Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:謝霆鋒 ( 4 ) タグの人気記事

e0079992_20413993.jpg

3月に sabunoriさん から頂いていた レアなこの映画のDVD 
やっと見ることができました sabunoriさん~ 多謝!!!

ダンテ・ラム監督作
出演:ニコラス・ツェー ニック・チョン チャン・ジンチュー
詳しく ↓ ご覧ください



名前は聞くけど この監督の映画って見たこと
あったっけ?と思っていたら ありましたー!
愛すべきおバカ映画の 恋するブラジャ~大作戦(仮)

でも この映画は全く路線が違っていて 
マジメな まさに香港王道クライムサスペンスという感じ

香港アカデミー賞でも 監督賞 最優秀主演男優賞
助演男優賞 と 3部門受賞した映画だそう 
クレジット順からいくと ニコが主演 ニックが助演と
いう扱いなのかな? 個人的感想は反対なんだけど・・・

※ニックが主演男優賞 ニコラスが助演男優賞 が正しいです※

e0079992_2112858.jpg


まずは久しぶりの ニコラス・ツェー
久々に見て 若い青臭さが抜けて 落ち着いた感じで
CMの張震みたいに いい感じで どことなく中年の香りが
漂ってきたな~という感じ もちろん十分にまだ若いんだけど
精悍さがぐっと出てきたという感じ

正直言うと この年代の香港の俳優
(ダニエル・ウーとかショーン・ユーとか 今はいないエヂとかね)
が振られたら きっと 皆きっちりと演じることが
出来るだろう・・・という感じの いかにも香港映画的
熱血若手刑事の役柄を ニコは確実に演じていた
個人的には 彼ならこの位出来るだろう的演技だったかな

ニコと一緒に行動してたヒゲの新さん 
彼がとてもいい味を出していたと思うんだけど
彼は何て人なんだろう?

e0079992_2123570.jpg


で 今回の主役は この人に間違いなし!のニック・チョン

いやー ホントに今回は怖かった! 
関根勤みたいな顔して すんごい怖い!
逃げても逃げても まるでターミネーターのように追ってきて 
しつこく 鋭く 残虐 しかも今回子供が絡んでるもんだから
余計ヒヤヒヤするというか・・・! こういう犯人役とか 
性格俳優的キャスティングすると すごく映えるタイプの人だなぁ

そして ん~ どうも不満が残る 香港映画の女

今回は チャン・ジンチュー(中国) ビビアン・スーをすっきり
させたような 清楚系の綺麗な人なんだけど やっぱり
こ綺麗すぎる・・・! 子供が誘拐されて いくら検事だから
といってメイクも服装も あんなにバッチリってありえん・・・と 
思うんですね 

あとニックの奥さん あんな状態なのに 1シーン
ありえない爪してたしね あの辺 女性スタッフが
ちゃんとチェックしてあげないと~と思うんですが

綺麗な人使うのはいいけど 切羽詰まった時は
綺麗崩しをちゃんとしない限りは リアリティ出ないと思うんですが・・・
今回みたいに母親役が必要だったら 香港映画の男のように
なりふりかまわずな女を描かない限り・・・ 
他がよくても そこで???となってしまいかねないと思うんです~

中途半端に女を使うんだったら 女なんか使わない方が
マシだと思ってる 香港映画好きな女性多いと
勝手に思ってますが どー思いますー?! 
同性だから 余計そういう女の中途半端な使い方
・描き方 気になってしまうんだけどなぁ・・・

って書いたけど 
彼女の演技自体はよかったと思うんですよ 描き方がね~

e0079992_21391010.jpg


今回 ポイントになるのが子役 ( ↑ 撮影風景)
これが すっごく可愛い女の子で ついつい危ないシーンでは
あぁ~! 早く逃げて~! とこっちまでが心配になる位

彼女を救いに行ったニコとニックのシーン スリリングです
子供がいるから どうしてもハンデがあるニコはどう戦うのか?!って
しかも 香港映画だから 別にアクション俳優でなくても
徹底的にアクション! 徹底的に俳優を戦わせるし!

ストーリーは こういう誘拐サスペンスの王道だけど
エンディングあたりで カメラが映し出す
青い空が 何ともほろ苦くて悲しい・・・

しょうがなしに こんな仕事を引き受けざるを
得なかったんだろうという 伏線もこんな風に
張ってあったのか・・・という感じ

とにかく ニック・チョンが怖かった 凄かった というのが大きな印象

そして やっぱり香港の街の磁気的魅力
王家衛っぽい グリーンが強め夜のシーン 赤いネオン
一種 魔界的で なんとも雰囲気がありました

今日の映画:78点

セシリア & 北角
[PR]
by acine | 2010-05-13 20:51 | Hong Kong  香港映画 | Comments(14)
e0079992_14125159.jpg

ウチの辺では 日本語吹替版しか公開されなくて
香港映画を日本語吹替で見てもしょうがない
香港映画は広東語でなきゃ・・・!と 待っていた1作
それにしても 何よ?! かちこみ!って(怒)!!!

