Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:張柏芝 ( 4 ) タグの人気記事


e0079992_23153185.jpg
新不了情 つきせぬ想い から10年
ワンナイト・イン・モンコック の記憶もまだ新しい
イー・トンシン監督の新作が公開

これは見なくては!で 東京で見てきました


ミニバスの運転手の婚約者マン(ルイス・クー)を亡くした
シウワイ(セシリア・チャン) 残された婚約者の息子ロロ(原島大地) 
そして マンの同僚だったファイ(ラウ・チンワン)を巡るドラマ

派手ではなく まるで平成枯れすすきならぬ 
香港枯れすすきのような 香港版演歌の匂いが漂うドラマ
こういう香港の下町 人間くさいドラマを描かせると さすがのイー・トンシン
一市民の何気ない日々・感情を淡々と 時にはドラマチックに見せるのが上手い

ほとんどノーメイクで通したセシリア入魂の演技は 華やかさをかなぐり捨てている
ただノーメイクでも そのへんの一般人よりは よっぽど綺麗なんだけどね
何でそこまで意地をはる!と強くてけなげなのが 彼女にピッタリ
今週公開のPROMISEより 彼女を見るなら絶対こっち

そして ちょっと不器用で男気のある男
こんな男を演じさせると敵なし!のラウ・チンワン!
んもぅ ラウ・チンワンカッコよすぎです アンタ!
こんな人が親切にしてくれたら そりゃセシリアならずとも
強がってみたり よよよ・・・と頼りたくなってしまうはず
えぇ そうでしょうよ! そうでしょうとも!
チンワンの濃いお顔と男気のある態度に惚れますわ そりゃ!
ダメ男ぶりを微妙に醸し出すのがこれまた絶妙

何故 チンワンが日本版ポスター(チラシ?)に
フューチャーされてないのか かなり不満 ルイス・クーは違うでしょー!
チンワンいないとこの映画は成り立たないのに!と断言

影の主役ともいえる 日中ハーフの子役 原島大地ちゃん!
噂は聞いていたが初見 いやーもう可愛すぎです! イエローカードもの
まるで頭文字Dのジェイみたいに あれ?素ですか?状態のナチュラルさ
マッシュルームカットの ”ジェイ素ですか”拓海も 
顔負けの大地ちゃん必見! お人形みたいに可愛いのよ!

そして男前なんだけど 何故か演歌の香り漂う 色黒ルイス・クー
カッコいいんだけど 私はチンワンの方が断然好きだわ

何故 そこまで○○手にこだわるのか セシリアよ!
みんなが言うとおり やめた方がいいよ キツイよそりゃ
アナタみたいなべっぴんさん いくらでも他の仕事あるって!
チンワン あなたが○帯持ってていいの?
○○ザに怒鳴り込むセシリア 実際にありえそうだな?
なんて ストーリーが強引なところや ツッコミどころもあるけれども

あくまでも人間にスポットを当てた 誠実な作りが光る佳作
そういう映画が見たい人にはぜひ オススメ

個人的にこの映画 チンワン&大地ちゃんにノックアウトされた!

セシリアの過去記事:エブリデイ・イズ・バレンタイン
ワンナイト・イン・モンコック PROMISE

今日の映画:76点 

これを見ると チンワン&アニタのつきせぬ想いがすごく見たくなる
もうこれ涙ボロボロになった覚えが・・・ これはまぎれもなく名作!

チンワン 余談
[PR]
by acine | 2006-02-09 23:04 | Hong Kong  香港映画 | Comments(14)
e0079992_19343672.jpg

この映画も如果・愛同様 今回見たかった映画
こんな感じで 台北の街中も如果・愛同様ポスターが一杯
シーンが電車の外部全体に描かれた
まるまる無極MRT(地下鉄)も2回ほど見ました 

最近ちょっと失速も目立つ 中国の巨匠たち
陳凱歌監督の映画も 名作 さらばわが愛 覇王別姫 以来
花の影 始皇帝暗殺 ???なキリング・ミー・ソフトリーなど
一通りは見てます
前作 北京ヴァイオリン も悪くはなかったけど
ラストがどうも煮え切らない出来で 個人的には今イチな印象
今回は期待できそう!ということで かなり期待して見ました

日本では2/11公開ということで・・・

簡単な感想&少しネタバレ
[PR]
by acine | 2006-01-05 19:27 | Asia アジア映画 | Comments(10)
e0079992_2120165.jpg

これも公開されず・・・だったので 即レンタル
さすが イー・トンシン監督作 よく練られていて 見ごたえ十分!

