親よ!という感じ
     ジュノのお腹が大きくなった原因を考えないのか~?!
     アンタの息子も加担してるのにね・・・
 
そして 妊婦ながら 堂々と学校へも行くジュノ

その3:あぁいうのはアメリカでは まわりも誰も気にしないんだろうか?         

e0079992_20142231.jpg


普通 中学生や高校生の妊娠なんて 
日本じゃウェットになってしまいそうなのに
(今は違うか~?!) 悩みつつも あっけらかーんとして 
毒舌トークを連発するジュノ そのとりまく環境に 
こんな世界もあるんだな~と ウェット気味日本人はそう思う

そんないかにもアメリカーンなこの映画の世界で生きる
主人公ジュノを演じる エレン・ペイジがとても可愛い!
生意気で 素直で 毒舌トークをぶっ放すジュノが
この映画で 自然に存在できるのも 彼女の存在感があってこそ

アカデミー賞を取ったという脚本は 確かに面白いけど
ジュノの16歳にしては 余りにも達者すぎるシニカルなトークは 
かなり行き過ぎ感もあったりして そこまで言うか?!と 
段々 嫌味ったらしく聞こえてこないこともない・・・
そして 例の夫婦の夫と繰り広げられる 
かなり気の合った 余りにもオタク的会話にも(笑)

だけど 養子縁組をする夫婦とのある日をきっかけに
毒舌なジュノが消えた辺りのエレン・ペイジは本当に可愛くて健気で
台詞のやりすぎ感ありでなーんか嫌だな~と
思ってた世界から いい具合でこっちを引き戻してくれた

e0079992_20145453.jpg


いろいろとジュノと絡む理想の夫婦も妙に心に残る・・・
理想的に見えて どこか無理があるカップルで 最後には案の定・・・
あまりにも子供が欲しくてシリアスになりすぎて 綺麗なのに
美しいを通り越して怖さまで感じる 妻役のジェニファー・ガーナー
(若い頃のジュリア・ロバーツに似てるけど ちょっとジュリエット・ルイス風味も)
だけど 彼女のあの真剣な思いは なかなか男にはわからないだろう
でも あんな風にストレートに来られると あの旦那のように
きっと男は怖くなって 逃げ腰になるのもわかるような気がする

e0079992_2016167.jpg


そして 成り行きで子供を作ってしまった若い二人・・・
↑のあたりのシーンから この二人が本当に可愛い
気持ち悪く思えてたブリーカーまで なんとも可愛く思えてきて
出産後のシーン 思わず涙が湧きそうになったし ラストのあのシーンも後味いい
毒舌じゃない時のエレン・ペイジの方が実は見ものだと思う

ジュノの父親(凄くいいお父さんだ!)や継母、親友も
突っ走りがちなジュノをしっかり支えて 周りはいい人ばかりというのも
これまた映画的なんだけど これはこれで悪くない
念願の母親となったジェニファーの行く末が心配ではあるけれど・・・

やりすぎ感のある 主人公のシニカルな毒舌トークの中に 
正統派のストレートな演出がチラっと混じってるのが 
とっても効果的で いい大人がほろっとさせられてしまう
大人のための高校生妊娠映画という感じもする 

今日の映画:79点
[PR]
by acine | 2008-06-17 19:48 | Estados Unidos 米映画 | Comments(8)