Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ダニエル・クレイグ ( 22 ) タグの人気記事

ダニエル・ボンド 4作目
場面、場面でちょいとお年を召した?ダニエル?
前2作は不完全燃焼気味だったりしたけど
今回も世界各地でアクションしまくり
大活躍のダニエル・ボンド!
立ってる、歩いてるだけでなんとも絵になるんだな~
あの声で喋ってるだけでたまらん・・・のですな
やっぱりなんだかんだ言ってもスタイリッシュでカッコいい
なんだかレイフもモニカもお年を召したな・・・と再び思いつつ
小動物のようなベン@Qで和み クラシックでモダンなロンドン
世界の都市の重厚さ、こんな景色がある~と感心しながら 
ダニエル・ボントを鑑賞し尽す 堪能!
まだまだボンドをやって欲しいけど
マンネリにならない方がいいのか?と思いつつ 
次こそカジノ・ロワイヤルみたいな刺激的なヤツを頼む 
ついでに監督はマシュー・ヴォーンか
クリストファー・ノーランで、ダニエル・ボンドを頼みたい
[PR]
by acine | 2016-01-25 21:42 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(0)
ダニエル・ボンド3作目
まずは結論 ちょっと小粒かな?
出だしのイスタンブールは一体どんだけ一般人
巻き込むの?状態でちょっと引き気味
屋根をバイクで走るシーンも凄いことやってるはず
なのに 何故か余り凄く見えないのは何で?
諜報員の立ち位置を問われるのは現代的なんだけど
もうちょっとハビ演じる敵もダークナイト並の
パンチが欲しい ボンドガールも地味
お膝元の英国シーンが半分位で地に足ついて
品良かったものの もうちょっとゴージャスさも欲しい
レイフもベンもでなかなかこれまた品の良い
キャスティングなものの Mにあそこまで
持っていかれていいものか?
もっともっとボンドを目立たせてちょーだい!
という感じ ダニエルはとても素敵でクールなのに
サム・メンデス ちょっとちんまり作ってしまったなぁ
前作も今作も見終わった後 カジノ・ロワイヤルが見たくなった
個人的には ノーランかヴォーン監督作にてダニエル・ボンド熱望!

12.12 80点
[PR]
by acine | 2012-12-04 23:05 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(0)
e0079992_23435994.jpg

もっと前に見るつもりでしたが 今頃鑑賞
ダニエル・クレイグ版 シンドラーのリスト?
詳しく:シネマトゥデイ

見終わって一言 ・・・ハリウッド的!

ユダヤ人というだけで 追われる不条理で過酷な時代背景
その題材、キャストの演技も悪くないのに
わかりやすいハリウッド的最大公約数な描き方ゆえ
ストーリーの進み方が唐突な部分が多くて 
どうも深みに欠けるんだなぁ・・・

特にキャラクター設定がダメ 
ストーリー同様 唐突すぎて は?!と驚くシーン多し

ベラルーシが舞台なのに 英語もやっぱり違和感ありあり

ダニエル・クレイグ演じる 主人公のトゥビィア
女房の親の仕事を手伝っていた ただの男が
同胞を引き連れ 逃げまどい 戦い なりゆきで 
リーダーとなるので どうも行き当たりばったり気味

一生懸命はやっている・・・
だけど 皆 平等に! と言ってるくせに 
どうもこの人 けっこう特権持ちだったりするのだ

いつも酒を飲んでいたり 個室のような小屋もある
兄弟間のいざこざやあれこれになると 他の人はほったらかし
突然 兄弟の世界へ入り込りこむ 肝心な時に一人たそがれていて 
しっかりしろよ・・・! と思いたくなったり・・・
だけども 美しい女はちゃんと手に入れる その辺はボンド的手抜かりなし! 
白い馬も持ってるらしいし 馬に乗って 皆に話しかけるシーン 
エリザベスか?お前は・・・!と ちょっとウケました(笑)

e0079992_050377.jpg


あのマイウェイすぎる 右往左往ぶり あれを人間臭いと見るか 
実態を知ると あんなリーダーには付いて行きたくないと思うか・・・

結果的に踏ん張り 皆助かったからいいんだろうけど・・・
いくらダニエルがリーダーだとしても 私は後者
あんな優柔不断でフラつくリーダーにはとても付いていけないと思う
自己責任で動きたい それで命を失ったとしても納得する

