Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:音楽もいい映画 ( 62 ) タグの人気記事

e0079992_2075917.jpg

ずっと見たいな~と思ってましたが 公開されずじまいで・・・
最近 WOWOWでオンエアされ やっと見ることができました

かつて 少年Aと呼ばれていた青年が服役を終え 
ジャックという新しい名前で社会へ戻ってきた

彼はどのように更正し 新しい生活を送るのか?
そして 社会へ溶け込むことができるのか?
自分の過去と今をどう捉えて生きていくのか? という物語
詳しく:cinematopics

とてもシンプルでシリアスで 人生は甘くないという現実を
思い知らされる内容だけど 根底に流れているのは人間味
このあたりが とてもイギリス映画らしく 
地に足のついた感じが とても好感が持てる

だけど そんな人間の持つ 犯罪を犯した者への冷たい目
そして 誰もが巻き込まれかねない犯罪への悪循環も
しっかりと描いている

e0079992_20393778.jpg


徐々に明かされる彼の過去と 
順風満帆にスタートしたように見える彼の新しい生活が
交互に描かれ 徐々に彼の今と過去が
明らかにされてくるというストーリー

主人公ジャックの その時々での心の揺れと苦悩
新しい自分になろうとすればするほど フラッシュバックのように
思い出してくる自分の過去 そして 愛する人が出来れば 
本当は彼女に全てを打ち明けたいと苦悩する心

そんな難役を繊細に悩ましく かつ温かく生き生きと演じた
アンドリュー・ガーフィールド とても良かった!
服役して出てきた経験なんて 全くないだろうに
彼の演じた人間は まさにかつて少年Aと呼ばれた人間にしか見えなかった
なので 第三者として見てる側としては 
いくら過去に犯罪を犯していたとしても どちらかというと
彼の側に立って 物語を見てしまうのだ

過去があるとはいえ 法的にも許されて社会へ戻ってきたものの
自分の過去を知られてはいけない 素性を明かしてはいけない
自分の姿を写真に撮られたくない 常に見えない何かに怯えて
常に不安を抱えて暮さないといけないのはとても辛い

そして 社会と隔離されてたので 
皆がやってることや知ってることを知らない彼
彼が???という顔をしたり おずおずとそれは何?と質問する度に
見てる側は 彼の素性がバレるんじゃないか?とドキドキする

e0079992_2042158.jpg


そして そんな元少年Aを まるで父親のように温かく見守る
ケースワーカーのテリー役の俳優もとてもよかった!
少年Aとは お互い信頼関係で結ばれているのに
実の息子とはなかなかいい関係が作れない・・・というのが
とても皮肉で 最終的にあんなことになろうとは・・・という感じで

そして どこか不器用だけど 繊細にストレートに感情をぶつけて
くる彼を愛おしく思う 姐御肌のGFの母親のような愛情もいい
(実際 ちょっと年上すぎない?と思ったけど・・・)

同じように過去に犯罪を犯した青年が出所して 
更正生活を送るという映画を作っても 
ハリウッドでは単なるお涙頂戴 これでもかな
大感動物語に化けてしまうんだけろうけど・・・

その辺は 地にしっかりと足の着いたイギリス映画 
お涙頂戴でもなく 大感動でもなく シンプルに事実を
ありのままに描くだけ 穏やかで鋭利 そして人間臭い
決して後味はよくないけど 見て損はない

今日の映画:78点

余談
[PR]
by acine | 2009-12-10 20:37 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(2)
e0079992_1744910.jpg

監督のニック・カサヴェテスはジーナ・ローランズの息子
今年は娘のゾエ・カサヴェテスの作品
ブロークン・イングリッシュも見たっけ・・・

天才子役 アビゲイル・ブレスリンを使って
いかにもハリウッド的なお涙頂戴劇かな~?
それとも 意外といいかも・・・?! と半信半疑で見てみました
詳しく:Cinema Cafe.net

映像もセンスいいオープニング部分から これはいけそう・・・という予感
そして 家族各々の視点から始まるのもいい

*以下 少しネタバレあり (でないとこの映画の感想は書けないので)

しかーし! 
見ていくうちに 早々とやってくるこのシーン

姉への腎臓提供を拒否したい妹のアナ(アビゲイル)は
でっぷり肥ってまるで着ぐるみみたいなアレック・ボールドウィン
(一体彼はどーしたんでしょ~?)演じる敏腕弁護士に 
両親を訴えたいと依頼をすることになる

そして 当のすっかり弱っている姉ケイトのいる部屋で
弁護士に依頼したことについて ”どうしてなの?!”と 
生まれた時から 有無を言わさず 姉にいろいろと
自分の体から提供をさせられてる もう一人の娘アナに
詰め寄る母親(キャメロン・ディアス) 
そして ”私は嫌!” と拒否するアナ

こんな子供が両親を訴えること自体にも驚きだし
それをあてにして子供を作ってしまうこともビックリ
(気持ちはわからなくもないけど・・・) 
だけど 当の本人がいる前で そんなことを話するなんて
なんてデリカシーのない家族なんだ?!と かなりげんなり

いくら家族だからと言って 言っていいことと悪いこと
陰で言わないといけないこともあるんじゃない?!と
日本人的感覚では これはついていけないわ~と思った

そして 長女を何が何でも救いたい母の気持ちもよくわかる
そして そういう提供を目的で作られた子供のアナの気持ちも
よくわかる・・・ だけど 死に直面してる姉を
目の前にして そんな親子で争ってる場合か・・・?!

