Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ベレン・ルエダ ( 3 ) タグの人気記事

e0079992_22534141.jpg

いやー もうマイりました

もっと心理的サスペンスか 
心理的ダークファンタジーと思っていたら・・・

ホラーじゃないですか!
ホラー! 私の苦手なホラー!
見終わって 数時間・・・
もうもう 呆然としておりました

UPする写真も 怖いの見るのは嫌なので 
極力平和な写真にて でも・・・あの奥に・・・!!!

スペイン映画だし
ギジェルモ・デル・トロ プロデュースだし *パンズ・ラビリンス
個人的にも好きなベレン・ルエダ主演なので *海を飛ぶ夢
絶対 見ようと思っておりましたが・・・

スペイン映画らしく 情感たっぷり 不穏さもたっぷり
母の愛もたっぷり 重厚感たっぷり・・・
スペイン映画らしく 容赦なく 物語は進行していくのですが・・・
詳しく:ムービーネット

前半はまだなんとか見ておりましたが・・・
あの事故のシーン (トラウマになりそうです デル・トロ風味)やら
霊媒師のシーンやら・・・ その辺から来るな~と思うと目を瞑っておりました

だけども 冒頭から 凄い効果の効果音
ギシギシと軋む廊下 バタンとしまるドア どこからともなくする音・・・
効果音が目を瞑っていても 容赦なくドキドキさせます

終わり1/3 ほとんど目を瞑っておりました・・・
何度 抜け出して 帰ろうかと思ったか・・・

怖い効果音 時折たまーに理解できる台詞で
なんとなく そんなシーンが展開されてるんだろうなぁ・・・と
恐々想像しつつ 目を瞑っていても
怖い怖い効果音と音楽に ドキドキさせられっぱなしで
かろうじて ラストはなんとか目を開けました

しかし いくら 愛は強し 母は強しといえども
小心者の私には あんな真似は絶対出来ないし
あんなことが起こって あの屋敷に住めないし 
あんな所へ一人で残ることなんて ありえない・・・!

重厚な作りなので ホラーが平気な映画好きの人には
きっとウケると思いますが まさか こんな映画だとは~!
ベレン・ルエダの鬼気迫る演技は凄く良かったと思うけど
とにもかくにも ショックが抜け切りません・・・

それにしても スペインにも ”だるまさんが転んだ”があるんですね~
しかし 終盤のあの遊びは怖すぎでした
どうでもいいけど 私たちは”インド人の◎ろんぼ”でしたね

今日の映画: 半分近く見ていないので 評価できず・・・

見てないのに 異様にエネルギーを使いました
[PR]
by acine | 2009-02-24 23:11 | España  スペイン映画 | Comments(2)
e0079992_1437729.jpg

丁度TVでやってたので これも久しぶりに見ました
これも 05年のマイNo.1映画 公開時感想

尊厳死をテーマにした 重いけど清々しい人間ドラマ

やっぱり ハビエル・バルデム 恐るべし・・・!
一体アンタは何歳よ?!と思うような貫禄と存在感が凄い
確かこの映画の撮影時30代半ばくらいのはずなのに 
恐ろしいまでの達者&その達観ぶり
ベッドに寝たまんまの演技ながら貫禄ありすぎ
 *コーエン兄弟の新作”ノー・カントリー”でも
  ハビエルは凄いらしいので楽しみ! 

タコ入道のような風貌ながら なんとも人格者でかつピュア
なので 身動き取れなくても 彼の周りには人が絶えない
特に女 献身的な義理姉 シックな美人弁護士 
自ら看護を買って出るシングルマザー(ボルベールのペネロペの姉だった)
普通 こんな状況はありえないだろう? と思いつつ
誰もが 静かでしっかりと状況を見つめるラモンを放っておけなくなるのだ

まるでパンズ・ラビリンスのように 
現実の辛い状況から 彼が抜け出す方法は 
夢の中で 辛い思い出のあるはずの海へ飛ぶ 
そして動ける自分を空想する・・・

動けないけど 恋心を寄せる弁護士フリアを 
夢の中で 彼女を追って海辺へ行き 思いを伝える
そんな切ない夢を見ながら 夢は現実のものに・・・
本当にこのフリア役の女優ベレン・ルエダが儚げな大人の女にピッタリ 
寝たきりの男でなくても それは彼女に惚れるだろう

今回見たら 何故彼は海へ飛び込んでしまったのか?
その辺りが曖昧なような気がするが そんな部分まで謎のままで
オブラートに包まれているような感じが これまた心憎い