単に映画の描き方の世界で見ると・・・

まったく状況や背景も違うけど
同じように森の中を進む チェ2作のリーダー 
態度が一貫し 信念のあるゲバラなら 
私は納得してついて行くと思うな・・・

キャラクターの描き方も 唐突なシーンが多すぎて
???となってしまうので この人について行きたいと思えないし
そんなリーダーに付いて行く人たちの気も知れず・・・で
気の毒に思えてくる始末・・・

このストーリーの中心である ビエルスキ兄弟
自分たちのこととなると 他の人がどう思おうが
自分たちの世界へ入り込む4兄弟 (四男は子供すぎて
おまけみたいなもんだけど・・・) いざこざばかりの長男・次男は
突然 兄弟仁義の世界へ入り込むし それを見てそっとほくそ笑む三男
二人の世界ならぬ 兄弟の世界にどうも入り込めないのでした・・・ 
決別したかと思えば 先が読めたあのシーン・・・

どうもポリシーなくて 兄弟の絆も感じにくく 
キャラクターに説得力なくて こういう描き方や設定に 
ハリウッド映画の限界があるような気がして・・・

e0079992_0485676.jpg


ダニエルも良かったし (ところどころボンドなダニエルも見え隠れ・笑)
すっかり大人になった ジェイミー・ベルも良かったし
東欧系?の女優さんたちも美しかったし・・・
特にジェイミーの奥さん役の子の結婚式シーン
凄く可愛かった・・・ あとダニエルは東欧系ルックスの
女優さんと相性がなかなかよいな~という発見

キャスト陣には罪はない・・・のよね
どうも野暮ったい二男だけは うーん・・・でしたが

撮影も大変だったろうけど 実際 彼らはよくあんな森の中で 
生活し 逃げ 希望も失わず 歯を食いしばり 
現実と戦ったのは 素直に凄いなぁ・・・と思いました

彼らへの仕打ちも 本当に酷い話だけど
あの捕まえてきたドイツ兵への仕打ちを見ていると
人間の憎しみの連鎖というのは ホントに怖いなぁ・・・と

それにしても あれ~?!という 唐突な展開や
自分たちの世界に入り込む人たちの違和感を感じながら
え? これで終わらせる~?という 感じで終わってしまいました

ダニエル使いながら 撮影も大変そうな映画なのに
どうも勿体ない映画でした

実話がベース 必要以上にドラマティックにしなくてもいいし
もっとシンプルに淡々と描いた方が見る方には
きっと グっと来たんではなかったでしょうか? 

今日の映画:68点

とはいえ 監督の エドワード・ズウィックの作品
レジェンド・オブ・フォールは 大大大好きな映画なんですがね~

ダニエル映画も 
”レイヤー・ケーキ” ”カジノ・ロワイヤル” ”氷の家”( これはTV)
あたりを 超えるのはなかなかないですね
ダニエルがいくらよくても 作品自体にも魅力ないとね~
[PR]
by acine | 2009-04-05 00:20 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)
e0079992_11175180.jpg

あまりいい印象のなかった1回目と比べると
2回目の方がよかったです

アクションが見難い ロマンティックさが足りない 
という感は同じだけど あの乾いた南米の風景が
今回のボンドの心と重なるようで ゴージャスさに欠けるロケ地や
こんな乾いてギスギスした雰囲気もアリなのか・・・と

