Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ドリュー・バリモア ( 3 ) タグの人気記事

e0079992_0183614.jpg

ドリュー・バリモア監督 
エレン・ペイジ主演のガールズムーヴィー

何度か書いてますが 私はドリューが大好き!
そして この日本版ポスターのエレンが物凄く可愛かったので
これは見なくっちゃ~と思ってました

いやー 爽快で後味よくって エレンは可愛いし
ドリューの監督ぶりもバッチリで 久しぶりの
ジュリエット・ルイスまで見れたし 楽しかった~!

女性監督が作った ガールズ映画のなーんて楽しいことよ~!

やっぱり女のことは女が一番よくわかってる・・・!
という感じの爽快でちょっとホロリとさせられる 
すごく楽しい映画でした
詳しく:シネマトゥデイ 

もーなんと言っても  ジュノ同様
小柄でちょっとペチャっとしたファニー顔のエレン・ペイジの可愛いことったら!
彼女の魅力でエンディングまでしっかり走る感じ

大柄で怖げな格闘技系の姉さん軍団に混ざっての
ローラーゲーム 彼女の可愛さが自然に浮き上がってくる感じで
いい意味で彼女のプロモーション映画と言っても過言でないかも

e0079992_0272220.jpg


いかにもアメリカのどこにでもいそうな女の子なんだけど
エレンは上手く演じてて 単に普通っぽくって可愛いだけじゃない
その年代なりの深みというか 自然に彼女なりのポリシーをどこかしら
感じさせてくれるような演技は 上手いなーという感じ

ジュノも この前のインセプションも 彼女は良かったけど
この役こそ 多分等身大の彼女に一番近い役かもな~という感じで
とにかく可愛い彼女をニコニコして見てしまう・・・という感じでした

e0079992_0481822.jpg


ちょっとハズし気味のガーリーテイストやシンプルなロック系の恰好も
いつも可愛くて あぁ 私がこんな小柄で可愛い10代の女の子だったら
こんな恰好したいわぁ~! と思って見てました(笑)

そして 彼女と母 彼女と父 彼女と親友 彼女とBF
そして ローラーチームの仲間 ライバルとの関係も見てて
この辺りも サラっとしつつも 自然に程良く深みもあり
だけど重くならない いかにもドリューらしい采配が
凄く冴えてて 見ていて気持ちがよかった

e0079992_046399.jpg


ラモーンズ他 ちょっとマニアック系のロックガンガンの中滑る彼女たち 
年代は様々なんだけど 彼女たちの素敵なことー!
ゴツくて ゴスで まるで女子プロか?女ハードロッカーか?
みたいな人も多かったけど 彼女たちの潔さもカッコよくて
女スポ魂ものって楽しいなー! とワクワクしました
監督ドリューもエレンと同じチームで体張ってました

このロックガンガンな試合シーンや裏舞台
いかにもアメリカンなノリと 怖げな集団の人間臭いとこ 
どこかレスラーの試合のノリ レスラーたちの生態と
相通じるとこあって ↑ の映画の試合シーンも 
ものすごく楽しかった私にはワクワクもんでした

もしくは 単に音楽ガンガン 単にロックガンガンの中
躍動する人たち・・・に私が弱いだけかもしれません(笑)

ストライパーTシャツ(!)の存在も効いてたし
こういう音楽&ロック的要素が同居するのも
ドリューの趣味なのかな~? 私の趣味とも合うわ~

e0079992_0472341.jpg


久しぶりのジュリエット・ルイスー!
ベニシオと出てたB級誘拐映画(タイトルさえ忘れた)見て以来で
それなりの年月を重ねてたけど (顔 梅宮アンナと似てたな~)
ヒールっぽさに磨きをかけた感じで こういう路線でもいいから
またどんどん映画に出てほしいな~と思った

そして イカつい顔して 自分の夢と娘を重ねて
”美人コンテスト”にこだわる母 マーシャ・ゲイ・ハーデンもよかったし 
お父さんもよかったし 親友もBF役 そしてコーチ 
チームの姉さんたち ライバルチームの姉さんたち 皆ハマってた