正直 私がアナの立場なら 迷わず姉に腎臓を一つ
あげるのに・・・!と イライラしながら見てました
だけど 生まれながらに そんな立場に置かれた彼女も
確かに物凄くとても不憫だよな~・・・ 
でも どうも納得いかないままで見てました

確かに家族が病気になると 埋没してた家族の問題も
勃発してくるのはよくあることだし 揉めるし
それが原因でますます疎遠になることもある・・・

だけど いくら 訴えられた親 訴えた娘でも 
そんなことより もっと大事なこと 姉について 
何が出来るか 何をしてあげるべきか 考えるべきでは? 
そのことに関して行動を起こすべきでは?・・・と

思いつめたような顔をしてる 姉妹に挟まれた長男
そして 中道に立ちつつ 事態を見守る父親
静かな男たちに 意思が強すぎる母と二女

見ていて 物凄く違和感があって 
これはダメかな・・・と思い始めた矢先

ケイトとBFのテイラーとのストーリー

e0079992_17301331.jpg


このシーンから ぐーっとスクリーンに集中
この二人のシーンは隅から隅まで本当に良かった! 

今回の映画で 一番素晴らしかったのは 
この長女ケイト役のソフィア・ヴァジリーヴァ!
彼女の演技は とてもリアルで切実でキラキラとしていて
生きている喜びも哀しみも見事に表現していた
本当に病人にしか見えない演技も見事だったし

この映画の主役はキャメロンでもアビゲイル
でもなくて 彼女が主役だと思う

どこかで見たことある子だな~ うーん 誰だったっけ?
と 考えながら見てたけど どうしても思い出せない! 
あとで ”アリソン・デュボア” (WOWOWでやってる
アメリカのドラマ)の パトリシア・アークエットの
長女役の子だったとわかり スッキリしました!

そして 同じ病に苦しみながら 仲良くなる二人のシーンが
なんとも繊細で どのシーンも秀逸で 涙ボロボロでした
このテイラー役のトーマス・デッカーも凄く良かったな~
どーんと構えてて 繊細で儚くて

その後 大どんでん返しがあるわけ・・・ですが

何故 長男があんな浮かない顔をしていたのか
何故 アナがあんな両親を訴えるという行動に出たのかが
明かされるわけですが そうだったのか~!という感じでした

そーなのです 
周りは心配して 出来ることがしてあげたくても
病気で苦しむ本人が一番 自分の体の具合はよくわかる・・・

e0079992_17473621.jpg


妙に気になってた 姉と妹に挟まれた長男
彼は彼で精一杯 姉と妹を想っていたんだなぁ・・・と
この長男役の子も繊細でとてもよかった

アビゲイルは リトル・ミス・サンシャインはよかったけど
最近は安全パイ状態? 幸せのレシピ 幸せの1ページ
でも 今回は良かったかな~ 終わってみるとかなり控えめな役
けっこう独特の顔つきしてるけど 額から目や鼻のラインの彫が深くて
上手く少し細めにすっきりと成長すれば すごいべっぴんさんになるかも?

そして 母親役のキャメロン 役どころとして彼女が一生懸命に
なればなるほど 一人浮いてしまう可哀想な母親
ほとんどすっぴんで演じてたキャメロン 
すっぴん故けっこう怖い顔してまして 演じるのは勇気いりそう・・・
その分リアリティがあって悪くなかった 母親役もハマってたし
だけど 娘を想うばかり 母親の愛情が強すぎて あまりにも
現況を判断できず 盲目になりすぎる痛い役どころでありました

そんな妻キャメロンと正反対に 静かに温かく状況を見守る父親
ジェイソン・パトリックは 娘ケイトに”大好きよ パパ”と言われるのも
納得の素敵な父親を演じてました

家族とは きょうだいとは 病気とは を考えさされるこの映画
気持ちよく 泣かされました 

奇しくも この映画を見た日は 母の命日だったので
余計 泣かされてしまったかも・・・しれません

中盤までは 違和感があって馴染めなかったけど
その後は ぐっと引き込まれました 後味もいい

しかし 最後のモンタナのシーンは 
LLBeanのカタログ写真みたいだったな~(笑)

あと あのアルバムは凄いプロの技でした

今日の映画:80点
[PR]
by acine | 2009-10-21 17:47 | Estados Unidos 米映画 | Comments(6)
e0079992_1554817.jpg

シャーリー・マクレーンのシャネル映画に続いて
公開されたこの映画  (あと もう1本あるらしい?!)

私 オドレイ・トトゥは どうも苦手でして
シャーリーの方が どっしりと貫禄ありそうだな・・・と
思ったものの 台詞は英語と聞き やっぱり言葉は大事よね
シャネル=フランス やっぱりフランス映画よね・・・
と思いなおし こちらを観賞 

丁度 ヨーロッパ的な映画が見たいな~
美しいものが見たいな~と 思っていたのもあって・・・
詳しく:eiga.com

まだ若いオドレイ・トトゥが主演ということで
この映画は 孤児院での少女時代ほんの少し
そして 下積み&愛人時代のココ・シャネルが中心となる

冒頭の雰囲気ある孤児院のシーン 
少女時代のココの黒い毛糸で編んだ制服(これが凄く可愛い!)
そして成長し 姉役(本当の姉?孤児院での?)のマリー・ジランと
オドレイがフランス語で喋り 場末の酒場でココの歌を歌うだけで
見てる側も一気におフランスへ連れていかれたような気分になり
掴みはOK! 1時間位は夢中になって見てしまう