徹底的にクールに復讐に燃えるボンド・・・
そして ヴェスパーへの思いを断ち切る戦いとしては
こんなガチンコ勝負 もうガンガンと突っ走るボンドも
アリなんだろうな~と思えてきました

クールで突っ走る分 情緒には欠けるけど
そんなこと気にしてる余裕はない程 本気だったんだな・・・と

飛行機の中での マティスの 
”ヴェスパーを赦し 自分も赦せ” 的台詞には
今回 鼻がツーンとしました 
マティス・・・味があったのに 気の毒でした

e0079992_1143694.jpg


しかし 突っ走るダニエルボンドの
圧巻の任務遂行ぶりにはいつもながら感嘆!

こういう徹底的に強くて クールに感情を殺して 
ガチンコで相手とぶつかる そんな本気の諜報員じゃないと
このご時世は この不穏な世の中 
そんな仕事で渡り歩けないだろうなぁ・・・と思わせる 
リアリティさプンプンで その辺りのダニエルの力量と
身体能力の高さには感嘆しまくり・・・

そして スーツ姿も最高に格好いいけど
ダニエルボンドのトレードマークにもあなりつつある
紺色のポロとホワイトベージュのチノパン姿
そして黒いジャンパー姿とか ラフ系も最高ですね!

映画は手放しで好き!ではないけど
ダニエルボンド 役者ダニエル・クレイグはやっぱり最高!

とはいえ 次回はもう少しタメの部分もあって
せっかく演技派のダニエルなんだから アクションとクールさ
だけでない演技も もっとさせてあげてもらいたいものです

そして 敵をもっと身体的に強力か 
ますます得体のしれない人かを持ってきてもらいたい

残念ながら マチュー斧持ったのはいいが
へっぴり腰で 足元がヨレってたので 
あれじゃ一発でこりゃダメだ という感じだもの・・・!

そして アクションシーンも もっと広角で拾ってください!
細切れだし 全景は見えないしで わかりやすいのは
決して悪くないことだと思うんだけど・・・

最後になりましたが ジェマ・アータートン
いかにもイギリス的な感じが私はけっこう好きでした
若いのに クラシックな雰囲気も持ってたし・・・

ボンドがダニエルになって ボンドガールたち
女優さんたちの地位も上がってるような気がしません?
単なるスケこましのボンドが相手じゃないから・・・
相手役を演じる価値がよりある・・・というか

今日の映画:77点

やっぱり カジノ・ロワイヤル!
[PR]
by acine | 2009-01-29 11:40 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(4)
e0079992_2325650.jpg

待ちきれずに見てきました!

以下 ネタバレもあり これからの方はご注意を!


正直言いまして  不完全燃焼でした

お腹一杯 何度見ても ストーリーがわかっていても
スリリングで 面白くってたまらなかった前作と比べると

ダニエル演じるボンドがクールだから そして復讐劇だからか

妙にクールで スピードが速くて かといって 
テンポもいいわけでなく 妙に淡白であっさり
これは 映画全体の感想です

ものすごいスピードのアクションシーンがあちこちにあり

冒頭のカーチェイス シエナでの追いかけっこ
ハイチでのボートでのカーチェイス 
そしてボリビアでの空中戦 ホテルでの攻防

とにかく演じるほうも追いかけるカメラも凄いスピードなんですが
そのせいなのか 単に私が追いつけないだけなのか
敵とボンドの位置関係がものすごくわかりにくい!!!

私はアクション映画に詳しくないし 
アクションについて語るには 大変中途半端な人間ですが 

とにかく 今回のアクションシーン
対決する人間や船や車の位置関係がよくわからず困惑しました

逃げ道の雰囲気 建物の構造はどうなってるのか?
ホテルの中のどこに誰がいるのか?大自然の中も
普通はなんとなくはその全体像がわかるもんですが 
それが今回のは大変わかりにくい 

そんな中で 肝心の対決する人たちの
位置関係が とにかくわかりにくい・・・!!!
それってこういう映画では 致命傷じゃないんでしょうか?

