Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:クライヴ・オーウェン ( 2 ) タグの人気記事

e0079992_19461875.jpg
これも監督買い映画

監督がトム・ティクヴァだから・・・ 
※トム・ティクヴァ作品:パフューム ~ある人殺しの物語~
   この映画は圧巻です ↑

意味不明な邦題より 原題の方が当然ながら ストーリーの核心に近い
ルクセンブルグにある国際銀行と 国・軍事産業・インターポールが絡み合う
小難しい映画かと思いきや ストーリーはシンプルでわかりやすい
詳しく:シネマトゥデイ

一言 地味な映画
トム・ティクヴァ 程よいテンポ 静けさ 
人間の奥底がチラつくタイプの映画だった

e0079992_19455891.jpg


その国際銀行の裏側を追う捜査官がクライヴ・オーウェン
いぶし銀の演技でとても安定していた
それまで全然と言っていいほど 興味がなかったクライヴ
去年のエリザベスで見て こんなにカッコいい人だったんだ?!と
ビックリしました 今回も大人のいい男っぷり健在!
デコデコした顔で 一見派手さはないのに かと言って 
決して地味ではない 大人の華やかさを持っている人だ
長身で立ち姿も絵になる この人がボンドでも凄くハマるだろうなぁ・・・

そして 予想が当たってしまった ナオミ・ワッツ
私はどうも彼女の演技や喋り方が生理的に合わない

今回も役柄のせいか 彼女の演技不足か
NY検事局でバリバリ仕事してる人にはどの場面も見えない・・・
彼女が出てくる度に 格好ばかり気にしてそうで
こういう系統の仕事を職業にしてる女じゃないよね
仕事できそうなタイプじゃないよね・・・と

一言 女優としても平凡
特徴がない 下手じゃないけど 上手くもない
クセがあるわけでもない 特別綺麗 スタイルが
いいというわけでもないし どうも没個性
今回の検事局の役はミスキャスト 

仕事に力入れてるより どういう風に自分がカメラに
映るかの方が大事という感じがしてしょうがなかった
彼女が出てくると 妙に画面の空気も緩くなって
彼女が出ない方が 男ばかりでストーリーを追った方が
映画は引き締まったと思う

という せっかくクライヴやトムの描くシンプルなストーリーは
悪くないのに ナオミがどーもね・・・という感じで 
居眠りしかけてたら NYのグッゲンハイムのシーン・・・

その激しさに 今までのストーリーをすっかり忘れて
しまいそうになって 一抹の不安を覚えたら・・・

そのあとは望んだ通り 男の世界になったので一気に集中!

あの地下室の老人とクライヴのシーンからは映画自体も
ぐっと引き締まった感じがして 終盤は良かったと思う
あの地下室の話も ドイツ人の監督ならではの視点という感じだし
正義一辺倒のクライヴに対し あの訥々と語る老人の話も確かに正しい

しかし いくら裏を暴こうとしても 暴けないルールがある
儲ける人は儲ける 不正と知りながら 
それを追及しない世界の国々 なんとも難しい世の中だと思う 

とにもかくにも ナオミがいなければ もっと点数が上がったと思う
よって 映画としては 何とか劇場で見る価値ありの及第点スレスレという感じ

e0079992_19473918.jpg


だけど この映画 まったく予想してなかったのが
007より スゴいんじゃない?と思わせる ロケーションの豪華さ
ベルリン、ミラノ、リヨン、ルクセンブルグ、イスタンブール、NYなどの
街の景色や街並み そして建物とインテリア・・・
オフィスの内部なども どれも素晴らしかった!

街&建物フェチの私にはたまんない景色がいっぱい
散りばめられていて おぉ~!カッコいい!の連続でありました
ついでに言うと 欧州なので 当然ながら
欧州車が一杯そこら辺を走ってるのも素敵!

そういえば 今までのトム・ティクヴァの映画も
こういう風景やアングル ロケ地の活かし方がとても上手い

ただそこへ行って撮りましたとか 
このアングル凄いだろう! というこれみよがしでもなく 
その街の空気感をさりげなく 景色や建物の持つ美しさを
ありのままに端正に切り取ることが出来る人

こういうロケーションと共存する映画 
ロケーションが生きてる映画 私はとても好き! 
それだけで ポイントが上がる

というわけで クライヴ:〇 ナオミ:× ストーリー:△ 街:◎

今日の映画:70点
[PR]
by acine | 2009-04-08 19:41 | Estados Unidos 米映画 | Comments(8)
e0079992_23465693.jpg