こまっしゃくれた感じのオドレイの容姿 発する台詞だけでも
やっぱりおフランスだな~(って抽象的だけど)という匂いがプンプン
若くったって妙に考え方も大人で 独特の世界観を持つ
オドレイ演じるココなんである この辺もおフランスくささ満点

ありがちだけど パトロンを見つけ 
その邸宅へ身を寄せ 英国人の男と知りあう・・・

e0079992_16123735.jpg


方や 美しい邸宅を持ち 親子ほど歳の違う
    悪い人ではないけど いわゆる金づる系のオヤジ
方や 自分と年の近い魅力的な英国人男 
    しかし 大金持ちの英国娘と結婚間近

結局 ココは一緒にいても 自分を恥じない英国男を
選ぶけど 男は別の女と結婚する それも納得済みで
ココは 誰とも結婚しないと宣言し 一生独身を貫く

この映画 そういうココの下積み時代を中心に描いたもの

終始 ほとんどこ難しい顔したオドレイ演じるココの顔が
輝くのは 英国男と一緒にいる時だけ その瞬間だけは
輝いていて 凄く幸せそうで 可愛くて 物凄く印象に残った
仕事と結婚したようなココにも そういう時間があったということも

正直 シャネルの一生に関しては よく知らないのだけど
若かりし日の悩み多き時代を過ごし 
そしてパリに出て 成功者となる・・・

女は慎ましく・・・
女性が表舞台には まだ出てなかった時代 
世に出ていくために 強い美学と信念を持ち 
そして そんなココを支える男がいた・・・
ある意味 とても現代的な女だったココ

有名になり 英国男と 不倫関係を続ける中 
ふと ”有名人を妻にすることが出来たのに 
炭鉱持ちの英国娘を選んだのね” と言う

終わってみると あっという間で
まるで小説を映像化して 垣間見てるような 
走馬灯のような映画だった

サラーっと流れていった中にも 
フランス映画らしい濃密な空気が漂ってたので 
見ごたえはあったけど いまひとつ 
人間くささはなかったかな?

きっとシャーリー版の方が そういう人間くささや重みはあるかも?
チャンスがあれば そっちも見てみようと思う

英国男を演じた アレッサンドロ・ニボラは ゴール1 2でも
いかがわしい系サッカー選手(笑)を演じてたけど 
この映画では フランス語喋って ヨーロピアンな雰囲気
(でもアメリカ人) だけど英国というよりやっぱり顔からしてイタリア男
この人 エミリー・モーティマーの旦那さんらしい

それにしても 彼女の若かった時代は 
あんな風にゴテゴテ・フリフリが よしとされてた時代なんだな~

e0079992_16505612.jpg


なので オドレイが身に纏う シンプルなチェックのワンピース 
メンズもの 皆白でも自分は黒色 ボーダーのシャツ パジャマ姿
そんなシンプルな恰好が オドレイの細い身体によく似合っていた

シャネルが全面的に協力というこの映画
ファッションショーは あれだけ?!という感じだったものの・・・

シャネル=優雅だけどゴテゴテしてるというイメージが
あったけど 意外にも 無駄な装飾をそぎ落として 
彼女独特の美学&美的センスで 必要な装飾だけプラス
というコンセプトだったんだなぁ・・・と気づきました

今日の映画:77点
[PR]
by acine | 2009-09-23 16:22 | Francia フランス映画 | Comments(16)
e0079992_21341869.jpg

ジョナサン・デミ監督作を見たのは 
”羊たちの沈黙”を見て以来かもしれない・・・

これまたアン・ハサウエイがアカデミー賞にノミネートされた作品
ひとつ前の”愛をよむひと”が とてもヨーロッパ的だとしたら
この映画はとてもアメリカ的な映画だと思う

姉レイチェルの結婚式の為 
施設から戻ってきた妹キムとその家族
そして 結婚式へ集まった人たちの数日間を
淡々とかつ濃く丁寧にかつパワフルに描いたこの映画

結婚式ドラマであり 家族ドラマであり
ドキュメンタリー調でもあり なかなか見どころたっぷりでした
詳しく:シネマトゥデイ

冒頭の会話から どうもキムは何か事件を起こしたらしい・・・と
いうのがプンプンと香る・・・ そしてそんな妹を迎えた家族
時に温かく 時にぶつかり合い こんな濃密な結婚式前の時間を
過ごしていたら 肝心の当日にはすっかり疲れてしまいそうだ
と思う パワー不足な日本人(私)

そして こんな風に自宅で あれやこれや準備して
結婚式をするんだ~ 結婚式前からすでに披露宴的な
ものもしたり 皆トークが冴え エンターティナーばりに
スピーチやら歌やら・・・ 感心するばかり
出席者もこんな前から集まって そんなに休めるもんなの?
なんてこれまた日本的感覚で まったく別世界の出来事のように 
アメリカンウェディングの準備を眺めつつ・・・

e0079992_22182214.jpg


今回は汚れ役に近いキム役を演じるアン・ハサウェイ
黒髪のショートボブがよく似合い 黒っぽいメイク
黒っぽいマニッシュな服装 全体的にシンプルだけど 
こういうスタイリングの方が 彼女の良さがぐっと出ると思う

普段は奇麗だと思うけど 小顔に大きなパーツで 
鳩が豆鉄砲くらったような顔をしていて 
正直好みではないルックスだったりして・・・
だけど 今回のシンプルな黒ずくめスタイルは良かった
(単に私が黒ずくめが好きだから・・・かもしれないけど・笑)