何にしろ 女性監督のガールズムーヴィーはこんなに楽しい!と
いう お手本のような映画だったと思う

ガールズムーヴィーであり 家族の映画であり
そして これは女たちの映画でもある! という感じで

キュートで ウォームな視線で 見るとこちゃんと見てる
ドリューの持ち味がしっかり生きてる映画でした

彼女の監督作はこれからも期待できる!と確信
私はとっても好みでした

ベッカムに恋して が好きな人だったら (=私!)
この映画も 絶対気に入ると思う 
↑ もやはり女性監督によるガールズムーヴィーでした

今日の映画:83点
[PR]
by acine | 2010-08-15 00:48 | Estados Unidos 米映画 | Comments(2)
e0079992_2244211.jpg

ノーテンキな日本タイトルとは裏腹に
原題は辛辣で ”彼はあなたには大して興味がない”
男の本音と女の思い込みがテーマ 
詳しく:OZmall

大人のガールズ・トーク 
登場人物たちの行動や言動 いい年して交わされる 
女同士の切実でどこかしら痛い内容は世界共通 
どこもほとんど同じなんだな(笑)

またWOWOWとかでオンエアされてからで
いいかな?と思いつつ スカも出るし 同じく好きな
ドリュー・バリモアも出るし ま 見ておこうか・・・と

結果 やっぱり別に映画館で見なくても
よかったかな~という感じでした

以下 キャストについて 雑感

e0079992_2345970.jpg


豪華な女優陣のトークや恋愛模様は悪くないし
なかなか面白いし 様々なファッションも見てて華やかで楽しい 

ドリューは兼プロデューサーのせいか 登場は少なめ
なんだか ちょっとジュリアン・ムーア化してるような気が
したのは気のせい? 私は彼女の愛嬌があって 
あのマシュマロみたいに柔らかくて可愛い雰囲気が 
大好きなんだけど ちょっとゴツさが出てきたかな? 
ゲイ3人と楽しそうなガールズ・トークとか
相変わらず可愛かったけど!

あと ジェニファー・コネリーも 細くてスタイルいいのに
(この映画の彼女のようなシンプルなファッションは好み!)
この人こんな男顔だったっけ?という位 凛々しくて
旦那がスカの方に行くのもわからんでもない・・・
ちょっと険しかったな~ リトル・チルドレンでも
これにちょっと近い役だったな~

そして ジェニファー・アニストン
どうも顔のパーツが中心に寄りすぎてて 
小顔でスタイルもいいんだけど こういう映画に出る女優としては小粒
地味でもないけど 華やかさがあるわけでもないし 平凡 
そういう意味ではベン・アフレックとお似合いでした

そして スカーレット・ヨハンソン
彼女も 物凄くタイプキャストな役柄
今回女優陣の中で一番派手に脱いでる(下着姿までね・笑)けど
ちょっとこういう役ばかりでは 見る方も飽きてくるかな~?と
あまりにもヒネりがなさすぎて・・・

男にとって都合がよくて 自分とあの体を持てあまし気味の
ムチムチ姉ちゃんの役ばかりじゃ なんだか勿体ない気が・・・
本人がよくて演ってるんだったら いらんお世話かもしれないけど
ちょっと余りにもこういう役が続きすぎてません?
個人的に スカは控え目で素朴な役の方が 彼女の良さが
ぐっと出るし 演技派な彼女も出せると思うんだけどな~
例:ブーリン家の姉妹 私がクマにキレた理由 とかね

e0079992_23291931.jpg


で 今回 実質の主人公は ジニファー・グッドウィン
普通っぽさかが魅力の女優さんだけど 
痛い勘違い女ぶりが妙にハマってて良かった
アンタね~!と思いつつ なんだか可愛かったな~
彼女とこれまた可愛げのあるジャスティン・ロングの
カップルが一番良かったな~

正直言うと 女優陣も見事にタイプキャストで 意外性は
ないんだけど でも華やか!そんな女優陣に対し

何でこんな面子なのか・・・?と思う男優陣
寂しくて ものすごーく地味で 華がなさすぎる
しかも うち二人はアメリカ映画にしては
珍しく小柄でちんちくりんだし・・・

こんな映画だから ま 現実はこんなもんよ~
現実に イケメン・長身・肉体派 そんないい男は
そうそういないという点では リアリティあるんだけど
せめて一人位こましな人 投入できなかったんでしょーかね?
キラキラしてるクリス・エヴァンスクラスの可愛い子を・・・

