Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ロマン・デュリス ( 3 ) タグの人気記事

PARIS    '08  フランス

e0079992_9231293.jpg

セドリック・クラピッシュ監督のパリ賛歌

ロマン・デュリスも出るので見たいな~と
思ってってましたが 今頃鑑賞
詳しく:シネマ・トゥデイ

単純にうらやましい・・・!

こんな素敵な街へ住んでたら 人生もそりゃ変わるさ・・・と
余りにも美しい街並みが冒頭からドドーンと画面へ広がる
その俯瞰図から断片へ・・・ そこへ生きる人たちの姿が映し出される

この映画は パリという街の空気・・・
そして 生きる人の空気を写した俯瞰映画
どちらが欠けても成り立たない 街と人が共存する映画

国は違えどどこも人間同じ・・・という共感を感じる映画もいいけど
こういうその場所だけが持つ空気感を生かしきった映画も
凄く魅力的だと思う それが優雅で美しいパリなら尚更のこと!

とはいえ このクラピッシュの映画は お高くとまらない
登場人物がベラベラ喋りまくっても アムールの世界へ生きてても
よい意味で等身大で テンポがよくモダンな描き方なので 
おフランス映画の中でも とても見やすいタイプではないかと思う

その中で じわーっと人間味を感じたり 時には鋭くグサっときたり
人間模様の切り口や描き方が 自然でヴィヴィッドでうまい
ただ 皆さん 一筋縄ではいかないおフランスの人ばかりなので
理解できない部分も時々あるんだけど(笑) 

e0079992_9575668.jpg


ロマン・デュリスはダンサーだったけれど 
心臓を病み 淡々と そして悲嘆に暮れる毎日
そんな彼は自分の部屋から見えるパリの風景をいつも見ている
その後姿 横顔 世話にやってきた姉と語る姿・・・
パリという街だから 悔しいほど絵になる

演じるロマン・デュリスは 美男というわけでもないけれど
どの映画でも 自然にその主人公としてそこにいる感じ
素はシンプルで性根の良さそうな所がどこか漂うのが魅力でもある 
今回は病人役ということで より淡々としているけれど 
どこか達観してるような感じが自然で良かった

e0079992_102242.jpg


そして 離婚して男運がないシングルマザーの姉を演じるのが
ジュリエット・ビノシュ 常々彼女は苦手な女優なんだけど
今回は悪くなかったかなぁ・・・ やっぱり彼女もパリの人
という雰囲気があちこちに漂っていて 珍しく嫌味を感じなかったかも・・・ 

e0079992_9591098.jpg


今回 その2人の姉弟とパリの風景を中心に
彼らとどこか接点がある人たち 最後にすれ違う人たち・・・
パリに暮らすひとたちと カメルーンからパリを目指すひと
群集劇でもあるこの映画

印象的だったのは
市場で働く離婚した旦那の誠実さ
ストーカーまがいに女子学生に夢中になる痛い大学教授
その女子学生の小悪魔的な佇まい など

どのキャストもちゃんとキャラが立ってるので
どの人も個性があり 印象にちゃんと残る
そして 人間の情けなさやどうしようもなさ 
痛い部分もさらーとちゃんと描けるのが 
この監督のよいところ

そして こんなのありえない・・・!と思った
市場で働く男たち&ショーのモデルっぽい一団との話
モデルたちはそんなに相手に不自由してないと思うけど
なぜこんな労働者系と・・・?!と驚いたけど
パリはこんなこともありえるんだよ・・・ということなんだろうね

何にしろ 行き着くところは 愛と人生!
終盤の力技的なところは ちょっと笑えてしまったけど
タクシーの中からパリの景色や空を眺めるロマンの
表情がとても印象的だった

この映画を見て思ったけど

人生のうちで関わりを持つ人はごくごくごく僅か
毎日すれ違っても すれ違っていても
一切関わりを持たずに お互いを知らないまま
そのまま人間は 一生を終えるんだなぁ・・・と
妙にそんなことを思った映画でした

病人が主人公でも よい意味で不思議と悲壮感は漂わず
それでも人間は生きていく 日々人生は続いて行く・・・
ヴィヴィッドに ありのまま人間を描いていた映画でした

それにしても ホントにパリという街は
いくらでもドラマが生まれそうな街だなぁ・・・と感心する
こんな街をホームに映画を撮れる人たちは とっても恵まれていると思う
CGなんか 全然関係なくてもね

今日の映画:76点

セドリック・クラピッシュ映画:ロシアン・ドールズ 
この映画と同じ ロマン・デュリスとのコンビ これは面白くておすすめ!