演技も そんなシンプルなスタイルに合わせ
すっきりと無駄をそぎ落としたような かつ力が
こもった演技で なかなか良かったと思う

決して彼女ばかりが悪いわけではないのに
なぜか巻き込まれてしまった運命・・・
自分をわかって欲しいばかりに あれこれと喋りまくり
誰やかれやにぶつかり 家族の前では素直になったり
素直になれなかったり 難しい状態のキム

e0079992_2219463.jpg


そんな妹に優しく接したり 突き放したり
そんな気持ちもわからないではない姉のレイチェル
この姉役のローズマリー・デウィットも アンと対照的で
全体的に柔らかくかつ長女らしい目線もよい感じ
キム役は目立つけど ともすれば地味になりがちな
このレイチェル役を手堅く自然に演じていてとてもよかった

そして そんな二人を見守る 父親と再婚相手
この父親が 娘二人の父親らしい雰囲気がプンプンで
とてもよい感じだった・・・ 娘に甘くて 優しく接しすぎ位で 
もう少し彼が厳しく接していれば キムだってそんな方向に
行かなかったかもなのになぁ・・・と思う位 
娘を持つこんな父親はけっこういそうでリアル

歳をとっても華のあるいい女だった 
父と離婚した実の母がデブラ・ウィンガー
これまた 母親らしい包容力と 女親ならではの
娘に対する鋭い厳しさが これまたリアルだった

そして そんな実の家族をそばで支える 
よく出来た妻であり 継母である 父の再婚相手

彼女の描き方だけが 私は気になった
余りにも彼女が引きすぎで よい人すぎて・・・
実の親子を立てて あそこまで引っこんでる彼女が気の毒で・・・ 
自分たちの娘や姉が結婚するのはよくわかる・・・
だけど 皆もう少し彼女に気を使えないものか・・・と

あと 意外にもレイチェルの結婚相手は黒人男性だったのだけど
典型的中流以上(に見える)の白人一家にとって 
それはあんなに普通のことなのか?
軋轢はあんなに何もなさそうなものなんだろうか? 
あそこは綺麗に描きすぎかもね・・・とついいらぬ心配をしてしまった位

そして 周りの人々 介添え人、友人たち、新郎の家族など
各々の人々も 主要キャストに埋もれず ちゃんと印象を残している

しかし 話は元に戻り
多かれ少なかれ 問題のない家族なんてないし
ああいう大きな出来事 冠婚葬祭の時に それまで我慢していた
ことや 隠していた感情や言葉が爆発することは 
往々にしてあるので このあたり 舞台は違えど
誰でも共感できる部分はあるはずだと思う

今回はそれにドラッグや不幸な事件まで絡んでるのが
余計 ぶつかり合いが激しくなるわけで・・・

e0079992_2220939.jpg


この映画 結婚式前後の数日の人間ドラマだけど
何気なく流れる音楽が 結婚式のために集まった
ミュージシャンたちの練習の音だったり・・・
集まった招待客がとても音楽に達者だったり・・・

結婚式での演奏も ジプシー風だったり インド風だったり 
ハウスだったり ジャズ風だったり ブラックだったり
さりげなく とてもワールド系で個性的で良かった

あと 衣装もとてもいい感じだった
キャストたちの普段着 そしてここでもブームだった
インド風の結婚式での インド風衣装
アンの黒づくめスタイル 列席した人たちの衣装やアクセサリー
レイチェルやアンたち お揃いで付けてたインド調の小さい象が
一杯ぶら下がったシャンデリア風ピアスとか凄く好みでした

あとで ラブソングができるまで と同じ衣装の人と知り納得!
あの映画での ドリュー・バリモアの恰好は
ことごとく可愛かったし ことごとく好みだったな~!と
 
見てる間は重いシーンもあるけれど
観終わったあと どこか清々しさも感じるのもよい
なかなかよい映画でした

今日の映画:80点

今日の映画:
[PR]
by acine | 2009-06-28 22:21 | Estados Unidos 米映画 | Comments(0)
e0079992_2173082.jpg

面白いらしい・・・と 気になってたこの映画
公開時も行き損ねてしまってました

今回も冒頭30分見逃したけど どうせ録画しても見ないし
(見れないし) いいや 今見てしまおう~で見ましたが・・・

30分見そびれても 全然関係なし 
十分ついていける内容でした(笑)

おバカ系映画として有名だけど 愛すべきおバカ映画と言おうか・・・
意外や意外や とっても丁寧な作りしてるし 
絶妙なテンポの良さやセンスもいい 私は好みでした
監督のエドガー・ライト・・・ 要チェック監督に入れよう~

詳しく:シネマトゥデイ

e0079992_2114768.jpg

田舎町に左遷されてきたらしい エリート警官エンジェル
あまりにも平和ボケしてるか・・・と思われた田舎町で
クールにマジメに 職務に励む日々・・・

そして とある事件が起こり まさかこれは事件だ!と
いきり立つエンジェルに まぁまぁこれは事故だよと
はぐらかす署員、住民一同 これはおかしい・・・と
見てる側も思い出してからの転調が あっと驚くほど凄い!

