Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ 美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:香港映画 ( 1 ) タグの人気記事

e0079992_21351450.jpg

これも無料開放デー録画分

この映画は いつだったか 
丁度 香港旅行してる時に 公開されていたけど
他にも見たい映画があったので 見れずじまい

その後 日本で劇場公開された時に見ました
その時以来 ものすごく久しぶりに観賞

スー・チーじゃなくて 同じ漢字のシュウ・ケイ監督作
ジョセフィン・シャオ レイ・チーホン アニタ・ユン 
デビッド・ウー ダニエル・チャン などこれまた懐かしい面々

冒頭のクレジットには助監督(だったと思う)で 
フルーツ・チャンの名もあって おぉ~そうだったんだと驚いた

これまた香港映画の王道で 決して派手さはなく
普通に生きる人たちの姿を描いたもの・・・
詳しく:MATV

そんな中 いかにも香港らしいところは 
ジョセフィンの仕事が広東オペラの男役だということ

広東オペラ・・・
香港映画見てると ちょくちょく出てきて
一度生を見てみたい 普通の服着てる街角のでも
いいからと思ってたけど 未だ一度も見れずじまいのまま 
今もあんな風に下町で演ってるのかな~?!

”女人四十”でも そのしっかりと芯が通った女性が
ピッタリだった いい意味で風格も貫禄もあるジョセフィン 
家族でオーストラリアへ移住するため (これも
当時の映画ならでは・・・) 仕事を引退する予定の彼女

弟子として 行動を共にするようになるのが アニタ・ユン
そんなところへ現れた アニタのBFであり
手放した実の息子であるダニエル・チャン
いかにもこの時代ならではのキャスティングで 
二人ともほんと若くて可愛いんだよなぁ

そして 同業者として ジョセフィンを見守る団員仲間に 
すっかり当時 額の両端がもげ上がっている レイ・チーホン 
額がそうでも 彼はやはり端正だ (確か彼はクォーター
ではなかったっけ?) そしていい人なんだわ

物語自体は そんな広東オペラと彼女の私生活を舞台に 
ジョセフィンの凛とした存在感 そして 虎度門
(舞台との境界)を通り 普通の女に戻る普段の彼女 
その辺りを淡々と描く映画なんだけども・・・

終盤

母とは名乗り出れないけれど 
あれこれ世話を焼き あれこれ買ってやり
息子を見つめる視線が美しくキラキラして 
息子に対する愛情をどうにも抑えきれない母ジョセフィン

そして 夜の舞台にいる 彼女と話をした後
レイ・チーホンが向ける 寂しげで慈愛に満ちた視線
これって チーホンが父親だったということ?!
と思わせるドキっとするシーンでした (多分そーよね?)

この辺りの 印象的なシーンだけでも 
久しぶりにまた見てよかったなぁ・・・と思えました

日本の大友良英さんによる音楽も
確かにしっかりと聞き覚えのある印象的なものだった

派手さは全くないものの
今は亡き旧き良き時代の香港小市民映画

今日の映画:78点

広東オペラ~京劇~曲
[PR]
by acine | 2010-08-25 21:53 | Hong Kong  香港映画