だいたい・・・こんな映画 見る層は決まってる
香港映画好きじゃないと 見に行かないのに
日本語吹替にする意味なんかまるでない・・・と思うんだけど(怒)!

見た方々から こりゃたまらん!的感想は聞いていたので
期待しておりましたが・・・ 詳しくは:コチラ

確かに・・・こりゃたまらんー(笑)!
”キル・ビル”的オリエンタリズム溢れるレストランでの乱闘シーン
ニコのすんごい登場の仕方&凄いキックの嵐からして 思わず高笑い!

香港の国民的コミックが原作らしく まるで漫画か劇画の世界
正直 背景やらストーリーやら どういう派閥があってなんて きれいさっぱり
わかりませんが この映画の場合 そんなこと まったく気にしなくてよし!

アクションのプロ・ドニーと 若手二人の恐ろしくスピーディな
アクションを単に楽しめばよい・・・だけなのです
そして 何故かいつもタイミングよく現場へ現れる
演技派のドン・ジェちゃん 彼女がせっかく出てても
やっぱり女は中途半端な扱いの香港映画の王道

映像もなかなか斬新で モダンな雰囲気というのも面白い
グリーンがかったトーンは 何となく王家衛風でもあり
なかなかコジャレ感のある映像で いい感じ

でも どこかチープ感も漂う 香港映画くささ十分で 
香港映画好きにはたまらん味わい&○ホらしさではないでしょうか?
特訓シーンも 漢字が後ろを飛びまくってたり 
鐘の中で本気でヌンチャクやってたり おもしろすぎ!

それにしても 最近はどこでもかしこでも 香港系アクションや
ワイヤーやってるけど やっぱり本家は全然違う! DNAが違うって感じ
そのスピーディさ 手数の多さ アイディアの多彩さ
ポーズ一つとっても 決まりまくる! こんなの見てたら  
ドンくさい白人の香港アクションもどきなんか見ちゃおれん・・・ですよ

e0079992_14334940.jpg


ニコのキックが凄い!と聞いてたけど 
ニコラス・ツェーが 想像以上に凄かった!もうキレまくっておりましたよ
冒頭のこのシーンといい あのグラウンドでのスピード感溢れる登場ぶりといい
ラストの謎の地下宮殿(?)での戦いといい その身体能力の高さ&凄さに唖然!
面白すぎでした そして壮絶! アクションスターとしても
彼は十二分にやっていけるんじゃないでしょうか?

そしてドニー・イェンは そりゃもう彼はアクションのプロですから
まぁ・・・そりゃ凄い! ナントカ十八拳とか パンチひとつ 
キック一つとっても 手数、足数多すぎで 何たる速さ!

あとプロといえば ビーサン&カマで戦ってた師匠
カンフーハッスルの長屋のおじさんよね?

そして 今イチ期待はずれだった 何故か金髪のショーンくん
時々 松本人志の付け鼻つけた外人や ダルビッシュ有にも見えた・・・(笑)
ルックスはいいんだけど ヌンチャク・・・素人目に見ても今イチだったよーな(笑)
ま あれだけ ヌンチャク使うのも大変だとは思うけど
キレまくっていたニコと比べると ちょっとあらら?感が否めず

皆 ヘンな髪型してるので 今イチ判別つきづらいのが 勿体ないけど
ストーリー抜きで 単にアクションと コテコテ香港映画道を楽しむには言うことなし

それにしても 香港若手は こういうバリバリアクションでもバッチリ
黒社会~恋愛ものまで 何でもOK 守備範囲広いと感心する
器用というより達者 よく鍛えられてるわ

あと どうでもいいけど この映画ほか香港映画によく出てくる
すんごい金ピカの仏像がいる あの凄い色彩のキョーレツなお寺って 
実在するものなんだろうか? あの手のくどいお寺に1度行ってみたい!

今日の映画:76点

ドニー・イェン:HERO ~英雄~ セブン・ソード 
ニコラス・ツェー:香港国際警察 PROMISE(無極)
ショーン・ユー:インファナル・アフェアⅡ インファナル・アフェアⅢ インファナル・アンフェア
          頭文字D THE MOVIE ベルベット・レイン
ドン・ジェ:2046 サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 
[PR]
by acine | 2007-08-15 14:34 | Hong Kong  香港映画 | Comments(11)
e0079992_19343672.jpg

この映画も如果・愛同様 今回見たかった映画
こんな感じで 台北の街中も如果・愛同様ポスターが一杯
シーンが電車の外部全体に描かれた
まるまる無極MRT(地下鉄)も2回ほど見ました 

