Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:劉青雲 ( 4 ) タグの人気記事

e0079992_21375927.jpg

またおこぼれに与かりました(笑)

見るからに旧正月映画丸出しのこの映画!
詳しく:MATV ←抜けてるけど 
大変カッコいいレスリーも出ます

確かにこのポスターやスチール見覚えあって
2000年代に入って11年目に この映画を
見れるなんて 本当に有難いことだと思う

ま いつものごとく 話なんてものはない
子供じみた大人が(笑) 嬉々として 演じる潔さ
家有囍事の姉妹編のようなこの映画

e0079992_21453110.jpg


この家の長女の友達役として登場するのがレスリー・チャン
ロン毛(死語)気味で 色気もあって大変カッコいいです
”楽園の瑕”とかと同じ頃かな~?
そして ここでも相手役(長女)が元カノのテレサ・モウ
キリっと綺麗な人です 

そんなレスリーの恋敵がラウ・チンワン!という 
これまた凄い配役 チンワン 一環して一途な
シティボーイ(死語)を演じてるのが楽しい!

そして マギーとシンチーカップルには負けるけど
レオン・カーファイと若くて可愛いアニタ・ユン(!)の
カップルも面白い! 妄想に入り 古装片ミュージカル?
シーンもあり 歌も唄う カーファイの字余り風歌唱が楽しい 

長男役の女装も意外にハマってて笑える!
どー見たって こんなゴツい女いないだろ?
でも お顔はなかなか美しく(笑)

思ってたよりはしっかり作ってましたねー
気楽に見るにはバッチリでした

今日の映画:75点

クレジットの中の黄露さんって 作詞家ではなかったでしたっけ?
[PR]
by acine | 2011-05-10 21:51 | Hong Kong  香港映画 | Comments(0)
e0079992_19152373.jpg

ジョニー・トーの’97年作 劇場未公開作

原題とこのポスターの雰囲気はよーく覚えてるけど
未見の作品でした しかも ラウ・チンワンが主役!!! 
これは見なくては~!

今週 WOWOWでは ジョニー・トー特集をしてまして
嬉しいことに 連日 彼の作品を放送してます 
特集:香港の鬼才 ジョニー・トーを見よ!
ここんとこ 毎日録画してます

これもタイトル、雰囲気 当時から見覚えのある
1日目のシンチーの映画も (今は亡きアニタ・ムイが奥さん役)
チラっと見たけど 凄くテンポがよくて 映像も綺麗で
整合性ありそうで(笑) シンチーの舌も絶好調っぽくて 
面白そうでした また時間のある時に見る予定!
しかし この映画もジョニー・トーだったのか~と驚きでした

そして この映画・・・ 詳しく:WOWOW

ジョニー・トーのスタイリッシュさは かなり影を潜めてて
タッチとしては ブレイキング・ニュース系かな 
ただ あそこまでシリアスではなく 最近の美学系でもなく 
リアリティやドキュメント感があり 人間ドラマ中心で話が進む

それにしても チンワンが出てきただけで もう嬉しくなります

あの赤黒い肌に ジャガイモのような顔だけど なんとも男前!
造形的に男前な人が男前と呼ばれるだけじゃなく
こういう男気のある男前も十二分に男前!

目元はキリっとしてて 姿勢がよくて 男は喋りすぎない 
行動よという感じでね こういう男こそ信頼できそうなタイプだと思う
最近 彼はどこか紅塩と似てるな~と思う私
ギョロっとした目に 静けさを保ち 演技達者なとこも

実直すぎて 不器用な男だと 上司との面接でそう評価される 
レスキュー隊のリーダーを演じるのがチンワン

そして 彼が惚れる女に 久方ぶりに見たカルメン・リー
(武と共演してたパラダイスや 
 シンチーの008以来のよーな気が・・・)

こうして見ると チンワンしかり カルメンしかり
なんとも南方系のルックスなんだな~
浅黒い肌に キリっと濃い顔つき 
中華圏南方を通り越して フィリピンとかインドネシアっぽい感じ
やっぱり 香港はアジアの南方だよな~と思う
しかし 皆さん顔立ちが自然で見てて凄く安心する(笑)