今 何が起こってるのかよくわからない 
しかも ものすごくスピーディに演じられてて (これは凄いと思う)
それに勝る凄いスピードでカメラが追いかけられると
もう訳わからん・・・!という感じ

なので せっかくのスピード感が生きるどころか 
何が起こってるのかよくわからん・・・という結果になり
どのアクションシーンも どうも印象に残らなかったんです 
なんか凄いことやってたな~位しか

そして あまりにも激しすぎるシーンが多くて
普通だったら いくらボンドやボンドガールとはいえ
生身の人間だったら何回も死ぬよ・・・と
思うシーンが何箇所もありました

e0079992_23232698.jpg


せっかく あれだけダニエルを始め 
役者やスタントが体を張って 死人が出てもおかしくなさそうな
ハードなシーンをせっかく演じてるのに 勿体ないことだなと思いました 

今回の映画の印象は クールなアクション映画という感じなんだけど
そういう凄いスピーディなアクションシーンが一杯の割には
シーンごとにブツ切り状態で どうも淡白でメリハリが
あんまり効いてなかったと思います

前作の方が アクションシーンは限られていたけど
各々のシーンにもっと爆発力や重量感があり
もっともっとスリリングだったような気がするなぁ

これはドラマ全体にも言える事で

淡白 あっさり 情緒や人間性に欠ける・・・という感じ

復讐に燃える クールにガツガツ行くというのもいいけど
もう少し 前作みたいに 人間対人間なんだから 
多少のユーモアやボンドの心が滲み出るような
シーンもあればなぁという感じでした 
すーっと流れて タメがない映画なんだよな~ 今回は

e0079992_23235238.jpg


と いう感じで 監督の演出のせいで
人間ボンド ダニエル・ボンドをじっくり味わうヒマもない
テンポ&演出だったので ちょっと物足りなさも感じましたが

ダニエルは前作にも増して 体を張った演技
徹底的なクールさを押し出す演技 
大変カッコよかったのは間違いないです

前作より 体型もスッキリして 体も軽そう
スーツを着ようが ラフなカッコしようが 顔が傷だらけになってようが 
血を流してようが ほこりだらけであろうが もうどんな格好してても
恐ろしくスタイリッシュでダンディで まるでメンズ雑誌から抜け出たようでした
今回 ラフ系も多いのがよかった(笑)! 
こんなパリっとしたメンズと連れ立って歩けたら最高よね!
ラフな格好がキマってこそ 本当の洒落もんだと個人的に思うから!

そして あの宝石のような瞳は語らなくても雄弁
そしてあの声もやはり最高でした 渋いよ!
だけど もう少し 俳優ダニエルを味わえる演出だったらなぁ・・・
演技できる人なんだから アクションばっかりじゃなくて
演技ももっとさせてくれればよかったのに~と思いました

ボンド自体も冷酷にいくのはいいけど
肝心のホワイトほっといて 雑魚かもしれない男を
あそこまで執拗に追っかけるのも???だし
殺してもない人間の罪を被らされても弁明さえしないし
マティスにもあぁだし なんだか説明不足 
はしょり過ぎのような気がしました これも演出に問題あり

カミーユ役のオルガ・キュリレンコ
コケティッシュな魅力で スタイルよくて 存在感ありましたが
役柄がちょっと中途半端だったかな? ボンドとは同士的関係だけど
どうもそれも浅かったし アクションももっとするのかと思ったら
意外とあっさりしてたし・・・ あと演技者というよりまだモデル系だなと

あと敵役のマチュー・アマルリックも妙にこじんまりとしてました
もっと嫌らしくやってくるのかと思いきや その体格同様 小物っぽく
斧を持ってても 絶対 素手のボンドには勝てないだろう・・・!
という感じがアリアリだったし・・・  
かと言って さほど頭脳派でもなさそうで どうも小粒
※マチュー・アマルリック出演作 潜水服は蝶の夢を見る