そして これもパリ賛歌:パリ・ジュテーム すごくよいです! これ
[PR]
by acine | 2009-04-22 09:56 | Francia フランス映画 | Comments(0)
e0079992_9392582.jpg
スパニッシュ・アパートメントの続編という位置づけのこの映画
前作は 私も大好きな街 バルセロナが舞台で
ハチャメチャで かつ後味のいい なかなか面白い映画だった 
続編はレンタルしようか?しようか?と思いつつ
なかなか見るチャンスなくて 今回やっと見れた!

あれから5年たち ロマン・デュリス演じる グザヴィエが
こんどはロシアでロシアン・ガールズに右往左往させられる映画?
と思っていたが テーマは前作そのまんま 少しは大人になったものの 
”優柔不断男グザヴィエの恋愛&自分探し やっぱり右往左往物語”という感じ
若くして自分の道決まってたら そりゃ立派だけど 30歳なんてしょせんそんなもん
今の時代まだペーペー 道が決まってない人間も一杯いて当然だ
ストーリー:コチラ

冒頭から 内容のあることから どうでもいいことまで
ブツブツと語りまくる 喋り捲る グザヴィエ始め 登場人物たち
やっぱりだわ おフランス映画くささは満点!

だけども くどい一歩手前で抑えて ウィットのすごく効いた展開
登場人物を程よく描いて 各キャラも程よく立っているので
かったるい時間帯もなく マイウェイが身上のおフランス映画にしては
バランス感覚 さじ加減が抜群にいい = すごく面白い!

前回は バルセロナ80% パリ20%
バルセロナの旧市街のアパート かなり密室劇に近かったのに対し
今回は パリ50% サンクト・ペテルブルグ30% ロンドン20%と
より舞台がバラエティ豊か 今日はパパーっとドーバーを電車で渡って
ロンドンで仕事 そして今日はパリにいる そしてこんどはロシア! 

スピーディに場面や街の景色がクルクル変わるのが
前回より変化があるので面白い 
サンクト・ペテルブルグとか見るチャンスなかなかないし・・・
前回同様 島国と違い ヨーロッパの国の関係や移動具合は
見ててとっても面白い そのグローバリズムぶりがうらやましい

とっちゃん坊や的 ロマン・デュリス 
前作も映画はよかったけど 彼は今イチ魅力に欠けたが
間で見た 愛より強い旅 での貯金もあるせいか 今回はなかなか魅力的だった

今思えば前作・・・25歳の割には 若いのか年寄りだったのか謎! 
若年寄くさい顔で 若気の至り・・・仲間達とはしゃぎまくり
パリのGFとバルセロナの人妻の間を行ったり来たり・・・
その優柔不断ぶりも納得いかない部分もあったのは確か
オドレイもジュディットも どうも個人的にはNG
今回の取り巻く女達の方がぐっと魅力的で可愛い

しかし・・・年を経ても このグザヴィエの優柔不断男ぶりは全開!
その辺はバルセロナ時代から ほとんど成長なくて笑える
傍から一部始終を見てるので あぁこの子にしておけばいいのに~!
せっかく上手くいってるのに 何でこの子と~!?
私がウェンディの友達だったら こんなヤツ辞めとけ~!と
告げ口してやるのに~という感じ(笑)

決して美男でもなく普通っぽい でも性格は悪くない
自分に正直 悪く言えば・・・自分に甘い よって優柔不断
まわりの女達は そんな彼を 妙にほっとけない
知らぬ間に 彼に関わっていってしまうのがおかしい
普通で優柔不断なのにどこか魅力的 
何故か 女友達のようにも付き合える男
そんな男をごく自然に演じてて ロマン・デュリスいい感じ
派手さはないし 男前でもないが 地に足のついたいい演技をする人だ

バルセロナ時代の友人達も あのウエンディ姉弟とか
次々登場するんだけど 内容やキャラ・・・うろ覚え
もう一回スパニッシュ・アパートメント近々見よう!

でも 映画自体は今回の方が上! 
バランスがよくて 程よく落ち着いてて テンポよく凄く面白かった!

