Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:張曼玉 ( 3 ) タグの人気記事

e0079992_22253583.jpg


これ 昔から一度見てみたかった映画でした

またしても 無料放送で見させて頂いて 多謝!という感じ

何と言っても 豪華な顔触れ!

何せ レスリーとシンチーが兄弟なんだもの~!
それにマギー・チャンやテレサ・モウやらサンドラ・ンも絡んでくる

クリフトン・コウ監督 ヴィンセントくんも脚本で参加

きっと 終わりよければすべてよし!な 
典型的旧正月映画だろうと思ってましたが 本当にその通り!

しかもエンディングにそのまんまな台詞が出てきて笑えました

ま 話なんてあってないようなもんで 詳しく:amazon

日本人にはついていけないような テンションやら
○カ○カさも満載で 笑うに笑えんシーンもけっこうあるけれど

女らしいレスリーに 男らしいサンドラとテレサ
そして 当時の映画のコスプレやら真似っこやらで
あれこれ見せ場の多い シンチーとマギー

e0079992_2148573.jpg


レスリーもシンチーも 若くて美麗
マギーもテレサも とても可愛い

私が香港映画にハマった頃より 
更に遡った映画だから 皆ホント若いんだな~

レスリーの女っぽい演技は 余裕の十八番状態だし
シンチーの演技は今イチ爆発してないよーな気がしたけど
ま こういうめでたいコラボ映画ではこの位でOKなんでしょ~

レスリーとシンチーが共演というのも初めて見たような気がするし

シンチーとマギーがカップルというのも 初めて見たような気がするし 
あの凄いエッフェル塔キス!には絶句でしたけど(笑)!

昔付き合ってたらしいレスリーとテレサが共演というのも興味深い

相変わらず 男らしいサンドラも健気で悪くないし

旧家らしいけど 趣味がいいんだか悪いんだか (多分悪い) 
よくわからん 香港的お金持ちの家も不思議だし・・・ 

あの黄百鳴(この人製作畑の人だとてっきり思ってた)
の愛人も何でこんな長男がいいのか?状態だけど・・・

まぁ 終わりよければ 全てよし!

恭喜發財!

大人げないストーリー運びを ほどよく楽しみ
豪華な顔触れを楽しむ映画ですねー

今日の映画 77点

この頃のレスリー見てると 今はレスリーは
もういないという事実をすっかり忘れそうでした

シンチー本 他
[PR]
by acine | 2011-02-09 21:52 | Hong Kong  香港映画 | Comments(4)
e0079992_14512059.jpg

’04 カンヌ映画祭で マギー・チャンが最優秀女優賞を取った映画
そんな映画があったな~と思いつつ 日本未公開のままだったっけ?!

何を隠そう 私はマギー・チャンが大好き! 
私の中では 東のマギー 西のケイト 女優版横綱だ 
ラブソングで 彼女のことが大好きになり
HEROで トニー同様 彼女の凄さを再認識
姐御マギーに比べたら ツィイーなんて単なる小娘だ 
マギーには どこまでもついていくわ!と思った

監督は この映画の撮影中に彼女と離婚した オリヴィエ・アサイヤス
彼女と知り合った仏映画”イルマ・ヴェップ”も公開当時見た・・・

その映画の記憶・・・
黒いピチピチのビニールスーツ姿のマギーと
街同様 フランス女優の乾燥気味の肌の質感と比べて
アジアの湿気をまとった マギーの保湿力のある美しい肌感が印象的だった
モノクロの映画だったと思うけど 肌の質感の違いをよく覚えている・・・

(面白くなさそうな)ニック・ノルティが共演? 
(ぶっ飛んだ)ベアトリス・ダルも出る? 
ミュージシャンの夫がいて 薬物中毒だって~?!
どうなのよ?と首をかしげるキャスティング&設定・・・ ストーリー:コチラ