とにかく お口ポカン・・・な惨殺シーンとその扱い
無残すぎるし 笑おうにも笑えない凄いことになってます
町の人が・・・のシーンも そして反撃に出るエンジェル
そして反撃に出る町の人も・・・ とにかく激しすぎて 
何の映画を見てるのか わからなくなってしまう感じですが

e0079992_21183936.jpg


主人公を演じる いかにもイギリス的なルックス 
クールでスノッブっぽい喋りが光る サイモン・ペッグの
存在感がとても光るので 力技でも見てしまうわけです

ダニエル・クレイグをどうにかしたような顔だな~と思ってたけど
今思えば ダニエル+坂田利夫÷2が この人という感じ

だけど 喋りがとにかくカッコよくクールで 
トーク美人がいるなら この人は トーク男前 
顔には坂田利夫が入っていても 十分カバーできるんである

そしてグラサンかけりゃ パっと見ダニエルボンドみたいに
見えなくもないし(笑) おマヌケな恰好してても それなりにカッコいい
※ コメディアンだそうです この人

e0079992_2136317.jpg


まぁ 後半部分の炸裂ぶりは 激しいものがあって 凄すぎです
いかにも シニカルでブラックだけど どっかマジメで好感持てる
イギリスらしさ 初期のダニー・ボイルのようなセンスや
以前見た ウェイクアップ!ネッドなんかを
彷彿とさせるような 平和でブラックなコメディ・・・という感じ
※この”ウェイクアップ!ネッド” 私は大好きな映画!

主人公たちは地味なんだけど
ビル・ナイやジム・ブロードベントやティモシー・ダルトンとかも
出ていて なーんとケイト・ブランシェットまでがカメオで出てるらしい
(発見できなかったけど 見逃した30分部分かな?)

小作品だけど とてもリズム感のあるテンポいい映画でした

今日の映画:78点
[PR]
by acine | 2009-06-20 21:29 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(6)
e0079992_186433.jpg

辛気臭い映画かと思いきや 
なかなか面白い映画という評判なので
だいぶ前から見よう見ようと思いながら やっと今頃観賞

とはいえ 正直言って ニクソンとかウォーターゲートとか
固有名詞は知ってても 当時の詳しいことはほとんど知りません
詳しく:シネマトゥデイ

歴代大統領で 唯一任期中に職を追われた男 ニクソン
そして その男をインタビューするイギリスの司会者 フロスト

どういういきさつでインタビューが行われることになったのか?
そして どう当日を迎えるのか?
その番組自体は売れるのか? スポンサーは見つかるのか?
そして 4日間にわたるインタビューの現場と舞台裏は?
日毎にどんな攻防があったのか?
戦い終わったあとの二人・・・

という 舞台裏をかなり含んだ展開なんですが・・・

e0079992_18243099.jpg


確かに 口がたち いかにも政治家的なニクソン
そして 一人気司会者ながら 果敢にインタビューに挑むフロスト

演じるフランク・ランジェラ マイケル・シーンとも適役

フランクのはぐらかせ具合や顔つきは絶妙だし
演じてるのも忘れそうなくらい リアルだったし・・・
インタビューは忘れても 顔は・・・ 確かに!

そして この人女だったら (好き嫌いは別として)
かなりのべっぴんさんだろうなぁと思う どこか女顔のマイケル・シーン

クィーンでもブレア首相役が よい感じだったので 期待してたけど
劇中でもそういう感じの台詞があったような気がする
穏やかながらも どこか華のある彼の存在感が
フランク・ランジェラや この映画のアカデミー賞
ノミネートに貢献してると思う

しかーし! 
週末からずっと忙しかったので
肝心の電話のシーンや最後の告白?!のシーン
かなりうとうとしてしまい 大事なところをことごとく
見逃してしまったので え~?え~?いつの間に?
状態で 困った結果になりました

思ってた以上に いざインタビューが始まると
フロストが大人しくて 立場を追われたとはいえ
アメリカ大統領だったニククソンの圧倒的優位な
試合運びはなるほどなぁ・・・でしたが
その後の肝心なところ 寝てました あぁ(悲)!

しかし あぁいう一世一代のショーにかける心意気
戦いだ!と臨む二人を見て その結果が将来まで
左右するその本気度と やる気と公の場での態度
ここまで到達しないと 後に伝説となる人には
なれないんだな~と 凡人は思ったわけです

e0079992_18253618.jpg


それにしても サンタバーバラだったかな?
ニクソンの家は 海沿いのいかにもコロニアルな
スペイン風の凄く素敵な家だった・・・
花も咲き乱れていて それは美しく美しく
あのいかつい風貌と相反してたような気が・・・

汚職で大統領の座を追われても 
あんな生活が待っていようとは・・・

頂点に一度は登りつめた男ならではのこれもまた
アメリカンドリーム うらやましいような くやしいような・・・

またTVで放映されたら 見逃した所 見てみよう

今日の映画:75点
[PR]
by acine | 2009-06-03 18:25 | Estados Unidos 米映画 | Comments(6)
e0079992_225234.jpg

寒い頃に ホントは見る予定だったはずが
見損ねてしまっていたこの映画・・・

最近 こんな映画ばっかり見てるし 
もうレンタルでもいいか~ また俺様アンディだし 
でも ごひいきのアンディ・オンが出てるし・・・
やっぱり 某アカデミー絡みのアメリカ映画かな~
あれこれ悩んだ末 今頃見ました・・・この映画

香港のダニエル・リーによる この三国志映画
レッドクリフが大ヒットしたので 便乗商売のようで
どこか胡散臭さも漂ってる感じもしてたのですが・・・
cinemacafe.net

見てみましたら・・・

出だしの漢字のクレジットからして なかなかいい感じ~!
(昔 書道を長い間やってたので 美しい文字 
 特に崩しすぎない 漢字の行書に弱い私!)