今日の映画:80点
[PR]
by acine | 2007-06-16 10:13 | Francia フランス映画 | Comments(2)
e0079992_7151564.jpg

昨年のカンヌで トニー・ガトリフが監督賞を取った作品
この監督の映画 いつも気になっているけど
フラメンコ色の濃いベンゴしか見たことがない

彼はアルジェリア出身で
父はアルジェリア系フランス人 母親はスペイン・アンダルシアのロマ(ジプシー)の人
今回も”ベンゴ”と同じく 彼のバックグランドが 強烈に色濃く出た作品
*少しネタバレあり

祖父と両親 そして自分もアルジェリアに住んでいたことのある
ロマン・デュリス演じる フランス人ザノ
そして アルジェリアにルーツを持つものの 
言葉も知らない アルジェリアへ行ったこともない GFのナイマ

この2人が ルーツを求めて
フランス~スペイン(ラ・マンチャ セビージャ アルメリア)
~モロッコ~アルジェリアと旅をする ロードムーヴィー
日本版タイトルは 何を表現してるのか イメージ違う

この2人 旅先での出来事 行動 することなすこと
かなりイカれたカップル(特に女)で 日本人的感覚から見ると
けっこう口あんぐりだけど ものすごくストレートでリアル
ものすごく行き当たりばったりの旅で 
そんなに行く先々の人を簡単に信用していいの?
クスリでもやってそうだな的テンションだったりするけど
もしくはかなりのレベルの天然ナチュラル・ハイ
決して悪事を働いてる訳でもないので
段々このストレートさ&テンションに慣れてくる
実際スペインは気候いいし 開放的だし 適当でOKだし
こんな旅してる人 絶対いるいる!と思う
それにしても こんなにカジュアルに自由奔放に旅できる
ヨーロピアンの2人がうらやましくもなる

e0079992_7461117.jpg

 
スペインや北アフリカの乾いた大地に この濃いカップルがよく馴染んでた
やっぱりスペイン南部と北アフリカの雰囲気って
あまり変わりないのにも気が付く あの乾いた空気 太陽 土埃・・・ 

2人がルーツを求めてやってきた北アフリカで感じる疎外感
あの儀式で 果たして見つけたいものが 見つかったのか?
そのあたりは曖昧なんだけど こういう旅は過程が大事だからいいのか・・・?
普通のフランス映画と比べると 監督の独特のカラーか
登場人物がこまっしゃくれてない ウダウダこうるさくない所がよかったかな

ロマン・デュリスは好きな映画 スパニッシュ・アパートメント以来
演技は上手いけど 正直好きなタイプじゃない・・・
と思ってたけど 今回はヒゲありで 全身毛ガニ状態なんだけど(笑)
今回の方が断然イケている 初めてロマン・デュリスいいかも!と思ったりして
ナイマ役の女優も 何ともく自然体で 生身の女という感じがよく出てて良かった
彼女のファッションもなかなかいい感じ

しかし 何ともイカれっぷりアッパレだった二人
あのナチュラルハイには 多くの日本人はきっと引くけどね
多分 あの人たちはあれが普通なんだろうと思う
何にしても あの生命力・行動力・精力etc・・・を見てると
日本人って全てにおいて パワーが薄そうで 
エネルギーの炎も細そうで 淡白な人種だな~と思う

そして強烈なのが 音楽!
ロードムーヴィーであると同時に この映画は音楽映画でもある
大音量で どれもこれも とにかく印象に残る
テクノ~フラメンコ~アフリカのリズム 
混沌として 何かが渦巻いてる 強烈なリズムと 魂の叫び声のような歌
音楽が流れ始めた時点で おぉー!と見てる側も トランス状態に陥り
映画の中の世界へ より引きずり込まれる 
こういうエスニック系の強烈なリズム・音階が好きな人にはたまんない世界!
今年見た中で 一番グッとくる音だった サントラ猛烈に欲しい!

ロードムーヴィー エスニック音楽 フラメンコ ジプシーもの
スペイン 北アフリカ に興味持ってる人には ぜひおすすめ!

そのあたりの世界に興味ない人だと 何じゃこれ?!の可能性大
好き嫌いがはっきり別れる映画だと思う

今日の映画 80点
[PR]
by acine | 2006-06-02 07:44 | Francia フランス映画 | Comments(2)