多分目玉なはずだけど 地味で馬面なベン・アフレックを始め
(どうも このベンとかマット・デイモンの類は全く魅力を感じない
 あのベンの頼りなさそうな喋り方も嫌い)
ちんちくりん男二人(うちジャスティン・ロングは可愛いいのでまだOK)
一番マシそうな?レイフ・ファインズをガッチリさせたような人でさえ
でもこの人一体誰? 妙に小粒というか 寂しいもんがありました

はたから見てても あんな子猿みたいな奴
あぁ~ アンタになんか スカなんか高嶺の花!
絶対無理よ!無理!無理!辞めといたら?みたいな感じで
男優陣に関しては 余りにも夢のないキャスティングでした
その辺も TVで良かったかな~と思わせた原因かもね(笑)

というわけで するーっと流れて
可もなく 不可もなく・・・という映画でした

今日の映画:70点
[PR]
by acine | 2009-08-11 23:32 | Estados Unidos 米映画 | Comments(4)
e0079992_2214590.jpg

頭が疲れてるので とにかくかるーいものが見たかった
ヒューは好きでも嫌いでもないが ドリューは好き
しかも80年代音楽絡み これしかないだろう!

出だしの 衣装はデュラン・デュラン 振りや雰囲気はワム!
ヒューがいたとされる 人気グループのPOPのビデオからして楽しい!
しかも出てくるバンドの名前やアイドルの名前 なつかしーのオンパレード
ボクシングで勝ったら 曲が披露できるなんて おもしろすぎ
しかもヒューが唄う曲も 元歌は多分コレだろーと ネタがわかるものばかり・・・ 
80年代イギリスもの好きだったから たまらんー!

e0079992_2265630.jpg


シンプルなラブストーリーの王道 ハッピーエンドは十分予想の範囲
もっとバカバカしいノリかと思ってたら 意外と程よく酸いも甘いもあり

過去の栄光にすがりつつ 情けなくもあり 前向きに
淡々と遊園地や同窓会でのステージをこなすヒュー 
音楽業界が長いだけあって 詩が書けないと言う ドリューを責めるシーンは
彼の気持ちもよーくわかる ”音楽業界も産業なんだ”
業界は違っても プロはどんな状態であろうとも どんな理由があろうとも
依頼された仕事は 期日までに仕上げないといけないのだ!
しかも質もちゃんと伴わないと 明日はない・・・!

ヒューには特に思い入れはないけど ちょっと顔の筋肉の衰えが気になる?
歌はなかなか上手い! 声質もいい感じ 
しかし あのへっぴり腰のわざとらしいダンスは笑える
NYが舞台だけあって イギリスっぽいシニカルなギャグは空振り気味
というか 単に日本語訳が今イチなのか?
彼の住んでるマンションの部屋はなかなかセンスよく居心地よさそうだった

ドリューはやっぱり可愛い! 最高だ!
決して美人ではないが なんともチャーミング
過去の男に囚われ なかなか足を踏み出せないジレンマ
だけど 前向きで一本気でと 彼女にピッタリなキャラ
決してタカビーでもなくプライドも高くなさそうで
ドリューが友達や妹だと楽しいだろうな~と思わせる うーん可愛いわ!

カーキや茶のコート プリントもののワンピース ジーンズ姿
スカーフなどの巻物 バッグやサングラスの小物 ドレス系
どれもめちゃくちゃ可愛い! こっちも あぁいう巻物真似しよーかな? という気になる
個人的にはあのカーキのコートと茶のショルダーがすごく欲しい! 
実は彼女はなかなかのドレッサー どのスタイルも自然にキマってる

そしてコーラ役のヘイリー・ベネットも印象的
東洋人的な目元 だけど抜けるように白い肌に長身
東洋人ではありえないスタイル 不思議な魅力的で 可愛かった!
人気絶頂のアイドルで しかもセクシー&仏教好きアイドルという
なかなかの難役を上手く演じてたと思う 
”愛へ戻る道” オーソドックスなのもいいけど
彼女の押す インドヴァージョンもなかなか面白かったと思う
それにしても 売れっ子スターってのも大変そうだわ

ドリューのお姉さんもパンチあって面白かったし 
作家の彼は 大人なこれまたナイスミドルでカッコよかったな

予想通り 気楽に見れる一品

今日の映画:75点
[PR]
by acine | 2007-04-25 22:19 | Estados Unidos 米映画 | Comments(0)