製作国に名を連ねる通り カナダ、イギリス、フランス、(最後アメリカ)が舞台
なので マギーも英語、フランス語、広東語を駆使しての演技

香港の女優だけど イギリス育ち 元旦那はフランス人ということで
見た目は 思いっきり中華的なルックスをしてる彼女だけど
そのコスモポリタンな背景 年を経てもスッキリとスマートな体型
女優としても ワールドクラスの演技力を持つ故
西洋が舞台でも違和感なく よい意味での無国籍感を醸し出す

前にも書いたけど 東洋の女優の肌質感はとても瑞々しく
綺麗なので 正直 あんまり薬物中毒に見えなかったり・・・
ミュージシャンの妻役ということもあって 物凄く爆発した髪型だったり
するんだけど それは彼女の演技の何の邪魔にもなってない
e0079992_15343688.jpg

正直 マギーの演技は地味目かもしれない 
彼女としてはこの位は余裕 平均的なアベレージだと思うけど 
設定からすると 何も別にこの役を東洋人の彼女がやらなくてもいい
普通だと西洋人がやった方が違和感ないはず・・・だけど
その役をあえてマギーが演じることで こういう異国で
孤独な女が生きているという 独特の色合いや
リアルさを出すという点では マギーを起用して正解 
別れたとはいえ 元旦那の視点は的確にマギーを映し出す

それはさておき・・・
正直 どうなのよ?と思ってた ニック・ノルティ
まさか旦那じゃないよな?と思いきや 義理父で一安心したものの
登場シーンから このオッサン大丈夫?!ってな印象だったのに
彼の役が朴訥と淡々としながらも 彼の役・演技は凄く良かった 

旦那を失い 子供とも一緒に住めない 
友達にも恵まれてるのか そうでないのかわからない
 (ダルは意外にも 普通のいい友達だった・笑)
なかなかドラッグからも抜け出せない・・・
殺伐としかねないマギーの生活や 子供とも会えるように
嫁をよく思わない妻に内緒で 嫁のマギーに
さりげなく手を さっと差し延べる 行き過ぎず
程よいそのさじ加減が絶妙な義理父を好演

なかなか上手くいかない カナダ~フランスでのマギーの生活
そして カナダ~イギリスでの義理父一家の生活
父を殺したのは 母だと思ってる 小さいながらも利発でシビアな子供
だけども 自分の母親には間違いない 
反発しながらも 一緒にマギーとアメリカへ行こうとする・・・

そのあたりが ヨーロッパ的視点で 淡々と自然に描かれていた
派手なお涙頂戴や 感動ものでは全くないけど
こういう静かな人間再生・人間浄化の映画もいいなと思った 

なんともうら寂しいカナダの風景 
人は多く賑やかで華やかで 生き生きとしてホッとするパリの風景
でも 孤独な人間はどこにいようと孤独 
そんなに自分を簡単に変えれるもんでもない・・・
そんな人間と 街の持つ空気感が印象的だった 

今日の映画:76点
[PR]
by acine | 2007-08-28 15:23 | Francia フランス映画 | Comments(2)
2004/10/28

2046 は 花様年華 の続編と思われていたけれど
よく思い返すと 欲望の翼の続編の方が正しいかもしれない 
b0028866_7175884.jpg

この2作は実はすごくつながってる部分が多い
2046 には 主役だったレスリーの影もあちこちに見え隠れしてる
亜熱帯のようなけだるい熱っぽさ、そして突き放したような哀しさ
その雰囲気はそのまま2046に引き継がれている
b0028866_23175635.jpg

今、花様年華を見直しているけど
この2人はいじらしいほど自らを抑えている
その反動が一気に トニーとチャン・ツィイーに置き換わって
2046 で情熱が爆発した感じがする
この2作も 静と動 の違いだけ 

この3作はまるで合わせ鏡のよう

これから見られる方、時間があればこの2作も押えておくか
見直しておいたら ベストかもしれない

王家衛&梁朝偉 勝手に強化月間にします!
[PR]
by acine | 2005-09-21 20:46 | Hong Kong  香港映画 | Comments(2)