彼をとりまく家族の葛藤と愛情

そして 尊厳死を手伝おうとする友人たち

美しいガリシア地方の風景とともに 静かで強い映画

強烈な人が出て 単に濃いだけではない 
スペイン映画の強みが ぐっと滲み出る映画だった

スペイン映画 フランス映画より ぐっと落ち着いてると思う
実は とっても詩的だし ドラマ性もしっかりしている
地に足がしっかり着いている所も私は好きだ
[PR]
by acine | 2008-01-07 14:49 | España  スペイン映画 | Comments(0)
2005/06/13
d0025646_22373993.jpg

キャッチコピーに書かれている
「生きる」ために、死にたい。 と願う
スペインの詩人ラモン・サンペドロの実話がベース
尊厳死がテーマの映画

アカデミー賞 ゴールデングローブ賞: 最優秀外国語映画賞
ヴェネチア国際映画祭: 主演男優賞 審査員特別賞 最優秀外国語映画賞
ほか 数々の受賞に恥じない力作 今年 今まで見た中ではベスト

19歳でノルウェー船のクルーとなり 世界中の海・街を旅したラモン
不幸にも その海の事故で体の自由を失ってしまう
動けないまま20数年間を過ごした 現在のラモン

動けないものの 時にはユーモアたっぷり 時には苦しみながら
しっかりと信念を持っているラモン
自由に動けても 信念を持って生きてない人間が
いかに多いことか・・・と自分も含めて考えさされる
自由を得る為に 彼が選ぼうとする道はたやすいものではない
彼の信念は通るのか・・・?

それを励まし 助け 時には傷つけ合う 彼の家族
この家族にしかわからない 無償の愛 献身 憎しみ 苦痛
とりまく人々の姿も とても自然で身に染みる

そして ラモンはどうなるのか?

静かに こころの奥深く 染みてくる映画 
舞台のスペイン北部のガリシア地方の海 山 自然が目に染みる
原題の Mar adentro 海の中へ の名の通り
穏やかで包み込むような 美しい海がとても印象的
ガリシア地方はケルト圏ゆえ バックに流れるのもケルト音楽 心に染みる 
サッカーの話が織り込まれるのも いかにもスペインらしい

演じる俳優達の演技も 自然で本当に素晴らしい!
夜になる前に でもとても印象的だった ラモン役のハビエル・バルデム
まだ30代半ばなのに 何もかも知り尽くしたような 
この貫禄 奥深い佇まいは素晴らしいの一言
※彼の新作はスペインの画家ゴヤの映画 ナタリー・ポートマン共演

とりまくキャストも皆自分の持ち場で最大の力を発揮している
弁護士のフリアの大人の可愛さ 兄嫁の静かな佇まい 大事な役どころのロサ
頑固な兄 静かな父 どうのこうの言いつつ面倒見のよい甥 etc・・・

そしてこれを撮ったアレハンドロ・アメナバル監督はまだ32歳
この年齢で こんな深く瑞々しい映画が撮れるなんて 脱帽!
世界は広い!と実感させられる・・・
巨匠が撮ったと言ってもおかしくない貫禄
ただ その若さが映像に 自然さ・清々しさを醸し出してるのはプラス
オーソドックスな中にも 鋭い視点がきらり
映し出さないといけないシーン・情景をすかさず撮っていると思う
必要なシーンを映す 無駄なシーンをカットする のは
一番難しいことと思うけど この監督は楽々クリア

生きるとは・・・人生とは・・・死ぬ時は・・・
自分が同じ立場だったら どうするか?
ベッドの上で何を考える?何を望むだろうか?
自分がとりまく立場だったら どうするか?
たまにはこんなことを考えながら見る映画もいい
重いテーマなのに 心穏やかな余韻が心地いい

老若男女問わず おすすめします
公式HP

今日の映画 84点

※アレハンドロ・アメナバル監督は・・・
オープン・ユア・アイズ はバニラスカイとしてリメイクもされたけど
彼が監督した 謎めいた雰囲気のこちらの方が絶対おすすめ
二コール・キッドマン主演のアザーズの監督でもある
南米チリ生まれ育ちのスペイン人 才能あります!

そして ハビエル・バルデムは 夜になる前に でも
ヴェネチア国際映画祭で やはり主演男優賞を取ってます
大きな体で ここでも骨太かつ繊細な演技をしていて
公開時に見たけどこれも深い映画
テーマが濃すぎるので好き嫌いははっきり別れるタイプ
ミニシアター系好きな人だと大丈夫かな
共演陣も ジョニー・デップ ショーン・ペン オリヴィエ・マルティネスと
個性的ないいオトコの演技派揃い ジョニーの二役かなり衝撃的(笑)!

ハビエルはペネロペ・クルスのデビュー作 ハモンハモンでも共演してます
これもかなり前にWOWOWで見たけど これでもかというほど濃い映画!
[PR]
by acine | 2005-09-21 21:13 | España  スペイン映画 | Comments(2)