Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ヤン・イクチュン ( 1 ) タグの人気記事

e0079992_2044348.jpg

リンク先の方々より 凄いらしい・・・と 

切羽詰まってても 
大好きな映画を我慢するのは 余計しんどいので 
この映画を見たわけなんだけど・・・

これは胸にグサっとくる

詳しく:公式サイト

韓国映画らしく とにかく とことん
そして 残酷すぎる位 心にグサっとくる

そして その背景の切なさ 悲しさも グサっとくる

だけども 底辺を這iいずりまわる 主人公たちが 
原題の”糞バエ”のような存在かというと 全くそうじゃない

彼らの誰もが 好きでそんな立場になったわけではない

気がつけば そんな家族がいた 
そして 肉親だからこそ 恨みつらみも数十倍に膨らむ

e0079992_21153119.jpg


そんな中 出会った男と女子高生

憎まれ口をたたきつつも 
逃げ場のない日常から離れられる立場として 
お互いが必要となる二人

この二人を演じる 役者がとてもいい

鋭い目つきをして でも根っからのヤクザものではない
人間臭すぎて 不器用で でもどこか目が離せない男
サンフンを演じる ヤン・イクチュン 彼はこの映画で
製作・監督・脚本・編集・主演と なんと一人五役を担当

なんとなく 役者バカ(いい意味で)タイプの人だなーと
思って 見ていたので その多才ぶりには驚いた
それにしても サンフンそのものにしか見えない
なりきりぶりが凄かった 面構えも言うことなし!

そして 対する女子高生ヨニ役を演じる 
キム・コッピの平凡ながら 凛とした目と佇まい

e0079992_2117560.jpg


二人がその時だけでも 現実を忘れられる存在となり
そして 漢河のほとりで 二人でむせび泣くシーン

これが 胸が痛む

監督・主演の ヤン・イクチュンいわく
”自分はずっと家族の問題を抱えていて 
 それを吐き出したかった” という通りのこの映画

吐き出すにも これだけまとめるにも 
凄いエネルギーを必要としそうだけど この映画を作って 
彼は長年の思いを浄化できたのかも・・・という気もする

どこの家にも 家族にも 何かある
形を変え 品を変えて・・・

抱えてることの大きさや重さによって この映画の
染み込み具合や刺され具合は違うと思うけど 

これはグサっときた

そんな自分も思いがあるからだ・・・と思う

他の韓国映画と同様 見るのに パワーがいるし

主人公たちの置かれた辛い立場を直視しなくてはいけない 
グサグサと心を突き刺される映画だし
暴力シーンの連続なので 見ててもヘヴィ

直球勝負 真っ向から勝負のこの映画 
しんどい時に見ると 余計くるし 
決して いつも見たいタイプの映画じゃない

だけど 時には こういう映画に グサグサ刺されてもいい

今日の映画:79点

当分・・・
[PR]
by acine | 2010-06-23 21:09 | Corea  韓国映画 | Comments(6)