そして 消防署にはまだユニオンジャックの旗が
なびいていて まだイギリス時代のあの頃の香港なんだなぁ・・・
Yes, sir とか Sorry, sir とか言う台詞に懐かしさを覚える

消防署の署長に 勝手に ほうなかしん と呼んでいる
アレックス・フォン これまたキリっと男らしいいい男だ
初めて アレックス・フォンいいと思ったかも(笑)

そして 後輩のお父さんに ”天使の涙”で 
武のお父さんやってた チャン・マンロッさん (確かこんな名前
だったと思うんだけど)が ほとんど同じルックスで出てて(笑) 
あ~ あの頃の映画だな~と思わせる

ヒロインのカルメンは どちらかというとお飾りっぽくて
同じレスキュー隊にいる 仕事か子供かと悩みながら 
でも溌剌と 男の同僚たちと たくましく働く
ヒロインの方がぐっと魅力的でした

女を妙に美化しない 等身大でなるべく描こうとしていて
この辺の描き方が ジョニー・トーらしいかも

映画自体は 人間くささも交えた 
地に足のついた レスキュー人間ドラマという感じ
CGも(多分)さほど使わず 描ける範囲の実写で
いってるので 等身大でそこそこリアルな感じが逆によかった

ジョニー・トーらしく ストーリーの流れが綺麗で
充実してるので 1時間半の小作品ながら
実際はもっと長い時間見ていたような感じだった

印象的だったシーンは
消防車が出て行く前のチンワンとカルメンのシーン 
寡黙なチンワンだからこそ おぉ~!という感じ
そして 無事救出したあと 消防車の放水で皆で水浴びするシーン

爽やかで後味のいい小作品でした

しかし 映画内の街中の看板あれこれが
馴染みのある漢字というのはホっとするな~(笑)
エンドクレジットもなんとか理解できるし・・・! 

今日の映画:77点

チンワンといえば この夏 ”つきせぬ想い”を
久しぶりに見たんだけど 半分残ってるので
続きも見なくちゃー!
[PR]
by acine | 2009-10-07 19:43 | Hong Kong  香港映画 | Comments(14)
e0079992_6421356.jpg

恋ブラ やっとDVDにて鑑賞!
ハイご覧のとおり コテコテ香港映画です!

日本の下着メーカーの香港支社長のカリーナ・ラウが
社長より ”男性デザイナーで新ブランドを!”と命を受け
元男性下着デザイナーのラウ・チンワンと
元工業デザイナーのルイス・クーを採用
その同僚ジジ・リョン その4人他との間に繰り広げられる
ドタバタブラジャーコメディ(笑) アホらしさ満開!

冒頭のコメディタッチ~
ありがちな恋愛モードに入っていくのはお約束 
整合性なんて 必要ない映画なので
かなり行き当たりバッタリだけど 
前半のテンポの良さが 後半で失速してしまったような気が・・・

個人的にツボだったのは
*採用試験シーン ”君さえいれば”を思い出すよなヘンテコな人材たんまり
*その中で採用された二人の初出社シーン
 男性社員に飢えていた女子社員を視線でバッサバッサなぎ倒していく(笑)
*女人街と思える露天に 果物持参(バナナ&パパイヤ)で
 ブラ名人アリを尋ねて行き その教えを請うところ
e0079992_6564761.jpg

*あの~みんな素でしょ?な ジジ指導のチンワンとルイスのブラ試着シーン ↑
 本気でくすくす笑ってるのがおかしすぎる これは素で大正解
*試着したあとの騒動(ちょっとやりすぎ・笑)
 ルイスは胸が下がりすぎ(笑) チンワンの水風船の方が形よかったね
*東京の街角でのズボン下ろしたチンワン(笑)

いやーまぁTVドラマでも充分いいよな内容ですが
こんな題材もしっかり映画にしてしまう香港映画えらいです(笑)
しかもキャスト 中堅~ベテランの 出る映画出れば
皆しっかり演技出来るひとたちですよー! 
それがまた総動員で 楽しく時には素で演じる なんて楽しい世界!
そういうところに価値ある映画です カレン・モクやS・フォンも出てるしね
そして・・・ブラのつけ方も ほぉーそれが正しいのか?と勉強になりますよ
しかし 下着をあんな粗末に扱っちゃいかんよ~(笑)!