見てるうちに・・・

あら~?! 意外といいじゃないの?! この三国志!

真面目で骨太 程よくエンタ 程よく泥臭く 
手を広げすぎず かと言ってチマチマもせず
ギュっと焦点が絞られていて とても好感が持てました

正直言うと 今年公開された中華系時代もの・・・
どれもけっこう突っ込み所満載なんだけど
個人的には この映画の作りは好印象

日本資本が入ってないだけ 変な商売気を感じない分
ストイックで実直なのがいいのかもれない

正直言うと 赤壁より 全体的にキャストの年齢が高いし
地味です・・・ 当然ながら男前度も全体的には低い 
特に驚いたのは え~?!もしかしてこれ孔明?
え~っ?! これが孔明?! ただのオッサンやん・・・
え?この地味なのが曹操?これが関羽?(あとで知ったが なんと
ティ・ロンだった!) あと 張飛はこっちの方がよかったな~
あと劉備の息子は こっちの赤ちゃんの方が可愛かったな
しかし 普通あれで生きてるなんて・・・!と こちらでも思う
(しかし なぜあんな息子に育ってしまったんだろうか?

赤壁を 先に見てしまってるので 
どうも頭の切り替えが上手くいかないものの
こういう地味に見えるキャストの方が逆にリアリティあるかもね

e0079992_2305184.jpg


そして ”俺様アンディ”アンディ・ラウが演じる 主人公の趙雲
個人的には 赤壁の胡軍の趙雲の方が好みですが
このアンディのスターオーラ漂う(笑)濃い濃い趙雲は
もう好み云々を超越していて 存在感たっぷりで 
これはこれで十分あり

どこかボヘミアンかインディアンのような若き趙雲は
(若者扱いには かなりビックリしたけど・笑!)
ちょっとかくし芸調で 脂の乗った絶盛期は 
まさに俺様アンディ全開! スターオーラバシバシです

一番良かったのは 老けてから・・・!

白髪が凄く良く似合っていて 渋いながらも 端正で
ますます存在感たっぷり 東洋人ながら欧米人俳優並みの
渋さやダンディズムを感じるくらい とても魅力的でした
こんな風に年取ったアンディだったら許せるかも

これも架空の人物 趙雲の兄貴分として 
折々登場したサモ・ハンも人間的で とてもよい味を出してました 
こっちの義兄弟ぶりはちょっと泣けました・・・

e0079992_23225366.jpg


そして 曹操の孫娘という架空のキャラクターで登場のマギーQ
一体いつの間に曹操の家系に異人の血が入ったのか
疑問ですが(笑) 普通ならありえない設定なのに
あの風貌を生かし なぜか彼女が戦場に現れ 言葉を発し 
ボロロン・・・と琵琶?と弾いたりするだけで (戦争中に生演奏よ!)
映画はパっとファンタジーの世界へ転換してしまうのが 
マジックのようで とても効果的だった 
なので 異人さんの血が入って良かったのよね(笑)
e0079992_23264568.jpg


そして 待ってました!の アンディ・オン!
登場シーンで え?何でこんな現代もんそのまんまのヴァネス・ウー
(しかもあの関羽の息子役!)より 地味そうな役なのよ?!と
疑問に思ってましたが その後はめきめきと頭角をあらわし
老アンディを支える若武者だったので一安心!
しかし あの身体能力と迫力を生かしてのアクションも 
騎馬戦で終わったのがすごく残念!
馬から降りてぜひ戦って欲しかった~!
いつか趙雲役もぜひ演じてほしいものです

赤壁や投名状では ウルっとも来なかったけど
(いや 曹操のテント演説では来ましたわ)
この映画では 3度ほどウルっと来ました
アンディとサモ・ハン アンディとアンディとかね・・・

戦いのシーンも きりもみ状態ワイヤーもあったものの
とてもスピーディで重量感もあって こんなワイヤーならOK
HEROで トニーとマギーが死んだ岩山のある砂漠を中心に(多分) 
自然と戦う人間たちが程良く共存してて 荒涼としたロケーションも
よかったし 資金がありすぎていかにもCGという感じもなかったし
兵士の面々もやる気がありそうだったし 
その辺も泥臭くて なかなかリアルでよかったです

多分 これも突っ込みどころはいろいろあるんだろうけど
ドロくさい実直な作り 話を絞った所が なかなか良かったと思います
あと 仏像がちょくちょく出てくるのも ここ数年
エセ仏像マニアな私には ポイントも高かったりして(笑)

それにしても 三国志って 
こんな感じで どこを切るか どこをどう料理するかで
いくらでも枝分かれしそうで 番外編もいろいろ出来そうで
山のようにいろんな映画が出来そうな感じがするな~

別に期待してなかった分 思ってたより良かったです
赤壁見て(特に2) 何じゃこりゃー?!だった人には
アンディアレルギーがある人でも 
こっちの方が意外としっくり来るかもしれませんよ

エンタメ性もあり わびさび感をも感じるような渋さもあり 
ファンタジーでもあり 人間ドラマでもあり
手を広げすぎず 的を絞っていて
俺様アンディの存在感あり ほどよいバランスでした

今日の映画:79点

と言いながら この映画に比べると 
三国志に詳しくない私が見ても おちゃらけ度が過ぎてる
赤壁2も また見たくなってしまうから不思議(笑)
(ちなみに赤壁1は大好きですが・・・!)

