Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

CASINO ROYALE   007/ カジノ・ロワイヤル ’06 イギリス・チェコ・ドイツ・アメリカ

e0079992_7412473.jpg

はー! もう何も言えますまい!
ダニエル・クレイグ@ジェームズ・ボンド お見事でございました!
彼に関しては もう何も文句ありませんー!とひれ伏す

007 見るの初めてだったんだけど 
もしかすると R・ムーア時代に見たかもしれないけど 記憶が定かでない
ちなみに前任のP・ブロスナンはニヤけ系で好みではない

それにしても 007ってこーんな映画なのね・・・
普段 こういう資金たっぷり ドンパチ・アクション映画は
ほとんど見ないので なんだか新鮮でした

もっとクラシックな雰囲気?かと思ってたら
大音量のちょっとHR系のテーマソングに乗って
オープニングが 憎いぐらい モダンでかっこいい!
いやーセンスいいねぇ とちょっと いやかなり感心!
ホントにお洒落だわ めちゃくちゃセンスいいですコレ

ただ 日本語訳の歌詞の文字が大きすぎるのがマイナス
音はカッコいいのに 歌詞は まるで正義の味方 
仮面ライダーとか 何とかマン並だったような気が(笑)
訳に問題あるのか 原詩に問題あるのか?

その後 ダニエル・ボンド のっけからアクション 大全開!
超人的な犯人追いかけて ダニエルも走る・飛ぶ・撃つ!
血管ブチ切れそうなくらい 濃いアクションシーンが続く
いやーワイルドです

その後 世界を転々としながら
テロリスト 味方 美女が入り乱れて (2人だけだけど)
モンテネグロにある カジノ・ロワイヤルに舞台を移す
これ見てると 世界には恐ろしく景観の美しい場所
街が一杯あるんだなぁ・・・とほとほと感心する
そして 一般日本人には 全く縁のなさそうな
大変洗練された場所も一杯あることにも・・・

そして 007に要求されるのは
知力 体力 判断力 非情さ の他にも 
洗練度 女あしらい カードゲームetc・・・
まるでスーパーマンのごとく さまざまなジャンルの
高い能力が必要とされるということ 戦えるだけではダメ
男・人間としての洗練度・完成度も 物凄く要求されるのねー
こんな人間 ほんとにいたら・・・凄いけど!

そんな小説のような世界を これまたダニエルが体現してるから凄い!
彼の顔は角度によっては ゴツかったり 猿っぽかったりもするんだけど
時折ハッとするくらいカッコいい! (いや 私はどんな顔でもOKだけど)

そして 今回の物凄く鍛え上げた体・・・ ありゃ凄すぎ
生身でありながら まるでサイボーグみたいでビックリする
(ちょっと鍛えすぎかな レイヤー・ケーキ位の肉付き位がいい)
なのに 服着たら不思議とほっそり また何を着てもモデル並に似合う
レイヤーケーキでも思ったけど チョイ悪オヤジ雑誌のモデルにすぐなれそう
全く惚れ惚れする素晴らしいドレッサー振り!何着ても自分のものにしている

今までのボンドが どうだったのかわからないけど
生身のボンド 苦悩するボンド という部分・・・
元々演技派のダニエルには 全く朝飯前でしょー 
 (今回はきっとアクション&体作りに気を払った風)
いつもながら 落ち着き払って かつ人間味もあって 洗練された演技
渋くて クールで 洗練されてて カッコよすぎ 
そして あの台詞回しにあの声!無敵だ
こんな30代後半男・・・日本には絶対いないな

一緒に行った友人(やはりダニエル好き)ともども
いやーこれはもう1回は 絶対行くねー!決まり!

e0079992_22223243.jpgそして ボンドガールとの絡みってあんなもん?!っていう位
意外と控えめだったような気が・・・
エヴァ・グリーン メイクが薄いほうが可愛い 
特別べっぴんさんというタイプではないけど
ヨーロッパの女優らしい個性と香りが漂っていた

M役のジュディ・デンチもお見事!
貫禄充分ですごくカッコよかった
落ち着き払ってクールなイメージは
同じ持ち味とも言えるダニエルとも好相性

そして敵役のM・ミケルセン 
クールで変態チックで 血の涙(!)が 妙に似合ってました

それにしても 140分があっという間!
大作って ものすごく派手に豪勢に作ってるんだなぁ・・・と思った
普段こういう世界あんまり見ないもんで お腹一杯ながらも
もっとダニエルを見ていたい・・・と思う私
次作も楽しみ! というか2回目 いつ行こうー?!
2回目以降

今日の映画82点

ダニエル映画:レイヤー・ケーキ 1 レイヤー・ケーキ 2 レイヤー・ケーキ DVD
         Jの悲劇 シルヴィア ミュンヘン ロード・トゥ・パーディション
[PR]
by acine | 2006-12-04 00:32 | Inglaterra イギリス映画