キャスト一言感想
ラウ・チンワン:いつも味わい深い男チンワン こういうコメディもどんどん見たい 
         関連:忘れえぬ想い
ルイス・クー:今回はカッコよかったわ 自宅でも日焼けマシーンって(笑)
        関連:忘れえぬ想い
カリーナ・ラウ:未だスタイル抜群で貫禄 年齢を考えると凄い 
         関連:IAⅡ 無間序曲 IAⅢ 終極無間 2046 2046 欲望の翼 
ジジ・リョン:相変わらずいつも可愛い 関連:君のいた永遠 ターンレフト ターンライト

今日の映画 75点
[PR]
by acine | 2006-09-20 07:05 | Hong Kong  香港映画 | Comments(12)

e0079992_23153185.jpg
新不了情 つきせぬ想い から10年
ワンナイト・イン・モンコック の記憶もまだ新しい
イー・トンシン監督の新作が公開

これは見なくては!で 東京で見てきました


ミニバスの運転手の婚約者マン(ルイス・クー)を亡くした
シウワイ(セシリア・チャン) 残された婚約者の息子ロロ(原島大地) 
そして マンの同僚だったファイ(ラウ・チンワン)を巡るドラマ

派手ではなく まるで平成枯れすすきならぬ 
香港枯れすすきのような 香港版演歌の匂いが漂うドラマ
こういう香港の下町 人間くさいドラマを描かせると さすがのイー・トンシン
一市民の何気ない日々・感情を淡々と 時にはドラマチックに見せるのが上手い

ほとんどノーメイクで通したセシリア入魂の演技は 華やかさをかなぐり捨てている
ただノーメイクでも そのへんの一般人よりは よっぽど綺麗なんだけどね
何でそこまで意地をはる!と強くてけなげなのが 彼女にピッタリ
今週公開のPROMISEより 彼女を見るなら絶対こっち

そして ちょっと不器用で男気のある男
こんな男を演じさせると敵なし!のラウ・チンワン!
んもぅ ラウ・チンワンカッコよすぎです アンタ!
こんな人が親切にしてくれたら そりゃセシリアならずとも
強がってみたり よよよ・・・と頼りたくなってしまうはず
えぇ そうでしょうよ! そうでしょうとも!
チンワンの濃いお顔と男気のある態度に惚れますわ そりゃ!
ダメ男ぶりを微妙に醸し出すのがこれまた絶妙

何故 チンワンが日本版ポスター(チラシ?)に
フューチャーされてないのか かなり不満 ルイス・クーは違うでしょー!
チンワンいないとこの映画は成り立たないのに!と断言

影の主役ともいえる 日中ハーフの子役 原島大地ちゃん!
噂は聞いていたが初見 いやーもう可愛すぎです! イエローカードもの
まるで頭文字Dのジェイみたいに あれ?素ですか?状態のナチュラルさ
マッシュルームカットの ”ジェイ素ですか”拓海も 
顔負けの大地ちゃん必見! お人形みたいに可愛いのよ!

そして男前なんだけど 何故か演歌の香り漂う 色黒ルイス・クー
カッコいいんだけど 私はチンワンの方が断然好きだわ

何故 そこまで○○手にこだわるのか セシリアよ!
みんなが言うとおり やめた方がいいよ キツイよそりゃ
アナタみたいなべっぴんさん いくらでも他の仕事あるって!
チンワン あなたが○帯持ってていいの?
○○ザに怒鳴り込むセシリア 実際にありえそうだな?
なんて ストーリーが強引なところや ツッコミどころもあるけれども

あくまでも人間にスポットを当てた 誠実な作りが光る佳作
そういう映画が見たい人にはぜひ オススメ

個人的にこの映画 チンワン&大地ちゃんにノックアウトされた!

セシリアの過去記事:エブリデイ・イズ・バレンタイン
ワンナイト・イン・モンコック PROMISE

今日の映画:76点 

これを見ると チンワン&アニタのつきせぬ想いがすごく見たくなる
もうこれ涙ボロボロになった覚えが・・・ これはまぎれもなく名作!

チンワン 余談
[PR]
by acine | 2006-02-09 23:04 | Hong Kong  香港映画 | Comments(14)