Mも困った息子と母ちゃん的なユーモアも少しはあった前作と
比べると ちょっとヒステリックな感じで これまたタメがない
J・デンチのネックレスだけは印象に残ってますが・・・

敵をはじめ周りのキャラがぐっと立ってた前作と比べると
妙にすーっと何もかもが流れていって え?これでおしまい?と
思ったら ホントにおしまいでして ちょっと残念な出来でした
ついでに言うと 前作はホテルのフロント嬢まで
すごい別嬪さんだったけど 今回の女性陣は地味目でした

もう1回くらい ダニエル鑑賞には行ってもいいけど
映画としての魅力は あんまり感じない今作でした

何本か見てる 監督マーク・フォースターの作風があんまり
好きではなかったので どうかな~?と思ってたのが
そのまんま当たってしまった・・・という感じですね

※マーク・フォースター監督作 
ネバーランド普通 ステイ訳わからず
 チョコレート/amazonの演出はもう全く好みではありませんでした

冷酷にクールに・・・の今作 
ニヤけたおっさんボンドが出てくるより 
クールなダニエルボンドが絶対よいに決まってますが
次作は もっとメリハリつけて ゴージャスに 
そして スリリングに作ってもらいたいです 

せっかくダニエル・クレイグのような凄い役者を主役に据えているのに
今回のようにただすーっと流れる映画ではもったいないから!

今日の映画:72点
[PR]
by acine | 2009-01-17 23:35 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(9)
e0079992_16134358.jpg

あんまり 好きな題材じゃないなーと思いつつ
見納めダニエル・ボンド以来の 久々のダニエル映画! 
見ないわけにはいきません ストーリー:allcinema

ニコールとダニエルが出てなかったら B級くささ もっと漂ってもおかしくないけど
この二人を据えた時点で あら?意外と見せるじゃない?とちょっと安心
こんな人まで出てて あら? カジノ・ロワイヤル?!ってなシーンも(笑) ↓

e0079992_16214424.jpg


薄気味悪い感情を押し殺した人たちの群れ
段々と追い詰められる クールビューティ・ニコールと可愛い息子

あのコーヒーポットのシーンは衝撃的だったけど (トラウマになりそう)
その後も○くシーン続出で 映画とはいえ○吐○がピューのシーンには辟易
と同時に物語も 息子・患者・ウイルスの正体を勝手に行き来し始め
ご都合主義もいいとこ ○ったらダメという設定も無理がある
ニコールも○ってたような気がするんだけど・・・
と同時に あらら!なダニエル レイターくん美味しいところ持っていくじゃない?
ラストもヒネりがなく そんなのでいいの?な ハリウッド的ラスト
後半の失速は否めないけど スターのオーラで 退屈はしなかったのが救い

それにしてもニコールは 何てスタイルしてるんでしょうかー?!
こういうのを正真正銘の8頭身というんでしょうね~ 
こうなると もう同じ人間とは思えません
そしてクールで所々ウォームな味わいは独特
ただしお顔・・・ 四十目の前にしては あまりにも皺一つなさすぎで
かえってうさんくささ満点 何か一杯打ち込んでるようですな~
 (皺が深く刻まれたダニエルの方が年下よ~!)
あと いくら何でも あんなハイヒールで逃げ回るのも無理な芸当
とか何とか言っても あの美しい肌とスタイルは素晴らしい!と感心

e0079992_16294558.jpg


最後になりましたが 久々のダニエル!
登場シーンから うひょー!(思ってたより) 可愛いじゃないの!
ダニエル登場シーンは ほくそ笑みっぱなしでした 私(笑)
ダニエルはやっぱりいいわ~! と単純にまた惚れる私
 *↑のようなスチールは今イチだけど 動くダニエルはよい

クールな医者ながら 普段はかなりウォームで 人間的な普通の男
こんな役わざわざ受けなくても~と思いつつ どのシーンも
なんともスウィートで 終始 素敵でございました
暗闇でこれまた宝石のように光を放つ瞳 これは威力が大きい
クールで強面なのに 妙に可愛い これって何なんでしょうねぇ?!
”氷の家”のボクちゃんも今回かなり潜んでたし ボンドの影もあちこちに
個人的にはこんな優男系ダニエルボンドも凄く見てみたい気が・・・!