コスチュームものが続きます

待ってました! ケイトのエリザベスの2作目

1作目で とにもかくにも 私は女王様を演じていた
ケイト・ブランシェットにハマりました

あの貫禄の演技と 朗々とした台詞まわしに感嘆!
以来 もう大大大好きな女優になってしまいまして
私は彼女の為なら いくらでもひれ伏す!
あの年は 何でグウィネスが主演女優賞をもらったのか 
とにかく不満でしょうがなかった私 あれからずいぶん年数がたって
いるので 1作目のストーリーほとんど忘却の彼方なんですが・・・

今回は無敵艦隊スペインとの戦いを絡めての私的なストーリー
そんなわけで 歴史上起こった出来事の割には 
割合小粒なストーリー展開だな~と思ったのが事実

それにしても あの時代 大英帝国の長に果敢に立つ女エリザベス
威厳があって カリスマ性たっぷりだけど それはあくまでも対外的なもの

一人っきりになった時の彼女の孤独感と言ったら・・・!
比較的平和な時代の同じ名前のエリザベス とは
同じ女王でも 全然違うような気がする

ヴァージン・クィーンと呼ばれ 華麗な衣装を身にまといながら
立派で華麗ながら 息がつまりそうな ゴシックの建物の中で過ごす
その生活と言ったら まるで修道女のようにストイックで
欲や欲望なんて シャットアウトしている様は 神がかっているものの 
見ていて 余りにも人間離れしていて気の毒になる位だ

しかも 攻めて 攻め込まれての時代・・・
自分の国が負ければ 敵国の牢屋で最後を迎えるという悪夢と
背中合わせなんて 凡人の神経には耐えられないと思う
しかも彼女は女  男だとしてもこんなキツい仕事はないだろう

e0079992_045537.jpg


そんなエリザベスを演じるケイト 贔屓目ではなく もうすんばらしい出来!
彼女の一挙手一動 その声 その立ち振る舞い 目が離せません
緊張感のある空気に 朗々と響く彼女の声にも 惚れ惚れ
しかも 1シーンとして 彼女の演技に不満なシーンはなし
ちょっと怖さまで感じる 能面のような白塗りの顔から
ただの人間に戻る場面もよかったし 怒るシーンや
激情するシーンの彼女の表情の美しいことったら・・・!
ラストの辺りなんて 孤独と威厳が 入り混じって 
まるでオーラのあるマネキン? いや神? もはや同じ人間とは
思えないような 不思議な存在感 オーラを放っておりました
やっぱり凄い女優だわ・・・と ますますケイトラブな自分を確認致しました
どうでもいいけど あの首周りのプリーツ・・・凄く気になったりして

e0079992_0172767.jpg


気の毒になる位ストイックに生きるエリザベスの前に現れるのが
クライヴ・オーウェン演じる 船乗りのローリー
興味があるくせに侍女に近づかせたばっかりにあぁ・・・
実は 今までまったく彼の映画とは縁がなくて 
初めてジックリ見たのだけど いやー これまたいい男だわね~! 
テイストとしては やっぱりUK一派のジェラルド・バトラーとも通じる 
いぶし銀の魅力のある可愛げのある大人のいい男ですな~
決して派手ではないのに 彼の出るシーンは妙に華やかな
ドキドキするような空気が醸し出されておりました 存在感ありますね~
今まで ニコラス・ケイジ似のもっさい人(?)なんて 思い込んでおりました

そして 脇を固める俳優達も 
地に足のついた達者な人ばかりで 安心して見れました

個人的には 何だ・・・この人?!と思ってた得体の知れない男が
リス・エヴァンスとわかった時のスッキリ感(笑) 
こういう役やらせると 本当に上手いよな~
そして エンドクレジットで初めて知った スペイン王フェリペが
ウソ~! ジョルディ・モジャ(スペイン俳優) だったのか~!
髪型全然違うから 全く気がつかなかったじゃないの~!
知ってたら もっと本気で見たのに・・・と残念でした 

さすがの演技のあまり報われないジェフリー・ラッシュ
若い侍女役がとてもハマってたふくよかなアビー・コーニッシュ
最後のシーンの顔がとても美しかった 自分こそが女王よと
プライドの高いメアリー役のサマンサ・モートンも上手かったな

個人的には 私はスペイン贔屓なので 
もう少しスペインにも頑張ってもらいたかったんだけど・・・
あっさりやられてしまいました 英国の女王がケイトだったら
しょうがないよな~と今回は諦めることにしますが
それにしても 映画でスペイン語を聞く度に 今年こそ
またスペイン語!と思うばかりで どうも実行伴わず

自分の幸せを捨て 国の幸せを願い 恋も心に秘め
結婚もせず 子供も産まず 国の母になることを決意
なーんとハードな人生なんだろうと ひしひしと感じた一作でした
私もケイトが女王なら 命を投げ出したい・・・と思う

今日の映画:83点
[PR]
by acine | 2008-02-26 23:57 | Europa  ヨーロッパ映画 | Comments(8)