チンピラのいざこざから始まる殺人 
息子を殺された親分から 殺しの依頼を受ける手配人
その依頼を受け 大陸から出てくる若者
そして出会う やはり大陸出身の娼婦 事件を追う 警察の面々

クリスマスの前2,3日の出来事を追った作品
人間的なほっとするようなシーン 手に汗握りつつ 残酷なシーンあり
そんなシーンを織り交ぜつつ 物語は進む
悲劇にならずにすむ? と思わせるひととき
思いもよらないラストにつき進んでゆく
見終わった後 ずしんと心に苦さが残るストーリー

とにかく見せ切る スタッフもキャストもいい仕事している
ドラマとして とてもよく出来てる作品だと思う 公式HP

旺角(モンコック)は九龍半島の繁華街
以前 ディープなガイドブックに あの辺は大陸出身者が多いので
むやみに街角で写真を撮ってはいけないとあり
香港へ行っても あの辺りは歩くのみのエリアだった
時代は変わっても そんな雑多な雰囲気漂う
そんな雑多で世界で一番人口密度が多いエリア(映画より)を
舞台に繰り広げられるこの映画

裏社会と警察 淡々と事件を追いつつも 苦悩する警察官たち
しょせん俺たちも奴らと変らない というようなセリフが効いていた
一般人だったはずの大陸出身者が 事件に巻き込まれていく様子
人物の描き方も 丁寧に描かれているのが 印象的
映画にならなくとも こんな話は本当に一杯あるんだろうなと
思わせるリアルさもいい

瑠璃の城以来 好きなダニエル・ウーが演じる大陸出身者
アメリカ生まれ育ちのダニエルが 普通話で演技をするの初めて見たけれど
朴訥な中に狂気を潜めた大陸人を演じるのも 興味深くそして上手かった
コテコテの香港女優のセシリアがこれまた大陸人を演じるのも同様
奇妙な連帯感が生まれ お互いを助けたのが 悲劇につながってしまうのがつらい

個人的に印象的だったのは アレックス・フォン
トニーと共演した君を見つけた25時 以来だったけど
ある種達観した中年刑事を静かに演じていて とてもよかった

そして個人的に 最近すっかりお馴染みのラム・シューおっちゃんも
ギラギラ系の演技で見応えあり 
冒頭 サム・リーまで出ていて 無鉄砲だけど渋みも出ていた 

ここ数年の香港映画には 大陸 中国との絡みがものすごく増えてきた
この映画もご他聞にもれず 大陸出身者の置かれた立場 
香港人の立場 いろんな側面も映画内で見ることができる 
ある意味 香港映画もとってもディープでグローバルな
映画世界になっているような気がする

今日の映画 80点

イー・トンシン監督作はやっぱりこの2本! 
新不了情 つきせぬ想い ボロ泣き
色情男女 ビバ!映画!
[PR]
by acine | 2005-10-11 21:29 | Hong Kong  香港映画 | Comments(8)
2005/02/03
d0025646_1125724.jpg

黎明 レオン・ライ(今もそんな呼び名があるのか?
香港四大天王の中で 昔から一番好きなのは彼!)&
美しい張柏芝 セシリア・チャン 主演のラブストーリー
お洒落そうなラブ・ストーリーのはずで見始めると・・・
あれっ?これってコメディだったっけ? 何だったっけこの映画?!的なノリ
香港映画お得意の コテコテすぎるおバカ系ラブストーリーでした!
どう見たって男だろう!な かくし芸大会みたいな女装や
シンチー映画でおなじみのン・マンタおじさんも セシリアの父親役で大活躍!
英語と中国語を交互にしゃべるネパールのお坊さんはかなりツボ!笑える!
久しぶりに 陳豪 チャン・ホウ、 葛民輝 エリック・コッ、
楊恭如 クリスティ・ヨン まで出てて 懐かしかったな・・・
相変わらず あちこちの映画で誰や彼やの顔がバッティングするのが 香港映画の妙!
内容は映画というより 単なる単発ドラマでいいような気もする・・・?!
実は香港映画って そんなトホホなB級、C級映画もかなり一杯
この映画も愛すべきB級ノリ

マギー・チャンと名コンビだった 名作 ”甜蜜蜜 ラブソング”を
香港の映画館で見て すっかりハマった りよん 黎明 だけど
あれからもう何年もたってるのに さほど年を感じさせないのはさすが~!
本当に中華系俳優は若々しく お肌も綺麗 
相変わらず 和菓子のような はんなりとした味わいです
でも 今回はかなりコテコテな部分も 一杯演じてたかもしれない
綺麗なのにガラッパチな声のセシリアは 今回もとても可愛くけなげ・・・!
一まわりくらい年が違うはずのりよんとも 全然違和感なし

コテコテの香港ラブ・コメディが見たい方はどうぞ!
ジャケット写真まんまではないので ご注意を・・・(笑)
[PR]
by acine | 2005-09-21 21:01 | Hong Kong  香港映画 | Comments(0)