Mi cinema log acine.exblog.jp

簡単に覚え書き 映画メモ ひっそりと書いてます   美しすぎだろ リリーちゃん


by acine
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:シャルロット・ゲンズブール ( 2 ) タグの人気記事

e0079992_1912352.jpg

アモーレス・ペロスのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥだし
ベニシオ出ているのに 公開当時は忙しくて行けてなかった映画

ここんとこの密かな紅塩ブームに乗っかって
やっと今頃見ることが出来ました

監督もガエルも衝撃の登場を果たし 個人的にも印象深い映画
アモーレス・ぺロスや 一昨年のバベルのように
3組の人間たちの狂い始める人生が どこかでクロスし
どこかで寄り添い どこかで離れていく・・・という物語

e0079992_19244519.jpg


個人的には 監督のホーム 全編メキシコ&スペイン語で
撮られた ”アモーレス”が一番 印象的だったけど 
舞台や言葉が変わろうと この監督の持ち味
描きたいものは一環しているなぁ・・・と

彼の映画にはスーパーマンもヒロインも出てこない
あくまでも只の人間 そんな人間の何気ない日常が
どこか歯車が狂い 思わぬ方向へ巻き込まれていき
徐々に神の審判を突きつけられる・・・

なんとなく カトリックの国の監督らしい
神と人間のつながり 神はどう人間に審判を突きつけるか・・・
というカラーは一環しているような気がする 

そして ラテンの人なので 淡々としていながらも
生と死 愛と憎しみ 人間もドラマも どこか陰影が濃く 
とことん人間くさく泥臭く その描き方は容赦なく 
そして同時に 救いようのない悲しみと慈悲深さも同居する独特なタッチ

今回の映画に関しては・・・ 詳しく:goo映画

かなり時系列をシャッフルしまくって 見せているので
最初はさっぱりストーリーがつかめなくて困惑
ナオミとシャルロットと一緒にいるのはショーン・ペンみたいだし 
でもシャルロットの旦那がショーンみたいだし・・・?!
紅塩は信心深そうなのに牢屋にもいる?
中盤まで かなり混乱していたのは事実

だんだんとウェイトのかかってくる二人
正直言うと 何故ショーン・ペンがそこまでして
ナオミ・ワッツに惚れたのか (心臓もらったせいなのか)
あの二人のくっつき具合が ちょっとこじつけだなぁ・・・と
思ったけど ”バベル”のとってつけた東京のシーンのように・・・

この業が蝶のように人間にまとわりつき 空気のように
そこに存在し こびりつくのはこの監督の持ち味

e0079992_19254978.jpg


キャストに関しては まずはベニシオ・デル・トロ目当てでしたが
前科があり 刑務所と行き来してるような無法者の役
ひょうひょうとしていながら どっしりと地に足をつけたような
彼独特の強烈で堂々とした風貌と 目ヂカラのある瞳
追い込まれて 人間くささ全開の演技もさすが・・・でした

この人の魅力は やっぱりあの顔と体格 泥臭いまでの人間くささを 
とても洗練された 落ち着いた演技で見せきること・・・
今回も上手い! 白髪まじりのロン毛がよく似合っていて
そんな姿もとても素敵で(笑) こんな男なら 奥さんのように
刑務所と行き来して あんなにやさぐれていても
逃げていかないのわかるなぁ・・・と つい紅塩に肩を持つ私

e0079992_19322939.jpg


そして これまた安定感抜群の演技派ショーン・ペン
高貴なのか情けないのかわからないような
若いんだか年なのかわからないような顔つきで
シャルロットを放って 段々とナオミに近づく・・・

ナオミ・ワッツは 個人的に元々ピンと来ない人なんだけど
今回もなんとなくその印象 演技も悪くないし
決して下手ではないんだけど この人の泣き方とか 
感情の爆発のさせ方が どうも私は苦手かも
彼女の雰囲気や演技がどうも好きではないみたい
裸体はとても美しかったけれど・・・ 