やっぱり美しいタケちゃんの孔明がいいよな~とか 
2だったら やっぱり豊穀さん~!
豊穀さんの曹操がまた見たいわ~とかね
[PR]
by acine | 2009-05-16 23:44 | Asia アジア映画 | Comments(4)
e0079992_2352352.jpg

私が愛してやまない 香港映画 珠玉の1本!

“恋する惑星”を見て おぉ~!と目からウロコ!
1ヶ月もしないうちに見たこの映画 (&同じくUFOの月夜の願い)で 
完璧 香港映画へ落ちました
参考: 06.11月 指定型バトン 香港映画

レスリーがあんなことになってしまってからは
なかなか見る気になれなかったんだけど
ここ1ヶ月ほど レスリーのアルバムを聞いてまして
ピーターさんの”ウォーロード”も公開されるし・・・で
久しぶりに見てみました 詳しく:goo映画

もう15年前の映画になるのか~・・・
レスリーもアニタもカリーナも小春もエリック・ツァンも若い!
当然ですが・・・それを見てた私だって若かったわ(笑)

出だしからして 軟硬天師の司会に 客席の四天王!
古きよき時代の香港映画 UFO映画たまらんな~・・・という世界

e0079992_0134640.jpg


もうあの頃の香港は 
このレスリーが今はもう存在しないのと同じように
もう存在しない感じがして 一抹の寂しさも感じました

しかし 何度見ても この少女マンガ的世界に笑え 
ホロリとさせられ 感じる幸福感

レスリーのいい意味で型の力を抜いた業界人
歌のシーンでは アニタでなくともドキドキするし!

そして 見事に少年に化けてるアニタ
彼女のリズムあるセリフまわしがいつ見ても気持ちいいし
そのけなげさにウルっとくる

e0079992_0161084.jpg


そして 今や(というか長すぎる春を経てやっと)トニー・レオン夫人となった
カリーナのほとんど素じゃないのか(笑)のきっぷのいい艶やかな女っぷり!

初めて見た時のなんとも言えない幸福感は未だに忘れられない・・・ 
言葉を重ねるだけ 陳腐になりそうで・・・

皆香港の人らしい 湿気を帯びた 美しい肌をしてるんだなぁ

ピークのカフェデコから 中環の街が望めるシーン あぁ~!あの辺!?
マンダリン・オリエンタルが写ってしまうんじゃないか~?!と
レスリーが写ってる画面の背景 2度もヒヤっとしてしまいました

グダグダ書くのは野暮
それほど いつ見ても 宝物のような映画です

このレスリーの歌のシーンもたまらなくよい!
私はコレですっかりレスリーにハマってしまったのです
この2曲は ええ加減広東語で歌えます!





今日の映画:82点

これも宝物
[PR]
by acine | 2009-05-09 00:17 | Hong Kong  香港映画 | Comments(6)
e0079992_22421315.jpg

今年のアカデミー賞 8部門受賞作

ダニー・ボイルとアカデミー賞・・・というのは 
未だピンと来ない部分もあるけれど・・・

もともと ダニー・ボイルの作風は大好きだし
さーて お手並み拝見! 詳しく:シネマトゥデイ

ちょっと力技的な部分もなきにしもあらずだけど
シンプルながら その構成の巧みさ
ダニー・ボイルのストーリー・テラーぶりに
観客もすっかり酔わされてしまう映画

e0079992_23191144.jpg


そのテンポの良さ 疾走感 一筋縄でいかないヒネり具合
現実とファンタジー(作り話)のさじ加減のよさ
程よい人間性と社会性 これまたすっかり酔いそうな
ダニー映画ならではの音楽のセンスの良さ!
そして テンポよく センスのいい映像の数々!
個人的には トタン屋根のシーンが凄く好きでした

主人公ジャマールの人生と クイズ番組のシンクロぶり
こ・こんなのありえない・・・と思いながらも その巧みで 
過酷すぎる内容 その演出のミキシングぶりも見事!

底辺で暮らしながらも キラキラしているインドの子供たちの眼
とにかく 日本人が見たら圧倒されそうな インドのものすごい混沌ぶり
人、人、人! とにかく人の多いインド!

柔な日本人が入り込んだら とても反応できそうにない位
強い生命力に圧倒され その苛酷さにやるせなさを感じたり・・・
特にあの歌を唄う少年のエピソード 
現実は映画以上にもっと過酷なんだろうと思う

e0079992_23191821.jpg


そんなアウェイといもいえるインドを舞台に
底辺の人間 運命 電車 お金 銃 〇物(笑)など 
ダニー映画でおなじみのアイテムが次々登場して
見事な アウェイでの立ち回りぶり!
子どもと電車・お金なんてあたりは 
前々作ミリオンズとも共通する感じ

いやいや ダテにアカデミー取ったわけじゃないわと思いました

主人公ジャマール 兄のサリーム そして運命の人ラティカ
世代別に3人の役者がそれぞれ3人を演じる
微妙に顔の系統は違うけれど 自然に皆好演! 