カッコよさげな食事のシーンは ロシア大使のオヤジばかり写るし(怒)!
フォーカスもニコール中心 その後の彼の展開もあちゃー!だったけど 
ダニエル見物映画としては悪くない まぁイイ線いってると思う

あくまでもヒロインはニコールなので 彼女を支える従順なBFで終わってたけど
ある意味 現役ボンドをえらい無駄遣い もとい贅沢な使い方してます
物足りないけど カッコよかったから 別によし!とする

今日の映画:75点
[PR]
by acine | 2007-10-24 16:35 | Estados Unidos 米映画 | Comments(12)
e0079992_103463.jpg

前編 に続き 後編です

驚愕の○体照り焼きと ”ボクちゃん困ったな”ダニエル という物体に
驚いた前編でしたが 後編 ストーリーがぐっと加速し 煮詰まってきます

ははーん そういうことだったのか・・・!
とドロドロしてるような 単純明快なような ユルいような 
密度えらい濃いような なかなか面白い後半でありました

前編同様 原語版・日本語吹き替え版 見て
原語版で ふたたびダニエルチェックという順で見ましたが・・・

強気で上手の女 活動家アン・カトレルと
ダニエル演じる刑事マクローリン(って聞こえたけど合ってる?)との関係が
すごく面白くて うはは!こりゃたまらんわ~!って感じでありました

最近の若い女と絡んでるダニエルより こっちの方が面白い
  (若い女にも なんだか翻弄されてるが・・・笑)
こんな一筋縄でいかない 強くてクールで 1枚上手な年上女に
翻弄されて 無鉄砲になったり 困惑したり 強引だったり
あっさり引いたかと思えば じんわりかつ強気に迫ったり 
ダニエルくんったら やるじゃないか~!
その行動がいちいち面白すぎる・・・!
容疑者と刑事なんでしょ アンタたち~と
もうストーリーなんかどうでもよくなってしまうくらい(笑)

若いんだか 老けてんだか わからないダニエルだけども
肌もあまり調子よくない感じ?(アル中だから?)

なのに はぁ・・・ 何なんでしょ~かね?! この男は・・・!!!
ふとした言葉・笑顔・仕草で スコーンと一瞬で女心へ潜り込む
ちょっとでもスキマがあれば いやスキマなくてもスコンと入り込む
そりゃ 鉄の女アンだって 段々抵抗できなくなってくるよ・・・って感じ
普通の女なら 即オチるに決まってる 
なので 彼女の抵抗ぶりは すごく面白かったけど・・・!

これは 演技者だからでなく 訓練してできるもんじゃなく
天性のものなんだろうなー 本人わかってやってるんだろうか?
確信犯か 天然か 何にしろ ほとほと感心&お手上げだ・・・

前回 今のダニエルの方が絶対いい!と書いたけど
この危うげでちょっと野暮ったい でも無鉄砲で文句なしに可愛い 
この時しか見れなかっただろう ダニエルもすんごくいい
いやー かなりドキドキしました 可愛すぎましたわ・・・
最後の”yeah"なんて あれは何なんでしょー!?
洗練された大人の今も素晴らしくよいが こっちも捨てがたい魅力一杯
やっぱりこの人は 動いてナンボの人ですね