最近ちょっと失速も目立つ 中国の巨匠たち
陳凱歌監督の映画も 名作 さらばわが愛 覇王別姫 以来
花の影 始皇帝暗殺 ???なキリング・ミー・ソフトリーなど
一通りは見てます
前作 北京ヴァイオリン も悪くはなかったけど
ラストがどうも煮え切らない出来で 個人的には今イチな印象
今回は期待できそう!ということで かなり期待して見ました

日本では2/11公開ということで・・・

簡単な感想&少しネタバレ
[PR]
by acine | 2006-01-05 19:27 | Asia アジア映画 | Comments(10)
2005/03/15
d0025646_11181036.jpgジャッキー・チェンは苦手だけど
良質な映画らしい・・・ダニエル・ウーが出ている・・・
香港映画つながりのブロガーさんの強力ご推薦もあり
これは見なくっちゃ~!になった映画

ジャッキーの映画を映画館で見るのは トニー・レオン、スー・チー、リッチー・レン
(&シンチーのカメオ爆笑!)共演のめでたい旧正月映画 ”ゴージャス”以来
これもトニー、シンチー、スー・チー目当てでしたが・・・


コテコテの香港アクション映画の伝統を生かしつつ
今風の感覚を取り入れたわかりやすい濃い映画
スピーディでキャスト総出で 体を張ったアクションは素晴らしい!
ビルのシーンなんて 発想はシンプルだけど
スタントなし(多分)でやってるのはスゴイもんがある

香港好きにはたまらない見覚えのある香港の街並み、摩天楼が満載
香港島のビルがますます増えたような気がするのは気のせい?
これを見ると あぁここはあそこだなぁ・・・と楽しくて
また香港へ行きたくなってしまうこと請け合い

”インファナル・アフェア”を彷彿とさせるシーンが何箇所があって 思わずほくそ笑む
Gunさんも書かれてたけど センセーショナルだったIA後の香港映画・・・
ジャッキー・チェンのアクション映画でさえ IAの遺伝子を確かに持っているのがよくわかる

ジャッキーに関しては そろそろ後輩に主役を譲ってもいいんじゃないのかな~?
アクションシーンは あの歳で素晴らしい!
しかし ドラマシーンにはどうも私は入り込めない・・・
情が絡むドラマ部分には 彼はあまり向いてない感じがする
トニー並にとは言わないけど どうも男の哀愁・憂いが足りないんだなぁ・・・
※ジャッキーファンの方 すみません~!

ヒロイン チャーリー・ヤンは 昔のおきゃんぶりがウソのように
しっとりとした大人の雰囲気を醸し出していた
しかしジャッキーは もう少し年齢の高い女優を相手役に選ぶべきでは?
何か 組み合わせに不自然さを感じるのは私だけ?   
主役だからと言って 年不相応な女優ばかり相手役にするのはどうかしら?
今回のチャーリーはまだいい方だけど ”ゴージャス”のスー・チーなんて親子みたいだし!
TWINSの片方はまだ浅い 修行要

まわりを取り囲む若手俳優は イキがよくて素晴らしい~!

個人的には前から好きな 呉彦祖 ダニエル・ウー が楽しみだったけど
狂気をはらんだイカれた役を 端整なルックス&スタイルで見事にこなしてた!
※彼の最新作 ”旺角黒夜” もすごく見たいんだけど~!
同じく悪役 久しぶりに見るテレンス・インも 不敵な面構えのイカれ系演技が○
紅一点のココ・チャンもとても美しくセクシー
個人的には ちょっと太めながらも アクションバッチリの
アンディ・オンの体を張ったアクションに釘付け!!!彼のアクション素晴らしい!
あとチャーリーの弟役やってた子も可愛かったけど 彼は誰?

そしてジャッキーとペアを組むニコ 謝霆峰 ニコラス・ツェー 彼も素晴らしくよい出来!
2枚目兼コメディリリーフ兼アクションもバッチリ 素晴らしい!
彦祖はアクションもイケるけど ニコもこんなに出来るとは驚き!
彼を見るとついニコ・パパを思い出して ちょっと笑えてくるのも事実(笑)
※ニコ・パパ=少林サッカーのキャラの濃い悪役

彦祖とニコを可愛がってるジャッキーはお目が高い!
とにかくキャスト全員 男だろうが女だろうが 体を張ったアクションは徹底的!
このアクション&体温が高そう&オーラのあるキャスト 
ジャッキー苦手でも元は取れるかな
香港の俳優さんたちは演技もOK 世界に誇るアクションもOK おバカ系もOKと
まさにオールマイティ! 素晴らしいですよ~!
勢いのいい下世話な響きの広東語も最高! Viva ! がうちょあー!
そして国際都市香港&英語の得意なキャスト一杯で
間に挟まれる英語の発音もとってもクール

ジャッキー苦手な人も 楽しめる映画かもしれない・・・

今日の映画 79点
[PR]
by acine | 2005-09-21 21:01 | Hong Kong  香港映画 | Comments(0)