ほとんど出ずっぱりだった ジャマール役のデブ・パテル
信念を貫き通すまっすぐな瞳が◎

e0079992_23194534.jpg


そして ラティカという名前の響きがエキゾチックで可愛く
その通りの印象の フリーダ・ピントもとてもいい

悪い奴かいい奴かわかりかねるジャマール兄
彼の人生も過酷 昔のM・ジャクソンに似てましたね

何か腹に一物もってそうなインド版みのもんた
あのシーンでは やっぱりそうか・・・!という感じ

正直言うと スラム育ちの少年が 
あんな風に英語をきちっと身につけてるものなのか? 
クイズ番組だって 英語でやるものなのか・・・? 
インドの事情を知らないけど あの辺は 
インドの言葉だったら もっとよかったのになぁ・・・と思う
まぁダニーも英語圏の人だし アメリカ資本も入れば 
英語でやるしかなかったんだろうけれど・・・

それにしても ちょっとやりすぎな 爆笑サインもらいシーンや
タージ・マハールまで出てきたのは かなり可笑しくて
こんな風にシニカルで 妙な可笑しさがとてもダニーらしくて◎!

e0079992_23201764.jpg


そして 二人のロマンスを しっかり絡ませたのが
いかにも欧米人製作という感じがして インド人ばっかりで
この題材で作ったら どうなんだろう・・・?!と思ったりもして

エンディングも インド映画リスペクト
(バッタもんっぽかったけど・笑) という感じで 微笑ましかった!

あのシーンを見ていたら 
昔見たラジニカーントやシャー・ルク・カーンとか
もっとコテコテでとことんエンタな人海戦術インド映画が見たくなり
とことんインド音楽が聞きたくなってしまう エンディングでありました

どこか 欧米ナイズされてるところが残念だけど
この力技的ストーリーを 見せ切る才能は凄いなぁ・・・と感心!

英語でない言葉で演じられたチェ2作のような映画が
賞を取るようになれば アメリカ映画界も懐が広い・・・!と
思うようになるだろうなぁ・・・

とはいえ 後味もよいし 面白かったです!
力技的部分はあっても どこから見ても
ダニー・ボイルの強烈な個性・センスが充満してたし!

今日の映画:81点

デカプリオを使わされて失敗した”ザ・ビーチ”のあと
唯一 ダニー映画で見逃していた ”28日後”

たまたま付けたWOWOWで 後半半分だけ見たけど 
思ってたよりぐっと面白くて 見入ってしまいました
主演:キリアン・マーフィーだし またチャンスがあれば 
全部見たいな~と思ってます

あとリバイバルするらしい トレスポの予告編もやっていて
ユアンも若くて 見覚えのあるシーンばかり!
トレスポ他 ユアン時代のもまた見よう・・・っと!
[PR]
by acine | 2009-04-20 23:23 | Inglaterra イギリス映画 | Comments(16)
e0079992_22192640.jpg

ドイツとトルコを舞台にした 
ヒューマンドラマでありロードムーヴィ
詳しく:シネマ・トゥデイ

ドイツで暮らす トルコ移民の年金暮らしの父親と 大学教授の息子

トルコにいる大学生の娘へ ドイツで娼婦として働きながら
娘へ学費を送金する トルコ人の母親 
そんな娘は 実は反政府運動をしている

そんなトルコの大学生の娘と知り合う ドイツ人の母親と娘

e0079992_22422264.jpg


3組の親子が 知らず知らずのうちに行き交い 関わりを持ち 
その糸が最悪の方向へ向かったり 救いがあったり・・・ 

ドイツでのトルコ人 移民の立場
そんなトルコ人や移民へのドイツ人の視線
故郷へ帰るトルコ人・・・

人間ドラマであり ロード・ムーヴィー
なんとなく バベルや アモーレス・ペロス を思い出す感じ 

生きるというのは 本当に簡単ではない・・・
そして こんな風に2ヶ国を股にかけて 生活していると
これまた 衣食住すべて同じ国で過ごしている人間とは
視線も考え方も変わってくる・・・

だけど 何人であろうと 人間の生き方は同じ
悩みも問題もない人生なんてない・・・

そんな風に まったく自分と違う環境にある人たちとの違い 
そして 人間として変わらない共通性も感じながら 
映画を傍観し 入り込む・・・ そんな感じの映画・・・

各キャスト それぞれが印象的だった

e0079992_22424317.jpg


娼婦を囲ったがいいが どうしようもない老父
そんな父から当然ながら離れる 思慮深い息子

お互いを思うけれど 運命の歯車が狂ってしまう 母と娘
心は売らないという 強い視線は共通の二人

そして トルコ人の女友達を何としてでも救いたいドイツ娘
そんな娘についていけない保守的な母親

悲劇的な事件の中にも救いはある・・・

e0079992_2239410.jpg


詳しく説明はなかったけど あの母親は 
トルコ娘が 直接自分の娘の事件に 関わっていたと知ってたら
(それか知ってなのか?) いくら娘の希望だったからといって
あそこまで寛大になれただろうか・・・?

あと あそこまで 見事に3組の親子が 普通絡むだろうか?

その辺り よくも悪くも映画的な 強引なねじ伏せ方だったかもしれない

エンディング・・・ 浜辺に座る息子

父はどうなったんだろう? 帰ってきたんだろうか?
正直言うと あんな親父はもう帰って来なくてもいいんじゃない?と
思ったけど 曖昧なままで終わったのが 気になった

今日の映画:74点

それにしても イスタンブール 
やっぱり とても雰囲気のある街だなぁ・・・
長年 一度行ってみたい 私の憧れの街! 

見終わったあと 知ったけど 
クロッシング・ザ・ブリッジと同じ監督だったんだ!
[PR]
by acine | 2009-03-22 22:43 | Alemania ドイツ映画  | Comments(0)