ロマンティックだったけど ママゴト恋愛だった
with ヴェスパー007より  正直こっちの方が面白かった
 (お仕事とはいえ バハマの夜は えらいセクシーだったけど・・・)
これからも こんな強気で一筋縄でいかない女と どんどん戦わせたい感じ

このドラマ あれこれと
不思議とダニボンを ほうふつとせるシーンもあって 
あれ?このシーンってなところもいろいろあって その辺も面白かった

この頃も口の横の溝(?)と 横向くと真ん中辺にある首の太い血管も健在
どうも最近 この溝と首の血管・・・すごく気になる

あ~ なんだか 訳わからん感想になりましたが 失礼!

抜け殻になるかと思ったけど これでけっこう楽しませていただきました
これDVD化してくれないかなー?! 買う人一杯いると思うけど

その他 探したり買うのが大変なダニエルの過去作
どんどん権利買って DVD化してくれると 今なら絶対売れるのになぁ・・・
[PR]
by acine | 2007-01-22 10:20 | TV drama TVドラマ | Comments(4)
e0079992_0312652.jpg

贅沢言わないから・・・ 
10秒だけでいいから・・・
この席の前に座らせてくれ~!と 個人的願望大アリの この食事シーン


はー・・・祭終了

7週間にも及ぶ
ダニエル・ボンド感染 いや観戦
昨晩にて 任務終了いたしました

いや 誰からも頼まれてない任務だけどねー(笑)

以下・・・
[PR]
by acine | 2007-01-20 00:47 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(12)
e0079992_175616.jpg

噂を聞いていて ずっと見たかったこのドラマ
昔 NHKでやってたらしいけど 今見るには どうしたらいいんだろうか?!と
ただ漠然と思ってたら yuzuruさんちで 情報発見! 
速攻で ミステリチャンネルを契約し
前編 何とか駆け込みで見ることができた

スカパーは かれこれ4,5年入ってるけど
こんなチャンネルがあること自体 全然知らなかった私
*yuzuruさん どうもありがとう~!

これは アークエンジェル 同様 
映画ではなく BBCで放送されたドラマ

以下・・・大幅なネタばれあり

レズビアンの女性3人が住む イギリスの田舎町のお屋敷で
うち一人フィービーの元旦那らしい遺体がアイスハウスで発見された
屋敷がそう呼ばれてるのかと思ってたら・・・
敷地内の氷小屋=アイス・ハウスだったのね
そこで事件を追うウォルシュ警部と
部下の刑事 アンディ・マクローリン(ダニエル・クレイグ)が
屋敷を尋ねて行く・・・という冒頭
以降・・・上記チャンネルの解説をご覧あれ

美しいけど 陰鬱な感じのするお屋敷での 女3人
あんまりエロティシズムも 裏も感じない3人なんだけど
イギリス女の雰囲気 天気の悪さ 
これぞイギリスという感じは 全体的にプンプンしてます

ここから下: ご飯前の方は読まないでください

このご遺体がねー もう人体照り焼きと言おうか
ニセモノとはわかっていても不気味
ブラック・ダリアとは また違うおぞましさ・・・
しかもしっかり写すわ 現場写真もガンガン写るわで 大変です

その照り焼きを見た どうも軟弱なところがあるダニエルは
まるで007 Mの部下のボクのように オェーっとなってしまうわけです 
しかも そのブツまでちゃんと写る (香港映画かよー!)
そして その前には 犬とジャレていたダニエル・・・
犬と遺体の関係を聞き 思わず後ずさり・・・
そして 尋問中に 空腹のため?悩みのため? 眩暈がして
被疑者から チョコレートバーをもらうダニエル やっぱりボクちゃん状態だわ(笑)

e0079992_18155286.jpg
そんなちょっと情けない風情の漂う 
ちょっとひねくれたような 
”ボクちゃん困ったな顔”の刑事がダニエル

しかも奥さんとも上手くいってなくて
アル中で 手も震えたり・・・
今からほぼ10年近く前ということで
いやー若いです 前髪もまっすぐ下りて
ボクちゃん系をますます醸し出す