そして 出てたのを全然知らなかった シャルロット・ゲンズブール
ヒース・レジャーの妻を演じていた アイム・ノット・ゼア同様 
英語圏女優とは違う持ち味で 地に足をつけた演技がよかった 
この人 英語映画にもけっこう出てるのね
私はやはり ナオミよりシャルロットの方が断然好き
しかし紅塩妻のメリッサ・レオ同様 終盤は存在が消えてしまって残念

メリッサ・レオは今年のアカデミー賞の座席にいる姿が
凄く輝いていて素敵で 雰囲気のある人だな~と思ったけど 
この人何歳? 紅塩と組んでると かなりの姉さん女房に見えたんだけど・・・

というわけで ずっしりとした人間ドラマ
個人的には ナオミの役を誰か他の人がやってたら
もっとよかったかな・・・でした

今日の映画:77点

紅塩って不思議な顔してますよねぇ
若い頃はブラッド・ピットに負けず劣らずの美しさだったし
牧伸二となぜか似てる でもいい男だし 不思議だ~!?
そして あのガタイの良さ ガタイはいいに越したことはないと思う
[PR]
by acine | 2009-03-04 19:45 | Estados Unidos 米映画
e0079992_20997.jpg

ミシェル・ゴンドリー作 フランス出身の彼がパリを舞台に描く
ガエル・ガルシア・ベルナルとシャルロット・ゲンズブールが主役
ファンタジックかつ かなりヘンテコなラブストーリー

この二人が演じてなかったら ○ホらしくって見とられんわ的世界かも
この二人だから M・ゴンドリーの世界にハマったと思う

ガエルはハッキリ言ってストーカー でも憎めない
純粋で 困ったちゃんかつ不思議ちゃんなストーカー
対するシャルロットは これまたあんたもね~的不思議ちゃん
この不思議ちゃん二人(特にガエル)の 現実と夢とが入り混じり
ガエルの勤め先の人たちまで巻き込んで 
これは現実なのか 夢なのか こっちも段々混乱してくる・・・!

そしてこの映画 手作り万歳映画 手作りの手芸品から 
セロファンの水 ヘンテコマシーンから ダンボールの車まで
奇想天外なグッズ一杯 それを生かした映像てんこもり!
フェルトの船と森が凄く可愛かった

ガエルの "ウン・ドス・トレス・クアトロ!” 
(スペイン語で1,2,3,4!)の掛け声から始まるワクワクぶり
でも 何じゃこれ?!的世界が 次から次へと繰り広げられるので 
いくらガエルとシャルロットが可愛くても 不思議ちゃんでも
だんだん 一歩引いて 映像を見るようになるけれど・・・
あれ? 彼女も僕のことが好き?! の辺りから
ぐっと世界に引き込まれて こっちも仮想夢心地
こんなんあり~?なラスト周辺から これまた夢心地のエンディング曲
マジなのか 逆なのか ちょっと理解不可能な世界ではある(笑)

e0079992_20205083.jpg


かなりヘンテコな役だけども ガエルにはピッタリ!
とにかく全編 ガエルはちっこくて文句なしに可愛い! 
ガエル好きな人には全然OK!
ガエルじゃなかったら こんな男ありえない! 絶対アウト!なんだけど
パリが舞台ということで 英語:仏語:西語 6:3.5:0.5位の割合で
ガエルのスペイン語があんまり聞けないのは残念だったけど
アメリカが舞台の映画よりは ヨーロッパが舞台ということで
ガエルのコスモポリタンぶりが より生かされた感じ

そしてシャルロット けっして別嬪さんではないんだけど
彼女の持つ雰囲気はこれまたすごくいい 柔らかい英語
儚げで優しげで芯は強く・・・ これぞおフランス女優!という感じ
タバコをふかす姿が凄く素敵 何気ない格好も凄くキマる・・・

ガエルの滲み出るラテン気質同様 
シャルロットは おフランスのエスプリが肌に染み付いてる
感じで 凄く可愛かった とにかくなんとも可愛い二人だった 
この二人以外は考えれない・・・という配役

ガエルが好き シャルロットが好き M・ゴンドリーの世界が好き
パリが好き 手作りが好き 一風変わったラブストーリーが好き
という方には おすすめ 

今日の映画:78点 
[PR]
by acine | 2007-05-30 20:43 | Francia フランス映画