上の写真では 中年女3人をタラしこんだ
いわくありげな 小悪党風だけど
実際は そんなことない
いや後編・・・彼女とはそうなのかも・・・

ダニエルの声&台詞が聞きたいので 原語版と吹き替え版を録画
台詞もちょっとボソボソ系で 音量上げないとちょっと聞こえにくい

ちょっと情けないとはいえ 基本的には いつも仕事師なダニエル
女たちのひそひそ話 ”ふん! あのへなちょこの若い刑事”
なんて悪口を聞いてしまい かなりカッとしつつも 冷静に尋問を始める
仕事するダニエルはいい 男は仕事できてナンボですから・・・
なのに 尋問中に空腹のため?悩みのため? 眩暈がして
被疑者から チョコレートバーをもらうダニエル やっぱりボクちゃん状態だ(笑)
そんな青くささ&垢抜けてなさを かなり残しております

だけど この頃より シワは増えて 苦労人風が漂っても
30代後半の今のダニエルの方が やっぱり段違いにステキだと思う
若けりゃ誰だって それなりに見れるけど
男も女も30越えたら その生き方や経験がモノを言う
顔にそういうのが 全て出るからねぇ
そういう点でも 今のダニエルは脂ものってよい年輪が刻まれている
その経た年月は 正解ということも確認できました

もっと早く見てて 自分も今より若かったら 
こんなボクちゃんダニエルの魅力には 気がつかないままだろうけど 
今見れば ボクちゃん状態のダニエルも妙に可愛く捨てがたい
ちゃんとこんな時期から 将来の成長を見抜いていた方は凄いです
こんなボクちゃんが 10年後にはあんなジェームズ・ボンドになろうとは・・・!
今の怖いもんなしのダニエルだったら 昔でも気がついていたと思うけど・・・

敏腕?”ボクちゃん困ったな”ダニエル刑事の仕事ぶりが
楽しみな後編 話も急展開しそうだし 楽しみ!

そういえば・・・
[PR]
by acine | 2007-01-16 18:00 | TV drama TVドラマ | Comments(4)
e0079992_12252792.jpg

e0079992_1226896.jpg

e0079992_1227489.jpg


今年最大の収穫&激ハマり人物

エリザベス見たけど 彼の記憶まったくなし
シルヴィア 予告編見て ちょっと気になってたけど グウィネスなのでパス
ミュンヘン 気にはなっていたが見ずじまい

イギリスもの&イギリス俳優好きなのに なぜかかすりもしない日々

レイヤー・ケーキで 突如として開眼
うわー?! 何?何?このカッコいい人?!と 頭ガツン

そして あれこれ過去の作品を振り返る・・・ 

007/ カジノ・ロワイヤルで 感嘆するほど 見事なnewボンドぶり
前評判を 自らの実力で コテンパンにねじ伏せた 
ダニエルに またまた完璧ノックアウトされ 今に至るという感じ

役者:ダニエル・クレイグに 激惚れ状態
こういう大人の俳優を待っていたのよ~という感じ

クールで落ち着いてて 達者で確かな演技力
さまざまな表情をもち エレガントでセクシーでかつ可愛い
何を着ても 立ち振る舞いが綺麗で 質の高いドレッサーぶり
そして あの深くていい声と台詞まわしも最強
しかも屈強な肉体まで手に入れ どんな役でもOK
奥が深くて 巾が広い 彼の演技力のクオリティの高さ
怖いもんなしの 彼の今後に期待!
ニコール・キッドマンとの新作 ユアンとの共演も楽しみだし
そして007新作も ’08年までなんてホントに待ちきれませんー!

こんな洋書まで・・・
[PR]
by acine | 2006-12-28 12:46 | cosa cinema シネマごと | Comments(10)